Skip To Content

別のコンピューターへの ArcGIS Data Store インストールの移動

コンピューターをデータ ストアに追加して古いコンピューターを廃止することによって、ArcGIS Data Store インストールをあるコンピューターから別のコンピューターに移動することができます。 データ ストアの移動は、より最新、より高速、またはより大容量のコンピューター上でデータ ストアを使用したい場合に有効です。

以下の手順に従う前に、移動する ArcGIS Data Store タイプの完全バックアップを作成します。

以下の手順では、各コンピューターにデータ ストアが 1 種類だけ存在することを前提にしています。

1 台のコンピューターでのデータ ストアの移動

リレーショナル データ ストア、タイル キャッシュ (プライマリ/スタンバイ モード) または時空間ビッグ データ ストアに 1 台のコンピューターしか参加していない場合は、次の手順に従ってデータ ストアを新しいコンピューターに移します。

  1. 新しいコンピューターに ArcGIS Data Store をインストールします。
  2. 既存のデータ ストアに新しいコンピューターを追加します。
  3. 次のステップは、移動するデータ ストアのタイプに応じて変わります。
  4. プライマリ/スタンバイ モードで実行しているリレーショナル データ ストア、またはタイル キャッシュ データ ストアの場合、以下の手順に従って、新しいスタンバイ コンピューターをプライマリ コンピューターに昇格します。

    古いプライマリ コンピューターが、スタンバイ コンピューターになります。 その後、スタンバイ コンピューターをデータ ストアから削除できます。

    1. プライマリ コンピューターのすべてのデータがスタンバイ コンピューターに複製された後に、ArcGIS Server 管理者として、ホスティング サーバーの ArcGIS Server REST API サイトにサイン インします。
    2. [data] > [items] > [enterpriseDatabases] > [<データ ストア名>] > [machines] > [<スタンバイ コンピューター名>] の順に選択して [makePrimary] をクリックします。

      これによって、追加したスタンバイ コンピューターが、プライマリ コンピューターとして機能するように昇格されます。 新しいプライマリ コンピューターがオンラインになった時点で、元のプライマリ コンピューターがスタンバイ コンピューターになります。

    3. ポータル内のホスト フィーチャ レイヤーとホスト シーン レイヤーにアクセスし、それらがまだ適切に機能していることを確認します。
    4. ArcGIS Server REST API の remove コマンドを使用して、古いプライマリ コンピューターをデータ ストアから削除します。 [data] > [items] > [enterpriseDatabases] > [<データ ストア名>] > [machines] > [<元のプライマリ コンピューターの名前>] の順に選択して [remove] をクリックします。
  5. 時空間ビッグ データ ストアの場合、すべてのデータが古いコンピューターから新しいコンピューターに複製されるまで待ちます。 完了したら、時空間ビッグ データ ストアにアクセスする Web レイヤーをテストしてこれらが機能することを確認してから、以下の説明に従って、データ ストアから古いコンピューターを削除します。
    1. ビッグ データ ストア コンピューターのうちの 1 つで、コマンド ウィンドウを開きます。
    2. removemachine ユーティリティを実行して、古いコンピューターをデータ ストアから削除します。
  6. データ ストアから削除したコンピューターから ArcGIS Data Store をアンインストールします。

2 台のコンピューターでのリレーショナル データ ストア、またはタイル キャッシュ データ ストアの移動

プライマリ/スタンバイ モードを実行しているリレーショナル データ ストア、またはタイル キャッシュ データ ストアにプライマリ コンピューターとスタンバイ コンピューターがあり、両方のコンピューターを置き換える場合は以下を実行します。

  1. 2 台の新しいコンピューター上に ArcGIS Data Store をインストールします。ただし、構成はまだ行いません。
  2. removemachine ユーティリティを実行して、既存のスタンバイ コンピューターをデータ ストアから削除します。
  3. 既存のリレーショナル データ ストアまたはタイル キャッシュ データ ストアに新しい 1 台のコンピューターをスタンバイとして追加します。
  4. プライマリ コンピューター内のすべての Web レイヤー データをスタンバイ コンピューターに複製したら、ArcGIS Server REST API サイトの makePrimary コマンドを使用して、スタンバイ コンピューターをプライマリ コンピューターに昇格させます。
    1. ホスティング サーバーの ArcGIS Server REST API サイトに、ArcGIS Server 管理者としてサイン インします。
    2. [data] > [items] > [enterpriseDatabases] > [<データ ストア名>] > [machines] > [<スタンバイ コンピューター名>] の順に選択して [makePrimary] をクリックします。

    新しいプライマリ コンピューターがオンラインになった時点で、元のプライマリ コンピューターがスタンバイ コンピューターになります。

  5. ポータル内のレイヤーにアクセスし、それらがまだ適切に機能していることを確認します。
  6. ArcGIS Server REST API サイトの remove コマンドを使用して、このスタンバイ コンピューター (古いプライマリ コンピューター) をデータ ストアから削除します。

    [data] > [items] > [enterpriseDatabases] > [<データ ストア名>] > [machines] > [<元のプライマリ コンピューターの名前>] の順に選択して [remove] をクリックします。

  7. データ ストアから削除したコンピューターから ArcGIS Data Store をアンインストールします。
  8. データストアに 2 台目のコンピューターをスタンバイとして追加します。

複数コンピューターの時空間ビッグ データ ストア内のコンピューターの移動

複数コンピューターの時空間ビッグ データ ストア内の 2 台以上のコンピューターを置き換えるには、置き換えるコンピューターごとに新しいコンピューターを追加します。 時空間ビッグ データ ストアがデータを新しいコンピューターに複製するのが完了した後に、廃止するコンピューターを 1 つずつ削除します。

注意:
次のコンピューターを削除する前に、時空間ビッグ データ ストアがコンピューター間でコンテンツのバランスを調整する間、待つ必要があります。

  1. 新しい各コンピューターに ArcGIS Data Store をインストールします。
  2. 既存の時空間ビッグ データ ストアに 1 台または複数の新しいコンピューターを追加します。
  3. 時空間ビッグ データ ストアがデータを新しいコンピューターに複製するのが完了した後に、ポータル内の Web レイヤーをテストしてそれらが機能していることを確認します。
  4. 時空間ビッグ データ ストアからコンピューターを削除します。

    removemachine ユーティリティ、または ArcGIS Server REST API サイトの remove コマンドを使用できます。

  5. 残りのコンピューター間でデータのバランスが再調整されたら、該当する場合、次のコンピューターを削除することができます。
  6. データ ストアから削除した各コンピューターから ArcGIS Data Store をアンインストールします。