Skip To Content

フィーチャの結合 (Join Features)

フィーチャの結合 (Join Features) [フィーチャの結合 (Join Features)] ツールは、空間、時系列、および属性リレーションシップ (またはその組み合わせ) に基づいて、一方のレイヤーまたはテーブルから他方のレイヤーまたはテーブルに属性を転送します。必要に応じて、結合されたフィーチャの統計情報も計算できます。

ワークフロー図

[フィーチャの結合] のワークフロー図

解析での使用 GeoAnalytics Tools

GeoAnalytics Tools を使用した解析は、複数の ArcGIS GeoAnalytics Server コンピューターやコアにまたがる分散型処理を使用して実施されます。GeoAnalytics ToolsArcGIS Enterprise の標準的なフィーチャ解析ツールは、異なるパラメーターと機能を持ちます。これらの相違点については、「フィーチャ解析ツールの相違点」をご参照ください。

あるアナリストは都市全体の犯罪データを持っています。これらの犯罪の影響を解析および調査するために、アナリストは犯罪の発生場所と都市のさまざまな管轄区域 (学区、警察の巡回区域、近隣地区など) との関係を理解する必要があります。[フィーチャの結合 (Join Features)] ツールを使用することで、場所に関する詳細情報を各犯罪に紐付けて、さまざまな管轄区域への影響を詳細に調査および解析できます。

ヒント:

ポータルが ArcGIS Living Atlas コンテンツを使用するように構成されている場合は、人口データを含む州および郡の ArcGIS Living Atlas レイヤーを使用して、人口データを犯罪データに結合させることができます。

使用上の注意

[フィーチャの結合 (Join Features)] ツールは、一方のレイヤーから他方のレイヤーに情報を移したり追加できるように設計されています。転送される情報は、定義された空間リレーションシップ、定義された時系列リレーションシップ、2 つのデータセット間で共有されている共通の属性、またはその 3 つの組み合わせに基づいています。

フィーチャを結合する際は、空間リレーションシップ時系列リレーションシップ、属性リレーションシップ、またはこれら 3 つの組み合わせに基づいてフィーチャを結合できます。

オプション説明

空間リレーションシップの選択 [空間リレーションシップの選択]

フィーチャが互いに結合しているかどうかを判断する空間リレーションシップ。使用可能なリレーションシップは、結合されるレイヤーのジオメトリのタイプ (ポイント、ライン、エリア) によって決まります。使用可能な空間リレーションシップを次に示します。

  • 交差する
  • ターゲットと結合の期間が等しい
  • 平面近接 - 平面距離を使用します。
  • 測地線近接 - 測地距離を使用します。
  • 含む
  • 含まれる
  • 接する
  • 横切る
  • 重複する

時系列リレーションシップの選択 [時系列リレーションシップの選択]

フィーチャが互いに結合しているかどうかを判断する時系列リレーションシップ。使用可能なリレーションシップは、結合されるレイヤーの時系列のタイプ (インスタントまたは間隔) によって決まります。使用可能な時系列リレーションシップを次に示します。

  • 接続する
  • 接続される
  • 重複する
  • 重複される
  • ターゲットの期間が結合の期間内にある
  • 含む
  • ターゲットと結合の期間が等しい
  • 終了する
  • 終了される
  • 開始する
  • 開始される
  • 交差する
  • 近接
  • 近接 (前)
  • 近接 (後)

照合するフィールドの選択 [照合するフィールドの選択]

フィーチャが互いに結合しているかどうかを判断する属性リレーションシップ。フィーチャは、結合レイヤーのフィールド値がターゲット レイヤーのフィールド値に等しい場合に一致します。

同じターゲット フィーチャを持つ複数のフィーチャが存在する場合、すべての一致するフィーチャを個別に結合するかどうか ([1 対多の結合])、または一致するすべてのフィーチャをまとめて結合するかどうか ([1 対 1 の結合]) を決定できます。

  • [1 対 1 の結合] - このオプションを選択すると、一致する結合フィーチャがすべて、ターゲット レイヤーの各フィーチャに集約されます。一致するフィーチャがあるフィーチャのみが、集約と出力に含まれます。結合されたフィーチャの個数は、合計、最小、最大、範囲、平均、分散、標準偏差などの他の統計情報とともに追加されます。
  • 1 対多の結合 - このオプションを選択すると、一致するフィーチャがすべてターゲット レイヤーに結合されます。結果レイヤーには、ターゲット フィーチャの複数レコードが含まれます。

1 対多の結合と 1 対 1 の結合の例
1 対多の結合と 1 対 1 の結合の例。この例では、1 対 1 の結合に個数だけが含まれています。計算可能な追加の統計情報を次に示します。

