Skip To Content

マップの構成

デフォルトの管理者および正しい権限を持つ管理者は、組織サイトでマップ、シーン、アプリを作成するために使用するベースマップおよびテンプレートを選択することができます。また、デフォルトのベースマップ、範囲、および単位を設定し、Bing Maps を使用する場合は Bing Maps キーの設定も行います。

  1. デフォルトの管理者または組織の Web サイトを管理するための管理権限を持つカスタム ロールとしてサイン インしていることを確認します。
  2. サイトの上部にある [組織] をクリックして、[設定] をクリックします。
  3. ページの左側にある [マップ] をクリックします。
  4. 以下のマップ設定のうちのいずれかを構成します。
  5. [保存] をクリックして、変更した内容を保存します。

ベースマップ ギャラリー

Map ViewerScene Viewer、および組織のアプリ用に [ベースマップ ギャラリー] を構成するには、複数のオプションがあります。

備考:

ベースマップを Scene Viewer のベースマップ ギャラリーに表示するには、ベースマップが Scene Viewer のタイル スキーマ要件を満たしている必要があります。

次のオプションのいずれかを選択します。

  • Esri のデフォルト ベクター ベースマップ - ドロップダウン メニューから [デフォルト] を選択し、[サポートされている ArcGIS アプリで Esri のベクター ベースマップを使用します。] ボックスをオンにします。
  • Esri のデフォルト ラスター ベースマップ - ドロップダウン メニューから [デフォルト] を選択し、[サポートされている ArcGIS アプリで Esri のベクター ベースマップを使用します。] ボックスをオフにします。
  • カスタム ベースマップ ギャラリー グループのベースマップ - 作成したベースマップ ギャラリー グループのベースマップのみを使用するには、ドロップダウン メニューからグループを選択し、[[保存] をクリックすると、Esri デフォルト ベースマップをこのグループで共有します。] ボックスをオフにします。ギャラリーでベースマップを並べ替える方法を変更するには、[並べ替え] ドロップダウン リストからフィールドを選択します。ベースマップの順序を変更するには、[昇順] ボックスをオンまたはオフにします。並べ替えフィールドや順序を設定で変更した場合、グループ ページや埋め込まれたギャラリーまたはギャラリー アプリ上のアイテムも変更されます。
  • Esri のデフォルト ラスター ベースマップまたはデフォルト ベクター ベースマップと、カスタム ベースマップ ギャラリーのベースマップ - 事前に定義されたベースマップ ギャラリー グループを選択する場合は、[[保存] をクリックすると、Esri デフォルト ベースマップをこのグループで共有します。] ボックスをオンにして、[ラスター ベースマップ] または [ベクター ベースマップ] のいずれかが含まれるように選択できます。グループに Esri のベースマップが含まれるようにした場合も、グループでの並べ替えや順序の変更が可能です。並べ替えフィールドや順序を設定で変更した場合は、グループ ページ、埋め込まれたギャラリー、およびギャラリー アプリにあるアイテムも変更されます。

    その他の Esri のデフォルト ベースマップを (サイトの更新後などに) 追加するには、このチェックボックスをもう一度オンにして、設定を保存します。Esri のデフォルト ベースマップを削除するには、ベースマップ ギャラリー グループを開いて、不要になったアイテムを削除します。

[保存] をクリックして、[ベースマップ ギャラリー] 設定を適用します。

デフォルト ベースマップと範囲

ベースマップ ギャラリーの設定でカスタム ベースマップ グループを選択した場合、そのグループの中から、ユーザーが Map Viewer で新規マップを作成したり、Scene Viewerで新規シーンを作成したりするときに開くベースマップを選択します。ベースマップ ギャラリーとして [Esri デフォルト] を選択した場合は、新規マップとシーンでデフォルトの Esri ベースマップが開きます。

備考:

Scene Viewerでは、サポート対象の指定されたデフォルト ベースマップのみが使用されます。

設定したデフォルトの範囲で、デフォルト ベースマップが開きます。デフォルトの範囲を、現在選択しているデフォルト ベースマップの範囲に設定するには、[マップ表示範囲をデフォルトとして使用] をクリックします。別の範囲を設定するには、[デフォルトの表示範囲] セクションで [範囲の選択] をクリックして、数値を入力するか、範囲を描画します。特定の場所や住所を検索できるように、ロケーターが含まれています。

