Skip To Content

Adding linear events by creating a starting station and then offset

Location Referencing ライセンスで利用可能です。

Using stationing to locate measures

Stationing is the fundamental system of measurement used for pipeline layout and construction. Stations are reference points that are placed along the horizontal measurement of a route centerline or a baseline at some regular interval. Generally, the distance between two adjoining stations along a route is 100 feet. The first station located at the beginning of the baseline is 0+00, and the next station located 100 feet from it is 1+00. Therefore, a station number of 10+34.05 denotes 1,034.05 feet (10*100 + 34.05) from the starting station.

Placement of stations along a centerline

The station numbers increase from west to east or south to north based on the cardinal direction of the overall pipeline. For pipeline projects, a starting reference station is first established; then all distances along the route centerline are measured from that point location. You can add event data to routes by entering station numbers in the Line Events tool interface. The station data is translated to routes and measures for storage.

You can use the stationing data as an input for adding linear events in the following three scenarios:

  • Create a starting or base station on the route and enter the station values as an offset from that station.
  • Identify a starting or base station on the route and enter the station values as an offset from that location.
  • Use the preexisting stations on the route to calculate or enter the measures in the form of station values.

Locating measures by creating a starting or base station on the route

You can use this method when no stations are present on the route. You'll create a starting or base station on the route and specify the stationing values for measures. The measures will be located at an offset from the starting station. As shown in the example below, a starting station (yellow star) is temporarily located, and a station value is provided. The event's start or end location is then identified using an offset distance (in station values) from the starting station. When the new linear events are created using this method, the stationing data is translated to routes and measures for storage.

Locating event's starting or ending point using the starting station and offset method

  1. ArcGIS Event Editor を開き、プロンプトが表示されたら Portal for ArcGISArcGIS Online にサイン インします。
  2. [編集] タブをクリックします。
  3. In the Edit Events group, click the Line Events button ライン イベント.
  4. [ネットワーク] ドロップダウン矢印をクリックし、新しいリニア イベントの入力メジャーを定義するためのソース リニア リファレンス方法 (LRM) として使用するネットワークを選択します。

    ネットワークは、Event Editor のレイヤーとして公開された LRS ネットワークです。 新しいリニア イベントの開始メジャーと終了メジャーを定義するための LRM として使用する、LRS ネットワークを指定できます。 Event Editor は、リニア イベント レイヤーが関連付けられているネットワークまたは LRM 以外のメジャー値も受け入れます。

    新しいイベントは、イベント ロケーションが交差する LRS ネットワークのルート (ルート ID) に関連付けられます。

  5. 次のいずれかのオプションを使用し、イベントを配置するライン フィーチャの名前を選択します。
    • ドロップダウン矢印をクリックし、[ライン名] テキスト ボックスのライン名を選択します。
    • [マップ上でラインを選択] ツール マップ上でルートを選択 をクリックし、マップからラインを選択します。
    ルート ID のオプション
    ヒント:

    選択されたラインがマップのアクティブ ビューにない場合は、[マップ上でラインの範囲にズームまたはラインの始点/終点を中央配置] ボタン マップ上でラインの範囲にズームまたはラインの始点/終点を中央配置 をクリックしてマップの表示を更新し、選択したラインの範囲全体を拡大します。

    ラインは明るい青色でハイライト表示されます。 端の矢印は、ラインのキャリブレーション方向を示します。

  6. In the From section, click the Method drop-down arrow and choose Starting station and offset.
    Choosing the starting station and offset method

    The Starting Station section appears.

    Using the starting station and offset method

  7. [開始測点] セクションの [測点][マップ上でロケーションを選択] ツール マップ上で位置を選択 をクリックし、マップのルート上の開始測点のロケーションを選択します。
    ヒント:

    開始測点のロケーションは、調査情報またはエンジニアリング図を含む DGN ファイルまたは DWG ファイルをマップに挿入することで確認することもできます。 [マップ] タブの [コンテンツ] グループで [データの追加] ボタンをクリックします。

    DGN または DWG データの追加の詳細

    • 黄色の星印が、マップのルート上の開始測点のロケーションを示します。
    • ロケーション情報に相当するリニア リファレンス方法 (LRM) のメジャーが [測点] フィールドに表示されます。 たとえば、LRM がマイルポイントである場合、そのロケーションのマイル数が表示されます。
    • [ルート名] テキスト ボックスが [始点] セクションに入力されます。

  8. 開始測点の測点値を入力します。
  9. ドロップダウン矢印をクリックし、測点値の単位を選択します。
  10. [方向] ドロップダウン矢印をクリックし、方向を選択します。

    この選択肢は、ルートのキャリブレーション方向と比較して、測点値がルートに沿って増加する方向を示します。

  11. In the From section, provide the station number to allot the From measure for the event using one of the following options:
    • Click the Select a Location on the Map tool マップ上で位置を選択, and click a location on the selected route. The station number is derived from the route.
    • Type the station number.

