Skip To Content

ユーティリティ サービスの構成

デフォルトの管理者および正しい権限を持つ管理者は、各種デフォルトのサービスを使用して印刷、ジオコード、幾何学的な計算、空間解析、ルート検索を実行するようにポータルを構成できます。これらはユーティリティ サービスと呼ばれます。これらのサービスの詳細については、「ユーティリティ サービスについて」をご参照ください。

ポータルのユーティリティ サービスを構成する方法は、サービスと、サービスの提供元によって異なります。

ユーティリティ サービスの種類

次のリンクをたどると、ポータルで使用可能なユーティリティ サービスの説明が現れます。どのユーティリティ サービスを使うか決まったら、実際にポータルで使えるよう構成する手順の説明に進んでください。

印刷

次のタイプの印刷サービスをポータルに追加することができます。

10.3.1 以降、ポータル用のホスティング サーバーを指定すると、ホスティング サーバーの印刷サービスがポータル上で自動的に起動し、構成されるようになりました。ただし、ポータル上で実際に使うためには、印刷サービスを組織と共有する必要があります。10.3 より前の Portal for ArcGIS で印刷サービスを構成した後、ポータルをアップグレードしてからホスティング サーバーを指定した場合、その時点で URL は更新されません。

印刷サービスをポータルに構成する場合は、サービスのタスク名を REST URL に追加する必要があります。たとえば、ArcGIS Server のデフォルト PrintingTools サービスには /Export%20Web%20Map%20Task、カスタム印刷サービスには /Export%20Web%20Map を追加します。URL は次のようになります。

  • ArcGIS Server 事前に構成された印刷サービス: https://webadaptorhost.domain.com/webadaptorname/rest/services/Utilities/PrintingTools/GPServer/Export%20Web%20Map%20Task
  • カスタム ArcGIS Server 印刷サービス: https://webadaptorhost.domain.com/webadaptorname/rest/services/folder/servicename/GPServer/TaskName

非同期の印刷サービスはサポートされていません。

ジオコーディング

ポータルでは複数のジオコーディング サービスを構成できます。次の種類のジオコーディング サービスがサポートされています。

ArcGIS World Geocoding Service は、デフォルトでは、ジオコーディング ユーティリティ サービスとして構成されます。住所テーブルをジオコードする場合は、次のいずれかを追加ジオコーディング ユーティリティ サービスとして構成します。

  • [バッチ ジオコーディング] 操作が有効化された ArcGIS Server ジオコーディング サービス。

    ArcGIS Server からのジオコーディング サービスの URL の形式は、https://webadaptorhost.domain.com/webadaptorname/rest/services/folder/servicename/GeocodeServer となります。

  • ArcGIS Online からの Esri World Batch Geocoder。

    Esri World Batch Geocoder をジオコーディング ユーティリティ サービスとして構成するには、[ArcGIS Online] タブに移動して、[ユーティリティ サービスの構成] の下にある [ジオコード] チェックボックスをオンにします。入力する ArcGIS Online 認証情報には、ArcGIS Online でジオコードするための権限が必要で、このサービスを使用すると ArcGIS Online クレジットが消費されることに注意してください。

ロケーターは、マップ上の住所や場所の検索および特定に使用されます。ポータルのメンバーがアクセスできるロケーターを指定できます。ロケーターを追加するには、ユーザー独自のロケーターの URL を参照するか、ポータルの既存のロケーター アイテムをポイントします。

備考:

ArcGIS World Geocoding Service に加えて 1 つ以上のロケーター ビューを指定した場合は、位置を検索するときにいくつもの一致候補が表示されることがあります。公開およびジオサーチの操作が最適に実施されるようにするには、ポータル向けにロケーターを構成するときに適宜、バッチ ジオコーディングとジオサーチを構成します。

ロケーターを追加するには、次の手順に従います。

  1. デフォルトの管理者またはユーティリティ サービスを管理するための管理権限を持つカスタム ロールとしてサイン インしていることを確認します。
  2. サイトの上部にある [組織] をクリックして、[設定] をクリックします。
  3. ページの左側にある [ユーティリティ サービス] をクリックします。
  4. [ジオコーディング] セクションで、[ロケーターの追加] をクリックし、次のいずれかを実行します。
    • [URL から] を選択し、ロケーターの URL を入力します (例: https://webadaptorhost.domain.com/webadaptorname/rest/services/World/GeocodeServer)。
    • [既存のロケーターから] を選択し、必要なロケーター アイテムを選択します。組織または一般ユーザーと共有されているロケーターのみを選択できます。
  5. [ロケーター名] に、サイトのロケーターのドロップダウン メニューに表示する名前を入力します (例: Map Viewer)。
    ヒント:

