Skip To Content

ArcGIS Enterprise の一般的なクライアント

ArcGIS Enterprise は、組織内でのマップと GIS アプリの使用を拡大することを目的に設計されています。 クライアントを実装すると、組織内のユーザーは ArcGIS Enterprise ポータルのマップおよびその他のアイテムを簡単に操作できるようになります。次に示すのは、そうした多くのクライアントの例です。

テンプレートおよびアプリ ビルダー

テンプレートおよびアプリ ビルダーを使用すると、組織の内外で、モダンでレスポンシブルな Web アプリを通じて Web マップを共有できます。 これらのアプリは柔軟性に優れ、コードを 1 行も記述することなくカスタム Web アプリを作成するための出発点となるため、非開発者に適しています。

ArcGIS AppStudio

ArcGIS AppStudio を使用すると、マップと GIS データを、社内の他のユーザーと共有できるネイティブ アプリまたは一般の App Store を経由してパブリックに共有できるネイティブ アプリに変換することができます。 AppStudio で構築されたアプリはクロスプラットフォームになり、AndroidiOSLinuxmacOS、および Windows プラットフォーム上で動作します。 AppStudio をメンバーのユーザー タイプに含めると、アプリ作成のローコード ソリューションが実現されます。 メンバーは、構成可能なアプリ テンプレートを使用してアプリを構築したり、テンプレートにカスタム コードを追加したり、最初からアプリを作成したりできます。 管理者は、ArcGIS AppStudio Developer Edition のライセンスをメンバーに割り当てて、高度なアプリ テンプレートや他のツールにメンバーがアクセスできるようにすることができます。 このアドオン ライセンスを使用すると、メンバーはパブリック App Store (App Store/Google Play) またはエンタープライズ配布に適したアプリのカスタム スタンドアロン ビルドを作成できます。 含まれているライセンスまたはアドオン ライセンスを持つメンバーは、appstudio.arcgis.com からソフトウェアをダウンロードすることができます。

ArcGIS Configurable Apps

ArcGIS Configurable Apps テンプレートを使用すると、Web マップ、シーン、およびグループから Web アプリを構築することができ、コードを記述する必要がなくなります。 全テンプレートから希望のものを選択し、ご自身の目標とオーディエンスの要望に応じて、専用アプリを作成および共有してください。 テンプレートをポータルからダウンロードして変更し、各自の Web サーバーにデプロイすることもできます。

ArcGIS Experience Builder

ArcGIS Experience Builder を使用すると、柔軟なレイアウト、コンテンツ、2D および 3D データを操作するウィジェットを使用して、独自の Web エクスペリエンスを作成できます。 まず、テンプレートを使用してモバイル アダプティブ アプリを作成し、テンプレートのレイアウトを変更してさまざまな画面サイズ用のカスタム デザインにするか、アプリをゼロから自由に構築します。

ArcGIS Web AppBuilder

ArcGIS Web AppBuilder は、見た目どおりに直感的に操作できるアプリであるため、コードを記述しなくても Web アプリを作成できます。 Web AppBuilder を使用すると、検索、ジオプロセシング、印刷などのすぐに使用可能なウィジェットを使用して、デスクトップ、タブレット、およびスマートフォンで動作するアプリケーションを構築およびカスタマイズできます。

現地調査で使用するアプリ

ArcGIS のロケーションベースのアプリを使用すると、データや画像の収集、ルートの案内、タスクの割り当てに集中して取り組むことができます。 オフラインで作業している場合でも、現地調査作業員はこれらのアプリを使用することができます。 それぞれのアプリにアクセスする際の詳細な説明と手順については、Esri の Web サイト「すべての人のためのアプリ」をご参照ください。

ArcGIS Field Maps

ArcGIS Field Maps は、現場のワークフローを合理化し、どこでもマップを取得できるようにする新しいアプリです。 モバイル作業者は Field Maps を使用して、ArcGIS で作成したマップの操作やデータの収集と更新、自分の位置の追跡を 1 つのアプリから実行できます。Field Maps は、オフラインでも屋内でも場所を選ばずモバイル作業者がマップを持ち運べるようにし、単一の場所にマップとコンテンツをデプロイできます。 詳細については、「ArcGIS Field Maps の新機能」をご確認ください。