Bing Maps

組織がマップで Bing Maps を使用する場合に、Microsoft から入手した Bing Maps キーを入力します。

このオプションを有効にした場合、組織サイトのメンバーには Web からレイヤーを追加するときのオプションとして Bing が表示されます。

組織サイトのメンバーがパブリックに共有されたマップで Bing キーを使用できるようにするには、チェックボックスをオンにします (Bing キーがパブリックに公開されます)。このオプションは、組織サイトが ([セキュリティ] セクションで) サイトへの匿名アクセスを許可している場合のみ表示されます。 匿名アクセスを無効にした場合、パブリック ユーザーは Bing Maps を使用したマップを表示できなくなります。Bing Maps を使用したマップへのパブリック アクセスを再び有効化するには、匿名アクセスを再びオンにし、パブリックに共有されたマップで Bing キーを使用できるようにするオプションを再びオンにする必要があります。

ArcGIS Enterprise での Bing Maps の使用方法について質問がある場合は、アカウント管理者または各地域の Esri 製品販売代理店にお問い合わせください。

テンプレート

テンプレート ギャラリーで使用するアプリ テンプレートを含むグループを選択します。

オンにすると、お使いの言語に対する現在の Esri のデフォルト テンプレートをグループに追加できます。その他の Esri のデフォルト テンプレートを (サイトの更新後などに) 追加するには、このチェックボックスをもう一度オンにして、設定を保存します。また、アイテムをグループで共有することで、デフォルト セットに含まれていないその他の Esri のパブリック テンプレート (廃止されたテンプレートなど) を追加することもできます。グループに追加したテンプレートを削除するには、グループを開いて、不要になったアイテムを削除します。

ギャラリーでアプリを並べ替える方法を変更するには、[並べ替え] の横にあるドロップダウン メニューからフィールドを選択します。アプリの順序を変更するには、[昇順] の横にあるチェックボックスをオンまたはオフにします。並べ替えフィールドや順序を設定で変更した場合、グループ ページおよびアプリ上のアイテムも変更されます。

ヒント:

アプリ テンプレートには、アプリ テンプレートのソース コードと、Web ブラウザーで表示できるプレビュー バージョンを含むダウンロード可能な ZIP ファイルが格納されています。ZIP ファイルをダウンロードし、テンプレートをカスタマイズして、独自の Web サーバーに配置します。また、カスタマイズされたテンプレートを、構成された Web マッピング アプリケーション アイテムとしてポータルに追加してソース コードをアイテムに添付すると、他のユーザーがテンプレートを検索し、使用できるようになります。その後、カスタマイズされたテンプレートを [構成可能なアプリ] グループとして指定したグループと共有すると、そのカスタマイズ テンプレートは、構成可能なアプリ ギャラリーのオプションとして他のポータル メンバーにも表示されます。

Web スタイル

Scene Viewerで使用するシンボルを含むグループを選択します。ArcGIS Pro ユーザーは、このグループでアイテムを共有できます。ユーザーは、Scene Viewer のシンボル ギャラリーでポイントをシンボル設定した場合に、これらのシンボルにアクセスすることができます。

Units

マップ縮尺記号、計測ツール、ルート案内および解析のデフォルト単位として、[米国規格] または [メートル法] を選択します。[米国規格] では、単位がマイル、フィート、インチに設定されます。[メートル法] では、単位がキロメートル、メートル、センチメートルに設定されます。メンバーは、表示される単位をプロファイル ページで設定できます。

解析レイヤー

デフォルトでは、ポータルに特定の解析レイヤー セットが構成されていません。ポータル管理者は、Map Viewerの標準のフィーチャ、ラスター、GeoAnalytics ツールでの使用に適していると判断した特定のレイヤー グループを、ポータル メンバーに案内することができます。これを行うには、[解析レイヤー] のグループを選択します。詳細については、「解析レイヤーの構成」をご参照ください。

[解析レイヤー] グループを指定しなくても、ポータル メンバーは [レイヤーの参照] オプションを使用して、ポータルでアクセスできる任意のレイヤーに対して解析を実行できます。ポータル メンバーは、[レイヤーの参照] オプションを使用して、ビッグ データ解析ツールでビッグ データ ファイル共有にアクセスする必要があることに注意してください。

関連トピック