    ロケーターにはわかりやすい名前を付けてください (たとえば、「レストランのロケーター」)。

  6. [プレースホルダー テキスト] に、サイトの入力ボックスに表示されるヒントを入力します。
    ヒント:

    ヒントをできるだけわかりやすくします (たとえば、「レストラン名を入力してください」)。

  7. ジオサーチやバッチ ジオコーディングを許可するには該当するチェックボックスをオンにします。
  8. バッチ ジオコーディングのスレッド数を構成して [OK] をクリックし、変更内容を保存します。この数は、サービスに使用できるインスタンスの数より小さい必要があります。公開されたジオコーディング サービスのインスタンスの数を調整するには、ArcGIS Server Manager に移動します。バッチ ジオコーディングのスレッド数を構成するオプションは、Esri World Batch Geocoder やロケーター ビューでは使用できません。バッチ ジオコーディングのスレッドの詳細については、「ポータルでのバッチ ジオコーディングのベスト プラクティス」をご参照ください。
  9. このプロセスを繰り返して、その他のロケーターを追加します。
  10. ロケーターは、次の方法で管理できます。
    • 既存のロケーターを編集するには、ロケーターの横の編集ボタン 編集 をクリックし、更新します。[OK] をクリックして変更内容を保存します。
    • 既存のロケーターを削除するには、ロケーターの横にある削除ボタン 削除 をクリックします。
    • サイトでジオサーチ ドロップダウン リストに表示されるロケーターの順序を並べ替えるには、ロケーターの横にある上向きまたは下向き矢印をクリックします。
  11. [保存] をクリックします。
ヒント:

ロケーターをデフォルトのロケーターにリセットするには、URL を削除して [保存] をクリックします。ページを更新すると、デフォルト URL が表示されます。今後、ポータルがロケーター アイテムを削除する必要がある場合は、削除する前に、リストからそのアイテムを削除する必要があります。

ジオメトリ

次のタイプのジオメトリ サービスをポータルに追加することができます。

すべての ArcGIS Server サイトに含まれる、事前に構成されたジオメトリ サービスが、デフォルトで停止します。この URL (https://webadaptorhost.domain.com/webadaptorname/rest/services/Utilities/Geometry/GeometryServer の形式) にアクセスする前に、サービスを明示的に開始する必要があります。

カスタム ArcGIS Server ジオメトリ サービス URL の形式は https://gisserver.domain.com:6443/arcgis/rest/services/folder/servicename/GeometryServer です。

ルート案内とルート検索

次のタイプのルート案内およびルート検索サービスをポータルに追加することができます。

  • ArcGIS Online 上の Esri ネットワーク ユーティリティ サービス。このサービスを利用するためには、対応するクレジットを持つ、ArcGIS Online組織アカウントの認証情報が必要です。次のサービスがあります。
    • ルート検索
    • 最寄り施設の検出
    • 最寄り施設の検出 (非同期)
    • 到達圏
    • 新規到達圏 (非同期)
    • 配車ルート (VRP)
    • 配車ルート (VRP) (非同期)
    • ロケーション-アロケーション
    • ルート検索ユーティリティ
    • ルート検索ユーティリティ (非同期)
    • 交通情報
  • オフライン環境に限定されたポータル用の、独自のネットワーク ユーティリティ サービス。手順については、こちらの配置ステップをご参照ください。

ジオエンリッチメント

Esri GeoEnrichment Service を ArcGIS Online からポータルに追加できます。このサービスを利用するためには、対応するクレジットを持つ、ArcGIS Online組織アカウントの認証情報が必要です。

Business Analyst Web アプリは、ジオエンリッチメントを Enterprise ポータルのユーティリティ サービスとして強化し、サイト、レポート、インフォグラフィックスなどの作成機能を提供します。ジオエンリッチメントの機能が Business Analyst Server に加わりました。ポータル内で、以下の手順で構成できます。

