Skip To Content

ノートブック ユーザーの権限の制御

適切な権限が割り当てられていれば、ArcGIS Enterprise ポータルに ArcGIS Notebook を作成できます。 ArcGIS Notebook はポータルと ArcGIS Notebook Server のリソースを消費するため、ノートブックの作成は公開者レベルの権限になります。

管理者ロールが割り当てられた各ポータル ユーザーはノートブックの作成、管理、スケジュール設定を行えます。また、[ノートブックの作成と編集] 権限および [ノートブックのスケジュール設定] 権限を含むロールが割り当てられたポータル ユーザーも、同じ操作を行えます。 高度なランタイムを使用できる場合にメンバーがこれを使用してノートブックを作成できる [高度なノートブック] 権限は、管理者のデフォルト ロールには割り当てられていません。

ポータルのレベル、ロール、権限の詳細

元のノートブック アイテムへの編集を保存できるのは、ノートブックの所有者だけです。 所有者がポータルでノートブックを共有している場合、他のユーザーはアイテム詳細ページを表示し、ノートブックを開き、書き込まれたとおりに実行できます。 ノートブックへの変更を保存すると、自動的にノートブックのコピーが作成されます。

関連する権限が付与されている場合、アクセス権を持つ場所で共有されたノートブックであれば、どのポータル ユーザーでもノートブックを表示し、開くことができます。 たとえば、ノートブックが [組織] と共有されている場合、ポータルにアクセス権を持つすべてのユーザーがノートブックを表示し、開くことができます。 ノートブックが特定のグループと共有されている場合、ノートブックを表示し、開くことができるのは、そのグループのメンバーに限られます。

ノートブック ユーザーのカスタム ロールの作成

[ノートブックの作成と編集] 権限を割り当てたいポータル ユーザーがいる場合、そのユーザーにデフォルトの管理者ロールを割り当てることができます。 ただし、ノートブックの作成と共有以外の操作をポータル上で制限する場合は、そのユーザー向けのカスタム ロールを作成します。

ユーザー ロールに基づき、[ノートブックの作成と編集] 権限を追加したカスタム ロールを作成するには次の手順に従います。

  1. 組織サイトの管理者としてサイン インしていることを確認します。
  2. サイトの上部にある [組織] をクリックして、[設定] をクリックします。
  3. [ロール] をクリックします。
  4. [ロールの作成] をクリックして、ロールの名前と説明を指定します。
    • 名前は組織サイト内で一意である必要があり、デフォルトのロール名は使用できず、最大 128 文字で指定します。 ロール名では、大文字と小文字を判別しません。 「Notebook User」などの名前を指定します。
    • 説明の最大長は 250 文字です。 「This role can create and use hosted notebooks but cannot perform other Publisher- or Administrator-level tasks in the portal」のような説明を入力します。
  5. 新しいロールの基準として [ユーザー] ロールを選択します。

    デフォルトでは、ArcGIS Notebook に関連する権限 ([ノートブックの作成と編集][ノートブックのスケジュール設定][高度なノートブック]) は、ユーザーレベルのロールではオフになっています。

  6. [ノートブックの作成と編集] (および、必要に応じて [ノートブックのスケジュール設定][高度なノートブック]) 切り替えボタンをクリックし、権限をオンにします。

    注意:
    [ノートブックの作成と編集] 権限は、組織が Notebook Server を構成している場合のみ表示されます。 ノートブック作成者によって実行されるワークフローで、追加の権限 (コンテンツの管理や特殊な解析ツールの実行など) が必要になることがあります。

  7. [ロールの保存] をクリックします。

    ロールの作成が成功したことを示すメッセージが表示されます。

これで、カスタム ロールを適宜ポータル ユーザーに割り当てられるようになります。