Roads and Highways for Server ではなく Desktop を使用していますか? desktop.arcgis.com で各種資料を配布しています。

はじめに

リニア リファレンス機能の追加

リニア リファレンス機能をマップ サービスに追加

リニア リファレンス イベントおよびそのルートをマップ サービスとして公開し、メジャー ベースのイベント編集、メジャーの変換と計算、ダイナミック セグメンテーション、その他のリニア リファレンス機能をアクティブ化します。

詳細
パイプライン アセットおよびインシデントの編集

パイプライン アセットおよびインシデントの編集

データ入力、品質制御、リニア リファレンス イベントの保守といった作業を、Web ブラウザー上で、Event Editor (Esri Roads and Highways for Server の付属アプリ) を使って実行できます。

Event Editor の詳細
道路レポートの作成

道路レポートの作成

距離、道路セグメント、道路のログ レポートを、Roadway Reporter (Esri Roads and Highways for Server の付属アプリ) を使って、マップ ベースの操作で作成できます。

Roadway Reporter の詳細
独自アプリの開発

独自アプリの開発

マップ サービスでリニア リファレンス機能を有効にすると、REST エンド ポイントが現れ、独自に構築した Web アプリやモバイル アプリで利用できるようになります。

JavaScript のサンプルを表示 REST API を閲覧

ArcGIS Enterprise および Roads and Highways との接続

会話に参加する

トップ