    The From measure location will be placed at an offset from the starting station.

    A green cross symbol appears at the selected location on the map.

  12. In the To section, click the Method drop-down arrow and choose an offset method.

    You can use separate methods to locate the From and To measures of the events. For example, by locating the To measure of the event using an intersection offset as shown in Step 6.

    A red cross symbol appears at the selected location on the map.

  13. 次のいずれかの操作を実行し、イベントの開始日を定義する日付を選択します。
    • [開始日] テキスト ボックスに開始日を入力します。
    • [開始日] ドロップダウン矢印をクリックし、開始日を選択します。

    開始日のデフォルト設定は当日の日付ですが、日付ピッカーを使用して別の日付を選択することもできます。 終了日は任意です。指定しなければ、イベントはこれから将来にわたって有効であり続けます。

  14. 次のいずれかの操作を実行し、イベントの終了日を定義する日付を選択します。
    • [終了日] テキスト ボックスに終了日を入力します。
    • [終了日] ドロップダウン矢印をクリックし、終了日を選択します。
  15. リニア イベントでルートを特徴付ける際に入力エラーを回避するために、次のデータ整合チェックオプションの中から選択します。
    • [オーバーラップの廃止] - 既存イベントのメジャー値と開始日および終了日をシステムが調整し、新しいイベントによって、時間とメジャー値のオーバーラップが発生しないようにします。
      オーバーラップの廃止の振舞い
    • [一致イベントのマージ] - 新しいイベントのすべての属性値が既存のイベントと完全に一致し、かつ、新しいイベントのメジャー値が既存イベントのメジャー値と隣接しているかオーバーラップしている場合、新しいイベントは既存のイベントにマージされ、メジャーの範囲はそれに応じて拡大されます。
      一致イベントのマージの振舞い
    • [ルート上にないメジャーを使用しない] - このデータ整合チェック オプションを使用すると、開始メジャー値と終了メジャー値の入力メジャー値が、選択されたルートの最小メジャー値と最大メジャー値の範囲内にあることが保証されます。
  16. [次へ] をクリックします。

    イベントの属性セットを示すタブが表示されます。

    属性セット
    注意:

    チェックボックスを使用し、属性セットの特定のイベントのデータを追加します。 オンになっていないイベントには、レコードは追加されません。

  17. 次のオプションを使用し、新しいイベントの属性情報を選択します。
    • 属性セットによって定義されたテーブルに、新しいイベントの属性情報を入力します。
    • [属性値をコピー] ボタン 属性値をコピー をクリックし、マップ上のルートをクリックして、別のルートのイベント属性をコピーします。

    Event Editor では、[編集] タブで設定されたデフォルト属性セットを使用します。 属性セットを変更してカスタム属性セットを作成したり、管理者が構成した属性セットを使用したりできます。

    注意:

    コード値、範囲ドメイン、サブタイプは、属性値テーブルのフィールドに対して構成されている場合にサポートされます。

  18. Use the following options to access more information on the attribute set:
    • Check the Show network name check box to show the LRS Network associated with the selected event layer.
    • The list of attributes in the tables defined by attribute sets can be from more than one event layer. If you want to identify the source event layer for each attribute, check the Show layer names check box.
    • Checking the Go to the next measure upon save check box results in prepopulating the From measure value using the To measure value of the present section to continue the event creation process.
  19. [保存] をクリックします。

    新しいリニア イベントが作成され、マップに表示されます。 新しいライン イベントが保存されると、右下に確認メッセージが表示されます。

リニア イベントが正常に作成されると、次の 2 通りの方法でルートの特徴付けを行えます。

  • [新しい編集] をクリックして、ウィジェットのすべての入力内容を消去し、ジオデータベースからテーブルにデフォルト値を復元します。
  • [次の編集] をクリックして、ウィジェットと属性セットの既存の入力をすべて維持し、同様の特徴の素早い編集と利便性を確保します。

関連トピック