ArcGIS Enterprise のサポートされているバージョンについては、「ArcGIS Field Maps の要件」をご参照ください。

ArcGIS Collector

ArcGIS Collector はモバイルデータ収集アプリの 1 つで、ユーザーはオフラインで作業しているときでも、現場で新しいデータを正確にキャプチャして、既存のフィーチャを更新でき、シームレスに ArcGIS に統合できます。 Collector を使用すると、GPS を利用するか、マップ上をタップしてデータを収集および更新したり、マップ連動フォームに情報を入力したり、必要に応じて専門家向けの GPS 受信機を使用したりできます。

ArcGIS Enterprise のサポートされているバージョンについては、「ArcGIS Collector の要件」をご参照ください。

ArcGIS Dashboards

ArcGIS Dashboards では、ユーザー、サービス、対象物、イベントをリアルタイムで監視できます。 Dashboards を使用することで、ArcGIS Enterprise ポータルを使用したダッシュボードを作成および共有できます。 ダッシュボードには、チャート、ゲージ、マップ、その他の視覚的エレメントが含まれ、目的の達成に最も大切なアクティビティや主要業績評価指数 (KPI) が示されます。

ArcGIS Drone2Map

ArcGIS Drone2Map は、ドローンを使用して収集したジオタグ付き画像を可視化して解析することができ、上空からエリアを調査して、変化を監視するのに役立ちます。 Drone2Map で作成した 2D マップと 3D マップは ArcGIS Enterprise に共有できます。

ArcGIS Enterprise 10.5 以降を使用して、Drone2Map ライセンスのプロビジョニングを実行できます。

ArcGIS Explorer

ArcGIS Explorer は、オフラインで作業している場合でも、組織内のすべてのユーザーが必要なときにどこからでもマップにアクセスできるモバイル アプリです。 データを視覚化したり、マップ内の場所やフィーチャを検索したり、アセットに関する情報を表示したり、マップをマーク アップして重要なフィーチャをハイライト表示したり、見つけにくい対象物をコンパスで道案内したりできます。

ArcGIS Enterprise のサポートされているバージョンについては、「ArcGIS Explorer の要件」をご参照ください。

ArcGIS Navigator

ArcGIS Navigator を使用すると、モバイル作業者は、ネットワークに接続していなくても、提供済みのマップか独自のデータ、またはその両方を使用して目指す場所に到達できます。

ArcGIS Enterprise を使用して、Navigator ライセンスのプロビジョニングを実行できます。

ArcGIS Enterprise のサポートされているバージョンについては、「ArcGIS Navigator の要件」をご参照ください。

ArcGIS QuickCapture

ArcGIS QuickCapture は、フィールド データ取得アプリであり、データを高速に取得することができます。 移動しながら、対象物およびインシデントの位置と属性を取得できます。 プロジェクト作成者は、ボタンの配置、ボタンの表示方法、および収集する情報を決定します。 このアプリを使用して、写真とセンサー情報をデバイスから取得できます。

ArcGIS Enterprise のサポートされているバージョンについては、「ArcGIS QuickCapture の要件」をご参照ください。

ArcGIS Survey123

ArcGIS Survey123 を使用すると、ArcGIS 内での調査票ベースのデータ収集ワークフローを容易に処理できます。 データ収集作業のかなりの部分において、地理データは極めて重要ですが、ワークフローの中心をなすものではありません。 ArcGIS Survey123 は、この事実認識の上に立って、業界で期待される洗練されたフォームを ArcGIS に提供します。

フォームを作成して ArcGIS に公開するには、https://survey123.esri.com/ にアクセスしてください。 ArcGIS Survey123 モバイル アプリを、AppleGoogle Play、または Windows の App Store から取得できます。

