Skip To Content

ArcGIS Enterprise とは何ですか?

ArcGIS Enterprise は GIS の基本ソフトウェア システムで、マッピング、ビジュアライゼーション、解析、データ管理機能を提供します。 これは、Esri の一連のアプリケーションと独自のカスタム アプリケーションを実行するためのバックボーンです。 ArcGIS Enterprise はマッピングと作成のために ArcGIS Desktop および ArcGIS Pro と密接に統合され、システム間でコンテンツを共有するために ArcGIS Online とシームレスに接続することができます。

コラボレーションと柔軟性は ArcGIS Enterprise の中心的な特徴で、あらゆるデバイス、あらゆる場所で、いつでも作業を編成し共有することができます。

ArcGIS Enterprise を使用すると、配置を完全に制御できます。 配置は、Microsoft WindowsLinux、および Kubernetes で実行でき、以下において、小規模な単一コンピューターの配置と大規模な複数コンピューターの配置をサポートします。

  • 管理対象のパブリック クラウド インフラストラクチャ
  • プライベート クラウド インフラストラクチャ
  • 物理ハードウェアまたは仮想ハードウェアを使用したオンプレミスのインフラストラクチャ

この柔軟性は、リアルタイム データの追跡、ビッグ データ解析の実行、ラスター解析、イメージ サービスのホスト、データ サイエンスのワークフローなど、組織のニーズをサポートする高度な機能を実現します。 ArcGIS Enterprise の配置は、インターネットに接続することも切断することもでき、障害時にデータ損失とダウンタイムを回避するように構成できます。

ArcGIS Enterprise の基本配置

ソフトウェア コンポーネント

ArcGIS Enterprise は 4 つのコンポーネントが連携して動作して、Web マッピング、画像の活用、リアルタイム データ処理、大量のバッチ解析、空間データ サイエンスの包括的な機能を提供します。

  • ArcGIS Server は、複数の専用のサーバー ロールを含む GIS のマッピングと解析機能を提供し、トラフィックをサポートするために動的に拡張できます。
  • ArcGIS Enterprise ポータルは、ユーザーがマップ、アプリ、空間データを作成、共有、管理し、協力者と共有する中央ハブです。
  • ArcGIS Data Store は、配置で使用されるホスティング サーバーの軽快なデータ ストレージを提供します。
  • ArcGIS Web Adaptor は、ArcGIS Server および Portal for ArcGIS を既存の Web サーバーおよび組織のセキュリティ インフラストラクチャと統合します。

ArcGIS Enterprise の基本配置は、4 つすべての ArcGIS Enterprise コンポーネントが組み込まれた最小限のセットアップです。 詳細については、「ArcGIS Enterprise の基本配置」をご参照ください。

この基本配置をインストールしたら、ArcGIS Enterprise の使用を開始するか、追加機能を構成できます。

ArcGIS Enterprise ライセンス

ArcGIS Enterprise は、ユーザー単位またはシステム容量単位でライセンス認証されます。 ユーザーはユーザー タイプに基づいてライセンスが付与されるので、情報およびコンテンツ作成機能へのセキュリティ保護されたアクセスを実現しています。 ユーザー タイプと機能の詳細については、「ユーザー タイプ、ロール、権限」をご参照ください。

ArcGIS Server のロール

ArcGIS Server は、使用する配置で有効にしたい機能に応じて、さまざまなサーバーロールのライセンスを適用することができます。 サーバーのライセンス ロールは、各 ArcGIS Enterprise サーバー コンピューターまたはサイトの機能を定義します。 オプションの詳細な説明については、「ArcGIS Enterprise 機能比較表」をご参照ください。

ArcGIS GIS Server は、マップ サービス、フィーチャ サービス、ジオプロセシング サービスなどの GIS リソースを組織のレイヤーとしてユーザーに提供できます。 また、このロールは、GIS Server がポータルのホスティング サーバーとして機能する Web GIS の基盤となります。 Advanced、Standard もしくは Basic で ArcGIS GIS Server のライセンス認証を行うことができます。 すべての ArcGIS Enterprise エディションには、GIS Server ロールでライセンス認証できる ArcGIS Server が含まれます。 ArcGIS GIS Server はその他のエクステンションも提供します。 詳細については、「ArcGIS GIS Server の機能とエクステンション」をご参照ください。

メモ:
ArcGIS Server の Basic エディションは、エンタープライズ ジオデータベースのみを有効にすることができ、Web GIS のホスティング サーバーとして使用することはできません。

ArcGIS Enterprise の基本配置に機能を追加するには、追加のサーバー ロールをライセンス認証してください。

  • ArcGIS Image Server は、リアルタイムの視覚化のためにイメージ サービスを公開し、ラスター データに対して分散型解析を実行します。
  • ArcGIS GeoAnalytics Server は、大量のテーブル データおよびフィーチャ データに対して分散型解析を実行します。
  • ArcGIS GeoEvent Server は、Internet of Things のソースから、リアルタイムのイベントベースのデータ ストリームを GIS に統合します。
  • ArcGIS Notebook Server は ArcGIS Notebooks をホストします。これは、コード、リアルタイムの視覚化およびマップ、データ ツールを組み合わせて、データ サイエンスを促進します。
  • ArcGIS Workflow Manager Server は、組織内でのさまざまな GIS 作業と GIS 以外の作業の実行と管理を自動化および簡素化して生産性を高めるスケーラブルなワークフロー管理システムです。 ArcGIS Workflow Manager Server は、ArcGIS Workflow Manager ユーザー タイプ エクステンションを介してライセンスされます。

これらの ArcGIS Server ロールを適用するには、ArcGIS Server コンポーネントをインストールし、適切なライセンス ファイルを使用してロールを有効化します。 複数のサーバー ライセンス ロールを ArcGIS Enterprise の基本配置として同じコンピューターまたはサイトに適用することも、それらのロールをベース配置とは独立して配置することもできます。 サーバーの運用をサポートできるだけの十分なコンピューター リソースを確保するために、各サーバー ライセンス ロールのシステム要件を確認してください。 一般に、ロールごとに異なる ArcGIS Server サイトを配置することが推奨されます。 詳細については、「ArcGIS Server のライセンス ロールについて」をご参照ください。