はじめに

データ品質サービスの導入

データ品質サービスの導入

標準の整合チェック機能を使用して、データ内のエラーを自動的に検出します。独自のビジネス要件を満たすように、これらのチェック機能を構成します。カスタム コードを記述する必要はありません。

データ品質サービスを導入する手順の詳細
品質フィードバックの管理

品質フィードバックの管理

使いやすいビジュアル レビュー ツールで、すぐに検証の確認を補足 欠落している、配置を誤っている、あるいは属性が不適切なフィーチャなど、自動的に検出できないエラーを識別できます。

視覚的フィードバックの管理方法の詳細
データ品質の報告

データ品質の報告

データの健全性を監視し、エラーの傾向を品質ダッシュボードで確認できるようにします。リスクを減らし、結果を改善できるよう、データ品質を解析してダッシュボードに示します。

データの健全性を監視する方法の詳細
REST または JavaScript を使用

ArcGIS REST または JavaScript API を使用

ArcGIS Data Reviewer for Server の機能に関する情報を、ArcGIS REST API または ArcGIS API for JavaScript を介してやり取りします。

REST JavaScript

ArcGIS Enterprise および Data Reviewer for Server との接続

Esri のブログを読む

会話に参加する

トップ