Skip To Content

Docker および ArcGIS Notebook Server

Docker コンテナー割り当てソフトウェアは ArcGIS Notebook Server で使用されます。

Docker ソフトウェア

ArcGIS Notebook Server では Docker コンテナー割り当てソフトウェアを使ってセキュリティを提供し、ノートブック作成者のリソースを隔離します。 仮想マシンとは異なり、コンテナーは仮想化されたオペレーティング システムです。コンピューターの各コンテナーには隔離環境にすべての OS コンポーネントがあります。 ArcGIS Notebook Server はサイトの各ユーザーにコンテナーを個別に提供します。 各ユーザーはランタイムごとにコンテナーを 1 つ所有し、ユーザーは自分のコンテナーでだけノートブックを実行できます。

ArcGIS Notebook Server を使う前に、各 ArcGIS Notebook Server コンピューターに独立したサードパーティ ソフトウェア コンポーネントである Docker をインストールする必要があります。

Docker コンテナー イメージ

インストール前に My Esri からソフトウェア ダウンロードと認証ファイルを取得したら、ArcGIS Notebooks 専用の 2 つの Docker コンテナー イメージも提供されます。 これらのコンテナー イメージによって、ノートブック ユーザーに必要なランタイム (Python モジュールの特定のコレクション) が提供されます。

Esri では Standard と Advanced の 2 つの Docker コンテナー イメージを提供しています。 これら 2 つのコンテナー イメージにはシステム ツールとライブラリだけでなく、コンテナーを適切に構成するためのさまざまな設定が含まれています。 また、ノートブック ランタイムも含まれています。Standard コンテナー イメージには Standard ノートブック ランタイムがあり、Advanced コンテナー イメージには Advanced ランタイムがあります。

Standard ランタイムでは、ArcGIS Notebooks で ArcGIS API for Python のコードとサードパーティ モジュールを使うことができます。 Advanced ランタイムには Standard イメージのすべてのモジュールと、ArcPy および関連ライブラリがあります。

Advanced ライセンスがある場合は、My Esri から両方のコンテナー イメージをダウンロードしてインストールしてください。 Standard イメージと Advanced イメージに含まれる Python モジュールは「利用可能な Python ライブラリ」に一覧されています。

Advanced ランタイムを使ってノートブックを使用するには、Advanced Notebooks 権限を含む役割をポータルでユーザーに割り当てる必要があります。 ユーザーが初めて ArcGIS Notebook を開くと、Advanced コンテナー イメージが適用されたコンテナーが起動します。

Advanced Notebooks 権限を持つノートブック作成者は、Standard ランタイムを使用するノートブックを指定することもできます。 これにより、ユーザーは自分が作成したノートブックを Standard ランタイムにしかアクセスできないユーザーと共有することができます。 ユーザーが初めてこの操作を行うと、2 番目のコンテナーが起動して Standard コンテナー イメージが読み込まれます。

ノートブック ユーザーの権限の詳細

デフォルトでは、コンテナーには一定量の RAM と、一定数の CPU コア共有が割り当てられます。 これらのデフォルト リソースの制限は、次に示すように、コンテナーによって実行されるランタイムで決定されます。

  • Standard ランタイムは、コンテナーあたり 1 CPU コアと 4 GB の RAM を割り当てます。
  • Advanced ランタイムは、コンテナーあたり 2 CPU コアと 6 GB の RAM を割り当てます。

ArcGIS Notebook Server 管理者は、サイトで作業を行っているノートブック作成者の数と、各作成者が使用しているランタイムを監視する必要があります。 これらの条件によっては、ArcGIS Notebook Server に対して設定したリソースの制約を変更する必要があるか、変更を検討します。

Docker のエディション

Docker には 2 つのエディションがあります。 Docker Desktop Community が無料で利用できるのに対して、 Mirantis Container Runtime は有料サブスクリプション、またはトライアルとして利用する必要がありますがサポートとメンテナンスが提供されます。 いずれのエディションも機能的に完成されているとされています。

Windows ユーザーに適切なエディションは Docker Desktop Community です。 このソフトウェアでは、ArcGIS Notebook Server を実行できます。

ArcGIS Notebook Server コンピューターに Docker または Mirantis Container Runtime 19.03 以降をインストールしておいてください。 Docker のインストールと構成の詳細は、「ArcGIS Notebook Server への Docker のインストール」をご参照ください。

Windows システムの前提条件と制約

Windows コンピューターに ArcGIS Notebook Server を配置する場合、考慮すべき前提条件と制約がいくつかあります。 Linux コンピューターに ArcGIS Notebook Server を配置する場合はこれらの前提条件と制約は適用されません。

  • ArcGIS Notebook Server の本番環境で Windows Server 2019 コンピューターを使用することをお勧めします。Windows 10 コンピューターは開発環境でのみサポートされています。
  • Windows Server 2019 に ArcGIS Notebook Server を配置する場合、Docker Desktop Community (バージョン 2.4.0.0 以降) を使用できます。 最新バージョンの Docker のドキュメントでは、システム要件に Windows Server 2019 について記載されていません。
  • ArcGIS Notebook Server 10.8.x では Windows Server 2016 をサポートしていません。
  • ArcGIS Notebook Server では Docker コンポーネントに Linux コンテナーを使用します。 Windows コンピューターでは、ArcGIS Notebook Server サイトのコンテナーは、Hyper-V 環境に含まれる MobyLinuxVM と呼ばれる Linux エミュレーター 内で管理されます。
  • ArcGIS Notebook Server を実行するには、Windows Server および Windows 10 上に Hyper-V ロールがすでにインストールされている必要があります。
  • 特定の仮想化環境では、Windows で Hyper-V を有効にして処理できません。 その結果、その環境では ArcGIS Notebook Server をインストールして処理することはできません。
  • ArcGIS Notebook Server 10.7.1 から複数コンピューターのサイトがサポートされるようになりました。 Docker では、Windows システムでのコンテナーへの共有ドライブのマウントをサポートしていないため、ワークスペース ディレクトリは各コンピューター上でローカルのままにしておく必要があります。 ユーザーは複数コンピューターのサイトの各コンピューターでコンテナーを起動してノートブックを開くことができるため、ワークスペース ディレクトリの内容を複数のコンピューター間で同期させる必要があります。 レプリケーション方法を 1 つ構成する手順については、「ArcGIS Notebook Server における DFS レプリケーションの構成」をご参照ください。