ArcGIS Enterprise のサポートされているバージョンについては、「ArcGIS Survey123 の要件」をご参照ください。

ArcGIS Tracker

ArcGIS Tracker では、Track Viewer Web アプリと ArcGIS Tracker モバイル アプリという 2 つのアプリの位置のトラッキング サービスを使用します。 Track Viewer Web アプリを使用すると、管理者はトラッキング ビューを作成し、トラック対象のユーザーとそのトラッキングを表示できるユーザーを定義できます。 Tracker モバイル アプリはバックグラウンドでの位置のトラッキングに最適化されており、デバイスのバッテリーへの影響を最小限に抑えます。 このモバイル アプリでは、データ接続の有無に関係なくトラックが記録され、モバイル ユーザーは追跡される期間と追跡されない期間を制御できます。

ArcGIS Enterprise のサポートされているバージョンについては、「ArcGIS Tracker の要件」をご参照ください。

ArcGIS Workforce

ArcGIS Workforce は、現地作業スタッフとの協力やチームワークを向上するために、位置情報を活用します。 人員を適材適所に配置し、正しいツールを使用して、業務の遂行を確実にします。 ディスパッチャーは、Workforce Web アプリを使用して作業を作成し、割り当て、進捗を監視し、作業者の位置をリアルタイムで表示します。 モバイル作業者は、Workforce モバイル アプリを使用して、個人の [To Do] リストを介して作業し、ステータスを伝達します。

ArcGIS Enterprise のサポートされているバージョンについては、「ArcGIS Workforce の要件」をご参照ください。

オフィスで使用する ArcGIS アプリ

Esri では、業務の時間とコストを節約できる数多くのデスクトップおよびブラウザーベースのアプリケーションを提供しています。 これらのアプリケーションを含む各種アプリにアクセスする際の詳細な説明と手順については、Esri の Web サイト「すべての人のためのアプリ」をご参照ください。

ArcGIS Pro

ArcGIS Desktop には、ArcGIS Pro も含まれ、デスクトップで空間データを作成および操作できます。 2D 環境と 3D 環境の両方で、データを視覚化、解析、コンパイル、および共有するためのツールが用意されています。 ArcGIS Pro から ArcGIS Enterprise ポータルに接続して、ポータルのマップとレイヤーを使用できます。 ホスト フィーチャ レイヤーおよびホスト タイル レイヤーをポータルに公開することもできます。 ArcGIS Pro で生成したマップ ファイル (*.mapx)、レイヤー ファイル (*.lyrx)、およびレイアウト ファイル (*.pagx) をポータル コンテンツに追加すると、マップとデータを他のユーザーと共有できます。

ポータル管理者は、ポータル内で ArcGIS Pro ライセンスを構成し、ポータルを通して ArcGIS Pro を組織のメンバーに配布できます。

最良のパフォーマンスを得るには、ArcGIS Pro の最新バージョンを使用してください。

ArcGIS Enterprise は、同時にリリースされた ArcGIS Pro のバージョンまたはまだサポートされている ArcGIS Pro の以前のバージョンと互換性があります。 ArcGIS Pro は、ArcGIS License Manager のサポートされているバージョンも必要とします。

ArcGIS Desktop

ArcGIS Desktop はデスクトップ アプリケーションの集まりで、その中心的役割を果たす ArcMap は空間データを作成、編集、解析できる高度な機能を備えています。 ArcGIS Desktop からポータルにサイン インして、ポータルでマップとレイヤーを使用できます。 また、GIS サービスを ArcGIS Desktop からポータルに公開することもできます。 これらの GIS サービス (マップ、ジオプロセシング、ロケーター、画像など) は、ArcGIS Enterprise で実行するさまざまなタスクの基礎となります。

ArcGIS EnterpriseArcMap を使用するには、以前のバージョンの ArcMap を使用できます。 たとえば、ArcGIS Enterprise 10.9 を所有している場合は、ArcMap 10.8.1 以前を使用します。

