Skip To Content

アクション

ダッシュボードは、複数のエレメントでデータを視覚化し、ひと目でわかる情報をエンド ユーザーに提供します。デフォルトの構成では、ダッシュボードに表示される情報は、元のデータが更新されたときのみ変化します。より対話的で没入型の操作を提供するために、ダッシュボードでアクションを構成できます。アクションを使用すると、ダッシュボードにより具体的なコンテキストを提供できます。

アクションには、ダッシュボードの URL パラメーターが変化したときやエンド ユーザーがダッシュボードのエレメントを操作したときに、発生する処理を記述します。アクションは、イベントによって開始されます。サポートされているイベントには、URL パラメーターの変更、マップ範囲の変更、選択の変更の 3 つのタイプがあります。ダッシュボードとそのエレメントの多くは、さまざまなイベントをサポートしています (イベントをサポートしていないエレメントもあります)。次の表は、イベントのソースとサポートされているイベントを示しています。イベントのソースにはセレクターが含まれていることに注意してください。セレクターは、ダッシュボードの対話式機能をさらに拡張できるダッシュボードのエレメントです。詳細については、「セレクター」をご参照ください。

イベント ソースURL パラメーターの変更 マップ範囲の変更 選択セットの変更

ダッシュボード

Y

マップ

Y

マップからの操作レイヤー

Y

リスト

Y

シリアル チャート

Y

パイ チャート

Y

カテゴリ セレクター

Y

数値セレクター

Y

日付セレクター

Y

ヒント:

  • ダッシュボード エレメントには、[一般] タブで一意のわかりやすい名前を割り当てます。これは、アクションを構成するときに便利です。
  • エレメントの追加を終了し、ダッシュボードに対して視覚的な調整を行ってからアクションを構成します。

アクションには、ソースとターゲットがあります。アクションのソースには、ダッシュボードまたはそのエレメントの 1 つを指定できます。アクションのターゲットは、常にダッシュボードのエレメントの 1 つです。ソースおよびターゲットが異なるデータ ソースに基づいている場合、それらのソース間のリレーションシップが確立される必要があります。このリレーションシップは、属性リレーションシップまたは空間リレーションシップのいずれかであることができます。属性リレーションシップでは、ターゲット エレメントのフィールド値に一致させるために、ソース エレメントのフィールドまたは値が使用されます。空間リレーションシップでは、ターゲット エレメントのジオメトリと交差するために、ソース エレメントのフィーチャ ジオメトリが使用されます。

注意:

ソースおよびターゲットが同じデータ ソースに基づく場合、それらのリレーションシップを確立するために手順を実行する必要はありません。

以下のアクションがサポートされています。

  • [フィルター] - ターゲット エレメントまたは操作レイヤーをレンダリングするときに使用できるフィーチャの数を減らします。
  • [範囲の設定] - ターゲット マップ エレメントの範囲を設定します。
  • [対象位置のフラッシュ表示] - ターゲット マップ エレメント上の地理的位置をフラッシュ表示します。
  • [ズーム] - ターゲット マップ エレメントを指定された位置にズームします。
  • [画面移動] - 指定された位置が中心になるように、ターゲット マップ エレメントを画面移動します。
  • [ポップアップの表示] - ターゲット マップ エレメントに情報ウィンドウを表示します。
  • [フィーチャを追跡] - 特定のフィーチャが画面の中央に来るように、ターゲット マップ エレメントを画像移動します。一度に追従できるフィーチャは 1 つだけです。

次の表に、アクションのソースとターゲットに使用できる対象の概要を示します。マップの凡例リッチ テキストなどの一部のダッシュボード エレメントは、アクションのソースになることも、ターゲットになることもできないため、ここにはリストされていません。

ダッシュボード エレメント アクションのソース アクションのターゲット

ダッシュボード

Y

マップ

Y

Y

マップの操作レイヤー

Y

Y

シリアル チャート

Y

Y

パイ チャート

Y

Y

インジケーター

Y

ゲージ

Y

リスト

Y

Y

詳細

Y

エンベデッド コンテンツ

Y

カテゴリ セレクター

Y

Y

数値セレクター

Y

Y

日付セレクター

Y

注意:

  • [ポップアップの表示] アクションは、エレメントでフィーチャの表示に構成されており、そのデータ ソースがダッシュボードに追加されているマップの操作レイヤーである場合にのみ、使用できます。[ポップアップの表示] を構成する際、そのターゲットにはエレメントのデータ ソースの元のマップが自動的に選択されます。
  • [フィーチャを追跡] アクションは、エレメントでフィーチャの表示に構成されており、そのデータ ソースがダッシュボードに追加されているマップの操作レイヤーである場合にのみ、使用できます。さらに、データ ソースはポイント ジオメトリで、更新間隔が設定されている必要があります。[フィーチャを追跡] を構成する際、そのターゲットにはエレメントのデータ ソースの元のマップが自動的に選択されます。
  • [フィーチャを追跡] が動作すると、ツールはターゲット マップ エレメントの左上隅に表示されます。これにより、エンド ユーザーは各種追従アクション (一時停止/再開、情報ウィンドウの表示、キャンセルなど) を制御できます。
  • マップ上でフィーチャを追従している際、マップを手動で画面移動またはズームすると、追従が一時停止します。左上隅のツールを使用して再開する必要があります。

詳細については、「ダッシュボード エレメントでのアクションの構成」および「URL パラメーターでのアクションの構成」をご参照ください。


このトピックの内容