必要に応じて、フィーチャを結合するための条件式を作成できます。条件式を指定すると、条件を満たすフィーチャのみが使用されます。たとえば、条件式 $target["Magnitude"] > $join["Explosion"] を使用して、Explosion というフィールドを含む結合フィーチャより大きい場合のみ、Magnitude フィールドからターゲット フィーチャを結合できます。[フィーチャの結合 (Join Features)] における Arcade 条件式の詳細

[現在のマップ範囲を使用] がオンの場合、現在のマップ範囲に表示されるフィーチャだけが解析されます。オフの場合、ターゲット レイヤーと結合レイヤーのすべてのフィーチャが、現在のマップ範囲内になくても解析されます。

制限事項

[1 対 1 の結合] 操作が指定されている場合のみ、要約統計量が計算されます。

[フィーチャの結合 (Join Features)] ツールの詳細

演算

[1 対 1 の結合] 操作で使用されている指定の空間、時系列、または属性リレーションシップを満たしているフィーチャに限り、統計情報が計算されます。数値統計情報と文字列統計情報を計算できます。デフォルトでは、すべての統計情報が計算されます。上記の画像では、以下のテーブルに示す Type フィールドの値 [Apartments] に関して、Occupants フィールドで数値の統計情報が計算され、Building_Name フィールドで文字列統計情報が計算されています。

数値の統計情報タイプがアパートの入室者の結果

個数

次の個数:

[130, 8, 250] = 3

合計

130 + 8 + 250 = 388

最小

次のうちの最小値:

[130, 8, 250] = 8

最大

次のうちの最大値:

[130, 8, 250] = 250

平均

388/3 = 129.333

分散

= 14641.33

標準偏差

= 121.0014

文字列の統計情報タイプがアパートの入室者の結果

個数

["Silverbirch Estates", "Pine Ridge", "Lake View"] = 3

任意

= "Pine Ridge"

注意:

計数統計 (文字列フィールドと数値フィールド) は、非 NULL の値を数えます。[0, 1, 10, 5, null, 6] = 5 の個数。[Primary, Primary, Secondary, null] = 3 の個数。

ArcGIS API for Python の例

[フィーチャの結合] ツールは ArcGIS API for Python で使用できます。

この例では、落雷が原因の可能性がある州の停電を検索します。 このツールは、落雷後 30 分以内かつ 20 マイル以内で発生した停電をすべて返します。

# Import the required ArcGIS API for Python modules
import arcgis
from arcgis.gis import GIS
from arcgis.geoanalytics import summarize_data

# Connect to your ArcGIS Enterprise portal and confirm that GeoAnalytics is supported
portal = GIS("https://myportal.domain.com/portal", "gis_publisher", "my_password", verify_cert=False)
if not portal.geoanalytics.is_supported():
    print("Quitting, GeoAnalytics is not supported")
    exit(1)   

# Find the big data file share dataset you'll use for analysis
search_result = portal.content.search("", "Big Data File Share")

# Look through the search results for a big data file share with the matching name
bdfs_search = next(x for x in search_result if x.title == "bigDataFileShares_NaturalDisaters")

# Look through the big data file share for lightning
lightning = next(x for x in bdfs_search.layers if x.properties.name == "Lightning")

# Find a feature layer named "PowerOutages" in your ArcGIS Enterprise portal
outages_search_result = portal.content.search("PowerOutages", "Feature Layer")
outages_layer = outages_search_result[0].layers[0]

# Set the tool environment settings
arcgis.env.verbose = True
arcgis.env.defaultAggregations = True

# Run the Join Features tool
output = summarize_data.join_features(target_layer = outages_layer, 
                                      join_layer = lightning, 
                                      join_operation = "JoinOneToMany", 
                                      spatial_relationship = "Near", 
                                      spatial_near_distance = 20,  
                                      spatial_near_distance_unit = "Miles", 
                                      temporal_relationship = "NearAfter", 
                                      temporal_near_distance = 30, 
                                      temporal_near_distance_unit = "Minutes", 
                                      output_name = "LightningOutages")

# Visualize the tool results if you are running Python in a Jupyter Notebook
processed_map = portal.map('yourState', 10)
processed_map.add_layer(output)
processed_map

類似のツール

[フィーチャの結合 (Join Features)] を使用して、空間および属性リレーションシップに基づき、一方のレイヤーまたはテーブルから他方のレイヤーまたはテーブルに属性を転送します。

Map Viewer解析ツール

[ポイントの集約] ツールを使用し、ポイントをエリアに集約します。

ArcGIS Desktop 解析ツール

[フィーチャの結合 (Join Features)] では、[空間結合 (Spatial Join)] ツール、[テーブルの結合 (Add Join)] ツール、および [要約統計量 (Summary Statistics)] ツールの機能を実行できます。

GeoAnalytics Tools の [Join Features (フィーチャの結合)] は ArcGIS Pro で実行できます。