ArcGIS Business Analyst Enterprise

ArcGIS Business Analyst Enterprise を使用して、人口統計解析および空間解析を組織全体で共有できます。 このソリューションには、すぐに使用できる Web アプリおよび ArcGIS GeoEnrichment Service が含まれています。ArcGIS Business Analyst Enterprise を使用すると、不動産仲介業者、小売業者、経済開発庁などは、拡大、統合、または投資の目的で市場を評価することができます。

ArcGIS Business Analyst Web アプリ

ArcGIS Business Analyst Web アプリを使用すると、不動産仲介業者、小売業者、経済開発庁などは、拡大、統合、または投資の目的で市場を評価することができます。

ArcGIS Enterprise を使用して、ArcGIS Business Analyst Web アプリ ライセンスのプロビジョニングを実行できます。

ArcGIS Earth

ArcGIS Earth は、組織のメンバーが、KML や ArcGIS サービスを含め、2D および 3D データを探索できる軽量のデスクトップ アプリケーションです。 ArcGIS Earth は、お使いのポータルに合わせて構成されたベースマップ、標高サービス、ジオコーディング設定を使用します。

ArcGIS Enterprise のサポートされているバージョンについては、ArcGIS Earth の「ガイド ツアー」をご参照ください。

ArcGIS Excalibur

ArcGIS Excalibur は、直感的な操作による画像ベースの最新のワークフローを採用して処理能力を高める Web アプリです。 これらの操作性により、ユーザーは完全に統合されたワークフローで画像を検索、検出、および操作し、画像の解析および活用を行うことができます。 詳細については、ArcGIS Excalibur ヘルプをご参照ください。

ArcGIS for Office

ArcGIS for Office は、Microsoft アドインを使用して、Microsoft Office のマップ機能を提供します。 このアドインを Microsoft Excel で使用すると、スプレッドシートのデータを表示するマップをポータル内に作成できます。 さらに、PowerPoint 用のアドインを使用して、これらのマップをプレゼンテーションに埋め込むこともできます。

ArcGIS for Office は、Esri Web サイトからダウンロードできます。

ArcGIS Enterprise のバージョンについては、ArcGIS for Office の「サポートされている環境」をご参照ください。

ArcGIS for SharePoint

ArcGIS for SharePoint では、SharePoint ページに配置する Map Web パーツによって、Microsoft SharePoint でマッピング機能を利用することができます。 これを使用すると、Esri ページでポータル内のコンテンツを表示できます。 また、Business Connectivity Services (BCS) を使用して、Esri リストまたは外部データを空間対応にしたりジオエンリッチしたりすることができるワークフローも含まれています。

ArcGIS for SharePoint は、Esri Web サイトからダウンロードできます。

サポートされている ArcGIS Enterprise のバージョンについては、ArcGIS for SharePoint の「サポートされている環境」をご参照ください。

メモ:

ArcGIS for SharePoint 3.0 および 3.0.1 は、オフライン環境ではサポートされていません。 組織がインターネットにアクセスできない場合は、ArcGIS Enterprise でこれらのアプリ バージョンを使用することはできません。

ArcGIS GeoPlanner

ArcGIS GeoPlanner を使用すると、土地活用計画や設計でポータル組織の他のメンバーと共同作業ができます。

ArcGIS Enterprise 10.5 以降、ArcGIS GeoPlannerPortal for ArcGIS で配布されています。 ArcGIS GeoPlanner の使用を開始するには、「GeoPlanner プロジェクトとは」をご参照ください。

ポータル メンバーが GeoPlanner を使用できるようにするには、ArcGIS Enterprise を使用して GeoPlanner ライセンスをプロビジョニングする必要があります。

ArcGIS Insights

ArcGIS Insights は、ポータルを通じてアクセスするアプリで、ArcGIS Web サービス、Excel スプレッドシート、およびデータベース内に格納されたデータに関するデータ調査解析を繰り返し実行できます。

ポータル メンバーが Insights を使用できるようにするには、ArcGIS Enterprise を使用して Insights ライセンスをプロビジョニングする必要があります。

