ArcGIS Pipeline Referencing for Server ではなく、ArcGIS Pipeline Referencing for Desktop を使用している場合は、 desktop.arcgis.com をご参照ください。

はじめに

リニア リファレンス機能の追加

マップ サービスへのリニア リファレンス機能の追加

リニア リファレンス イベントとそのルートをマップ サービスとして公開してから、計測ベースのイベント編集、計測の変換および計算、動的セグメンテーション、その他のリニア リファレンス機能をアクティブ化します。

詳細
パイプライン アセットおよびインシデントの編集

パイプライン アセットおよびインシデントの編集

リニア リファレンス イベントのデータ入力、品質制御、および保守は、ArcGIS Pipeline Referencing に付属するアプリの Event Editor を使用して Web ブラウザーから実行できます。

Event Editor の詳細
ArcGIS Pipeline Referencing の有効化と操作に関する総合的チュートリアル

手順の説明

この総合的チュートリアルでは、ArcGIS Pipeline Referencing の有効化と操作の各手順について説明します。

PDF のダウンロード
カスタム アプリの開発

カスタム アプリの開発

マップ サービスでリニア リファレンス機能を有効化すると、カスタム構築された Web アプリまたはモバイル アプリ内で使用できる追加の REST エンドポイントが表示されます。

JavaScript サンプルの表示 REST API の参照

ArcGIS Enterprise と Pipeline Referencing との接続

会話に参加する

トップ