はじめに

データ品質サービスの導入

データ品質サービスの導入

標準の整合チェック機能を使用して、データ内のエラーを自動的に検出します。独自のビジネス要件を満たすように、チェック機能を構成します。カスタム コードを記述する必要はありません。

データ品質サービスの導入の詳細
品質フィードバックの管理

品質フィードバックの管理

使用の簡単な目視レビュー ツールを使用して、自動の整合チェックを補完する機能です。足りないフィーチャ、誤配置されたフィーチャ、不適切な属性が設定されたフィーチャなど、自動的に検出できないエラーを特定します。

表示フィードバックの管理の詳細
データ品質の報告

データ品質の報告

品質ダッシュボードで、データの健全性を監視し、エラー傾向を特定します。解析ダッシュボードで使用されるデータの品質を把握することで、リスクを軽減し、結果を改善します。

データの健全性の監視方法の詳細
REST または JavaScript の使用

ArcGIS REST API または JavaScript API の使用

ArcGIS REST API または ArcGIS API for JavaScript を介して、ArcGIS Data Reviewer for Server の機能を操作します。

REST JavaScript

ArcGIS Enterprise と Data Reviewer for Server との接続

Esri のブログを読む

会話に参加する

トップ