Skip To Content

ArcGIS Enterprise での公開

ArcGIS Enterprise は、さまざまなデータ公開方法をサポートしています。データを公開すると、ArcGIS Enterprise ポータルの他のメンバーがマップおよびアプリでデータを使用できるようになります。コンテンツを公開する方法には、ArcGIS ProArcMap、および ArcGIS Enterprise ポータルから行う方法があります。ポータルまたは ArcGIS アプリでワークフローの一部としてコンテンツを公開することもできます。たとえば、Map Viewerの標準フィーチャ解析ツールは、解析の結果を保存するフィーチャ レイヤーを作成します。

公開者にとって、公開する前に、Web サービスおよびレイヤーで使用可能にする機能を検討することが重要です。必要な機能はサービスによって異なります。また、ユーザーによるサービスの使用方法とデータの保存場所の検討も重要です。

公開するとき、データを ArcGIS Enterprise にコピー するか (ArcGIS が管理するホスト レイヤーとデータになります)、元の場所のデータを参照することができます。

ArcGIS Pro からの公開

ArcGIS Pro は、公開のための完全なユーザー操作とオプション セットを提供します。ArcGIS Pro では、Web レイヤーに設定する機能を指定します。これにより、公開するレイヤーのタイプが示されます。Web レイヤーの公開の詳細については、ArcGIS Pro ヘルプの「Web レイヤーの共有の概要」をご参照ください。

ArcGIS Pro から公開するときに、すべてのデータをコピーしたり、登録データを参照したりできます。フィーチャレイヤーを公開するときにすべてのデータをコピーをすると、ArcGIS は、データのスナップショットを取り、それをリレーショナル ArcGIS Data Store にコピーし、ポータルにホスト フィーチャ レイヤー アイテム、ポータルのホスティング ArcGIS Server サイトにサービスをそれぞれ作成します。タイル レイヤーを公開するときにすべてのデータをコピーをすると、ArcGIS は、データのスナップショットを取り、ポータルのホスティング ArcGIS Server サイト (ポータルのキャッシュ マップサービスおよびタイル レイヤー アイテムを指定) にキャッシュを作成します。レイヤー アイテムを共有して、他のユーザーがアイテムを検索および使用できるようにします。

登録データを参照するオプションを使用して公開する場合、データは登録済みのユーザー管理データ ストアに残ったままで、ポータルのサービスおよびレイヤー アイテムは、ユーザー管理データ ソースのデータを参照します。登録データを参照するレイヤーを公開するには、フェデレーション ArcGIS Server サイトにデータ ストアを登録する必要があります。

ArcGIS Enterprise ポータルからの公開

ArcGIS Enterprise ポータル インターフェイスからデータを公開することもできます。これにより、追加の ArcGIS クライアント ソフトウェアがなくても Web レイヤーを作成することができます。ポータル インターフェイスから Web レイヤーとしてデータを公開するには、以下のような方法があります。

他のアプリケーションからの公開

データを直接公開できるアプリケーションや大規模なワークフローの一部としてコンテンツを公開するアプリケーションは他にも数多くあります。これらのアプリケーションはすべてホスト フィーチャ レイヤーを作成します。ArcGIS Maps for OfficeWorkforce for ArcGISGeoPlanner for ArcGIS などのアプリケーションがあります。ArcGIS Enterprise ポータルに公開するその他のアプリのリストについては、「ArcGIS Enterprise の一般的なクライアント」をご参照ください。

データ ストアと ArcGIS Enterprise

登録データを参照するワークフローの場合、最初に、ArcGIS Server ポータルとフェデレートされている ArcGIS Enterprise サイトにデータ ストアを登録する必要があります。これには、次のいずれかの方法を使用できます。