ArcGIS Enterprise のサポートされているバージョンについては、「ArcGIS Insights の要件」をご参照ください。

ArcGIS Maps for Adobe Creative Cloud

ArcGIS Maps for Adobe Creative Cloud は、Adobe Illustrator および Adobe Photoshop のエクステンションであり、カートグラファーやグラフィック デザイナーが ArcGIS のデータドリブン マップおよびレイヤーを使用して魅力的なビジュアルを設計することを可能にします。 地理コンテンツを検索、インポート、および作成して、編集可能なベクター レイヤーおよび高解像度の画像としてアートワークに追加できます。

ArcGIS Maps for Adobe Creative Cloud は、Esri Web サイトからダウンロードできます。

ArcGIS StoryMaps

ArcGIS StoryMaps は、注釈テキストおよび他のマルチメディア コンテンツ内でマップを共有できる Web ベースのストーリー作成アプリケーションです。 StoryMaps を使用すると、ストーリー ビルダーでストーリーを作成し、ストーリーを公開、共有、管理できます。

ArcGIS Workflow Manager

ArcGIS Workflow Manager Server は、組織内でのさまざまな GIS 作業と GIS 以外の作業を実行および管理を自動化し簡素化するスケーラブルなワークフロー管理システムです。 作業の完了に必要なユーザー、プロセス、製品をリアルタイムに管理できるツールを備えています。

ArcGIS Roads and HighwaysRoadway Reporter

ArcGIS Roads and HighwaysRoadway Reporter は、ArcGIS Roads and Highways を活用するアプリです。これを使用すると、マップ中心のユーザー操作から距離、道路セグメント、および道路のログ レポートを作成できます。 Roadway Reporter を使用すると、レポートを構成、保存、および共有し、Adobe PDF 形式またはカンマ区切り値 (CSV) 形式のいずれかでのレポートの生成をサポートできます。これらのレポートは、Microsoft Excel でさらに操作できます。

ポータル メンバーが Roadway Reporter を使用できるようにするには、ArcGIS Roads and Highways サーバーを用意する必要があります。

ArcGIS Enterprise は、同等のバージョンの Roadway Reporter をサポートしています。 たとえば、ArcGIS Enterprise 10.8 を所有している場合は、Roadway ReporterRoadway Reporter 10.8 を使用します。

ArcGIS Roads and Highways および ArcGIS Pipeline Referencing 用の Event Editor

Event Editor は、マップ中心の Web アプリであり、ArcGIS Roads and Highways および ArcGIS Pipeline Referencing でのリニア リファレンス イベント データの編集をサポートします。Event Editor では、ルートの検索、イベント レイヤーのグループの定義、データのクエリと編集、品質管理チェック、ルートのレッドライニングを実行できます。

ポータル メンバーが Event Editor を使用できるようにするには、適用可能な ArcGIS Roads and Highways サーバーまたは ArcGIS Pipeline Referencing サーバーが必要です。

ArcGIS Enterprise は、同等のバージョンの ArcGIS Roads and Highways および ArcGIS Pipeline Referencing をサポートしています。 たとえば、ArcGIS Enterprise 10.8 を所有している場合は、ArcGIS Roads and Highways および ArcGIS Pipeline Referencing の 10.8 を使用します。

ArcGIS Enterprise ポータル Web サイト

組織のメンバーの多くは、ポータル コンテンツへのアクセスにポータル Web サイトのみを使用します。 このサイトを独自の外観で構成したり、フロント ページに注目のマップおよびアプリを掲載したり、マップとアプリをギャラリーとグループに整理したりできます。 ポータル Web サイトには、認証されたユーザーがマップを作成および使用するために使用するMap Viewerもあります。 ポータルをホスティング サーバーで構成することにより、公開者は各自のファイルから Web レイヤーを作成できます。

ArcGIS API と SDK

開発経験に関係なく、地理空間アプリを作成し管理します。 マッピング、可視化、分析機能などを組み込んだ Web アプリ、モバイル アプリ、デスクトップ アプリを構築します。 詳細については、「ArcGIS Developers」をご参照ください。