  1. デフォルトの管理者またはユーティリティ サービスを管理するための管理権限を持つカスタム ロールとしてサイン インしていることを確認します。
  2. サイトの上部にある [組織] をクリックして、[設定] をクリックします。
  3. ページの左側にある [ユーティリティ サービス] をクリックします。
  4. ジオエンリッチメント サービスの URL (たとえば、https://webadaptor.domain.com/arcgis/rest/services/DefaultMap/geoenrichmentserver) を入力します。
  5. [保存] をクリックします。
備考:

Business Analyst Server に含まれるオフライン データは、米国のみの分析位置に関連付けられたデータを使用した ジオエンリッチメント をサポートします。世界のデータのサポートには、Esri サービスの契約が必要です。

オルソマッピング標高

このサービスは、初期画像コレクションの作成から、ブロック調整および最終的なプロダクトの作成まで、Ortho Maker Web アプリによって使用されます。Ortho Maker ユーザーは、ポータルがインターネットに接続されていないか、解像度の高いデータをアプリで使用したい場合、オルソマッピング標高サービスを公開し、そのサービス URL をここに追加することができます。独自のオルソマッピング標高サービスが存在せず、ポータルのユーザーがインターネットにアクセスできる場合は、Esri オルソマッピング標高サービスを ArcGIS Online から追加します。

高度

ポータルの標高サービスには、解析用の標高ユーティリティ サービスと、Scene Viewerで使用される標高サービスの 2 種類があります。

解析については、ArcGIS Onlineから Esri World Elevation Service をポータルに追加できます。このサービスを使用するには、ArcGIS Online 組織アカウントの認証情報を入力する必要があります。または、ポータルがインターネット接続されていない場合に使用するカスタム標高ユーティリティ サービスを構成することもできます。

Scene Viewerにおいて、ポータルがインターネットに接続されていない、またはScene Viewerの標高サービスで高解像度データを使用する場合は、標高サービスを公開し、ポータルの Elevation3D Service 設定を更新します。

水文解析

Esri Hydrology Service を ArcGIS Online からポータルに追加できます。このサービスを使用するには、ArcGIS Online 組織アカウントの認証情報を入力する必要があります。

ポータルを使用したユーティリティ サービスの構成

ユーティリティ サービスの構成方法は、サービスの提供元によって異なります。ポータルのユーティリティ サービスとして構成するサービスの、提供元に応じた指示に従ってください。

備考:

ポータルがユーティリティ サービスに HTTPS でアクセスするとしても、ユーティリティ サービスが動作する ArcGIS Server サイトが、自己署名証明書、あるいは内部の認証局が発行した証明書を使っているならば、ポータルに対して、当該証明書を信頼するよう構成する必要があります。この手順については、 「証明機関の証明書を信頼するようにポータルを構成する」をご参照ください。

フェデレーション サーバーからのサービスの場合

  1. ポータルとフェデレートしている ArcGIS Server サイト上で、ユーティリティ サービスとして構成するサービスを開始します。これには、管理者権限を持つポータル メンバー アカウントで ArcGIS Server Manager にログインします。通常、ArcGIS Server Manager は、https://gisserver.domain.com:6443/arcgis/manager といった URL から使用できます。ArcGIS Server の事前に構成されている印刷およびジオメトリ サービスは、デフォルトでは停止しています。
  2. デフォルトの管理者またはユーティリティ サービスを管理するための管理権限を持つカスタム ロールとしてサイン インしていることを確認します。
  3. コンテンツ ページの [マイ コンテンツ] タブをクリックします。
  4. ユーティリティ サービスとして構成するサービスの名前をクリックして、アイテムの詳細ページを開きます。
  5. [概要] タブの [共有] をクリックし、このサービスに誰がアクセスできるか、を指定します。

    サービスの共有方法は、サービスが提供する機能を誰が必要としているか、によって異なります。たとえば、ポータルに接続しているすべての利用者にサムネイルを表示して、その利用者がマップを印刷できるようにしたい場合、[すべての人に公開] を指定して印刷サービスを共有します。ポータルのメンバーには位置のジオコーディングを許可したいが、匿名ユーザーにはこれを実行させたくない場合、ポータル組織を指定してジオコード サービスを共有します。GeoEnrichment を必要とする解析ツールを、特定グループに属するメンバーしか使えないよう制限したい場合は、GeoEnrichment サービスを当該グループとのみ共有してください。

  6. [OK] をクリックして、[共有] 設定を適用します。
  7. [概要] タブの下部にある URL をコピーします。
  8. ポータル Web サイトの [組織] ページを開き、[設定] タブをクリックします。
  9. [ユーティリティ サービス] をクリックします。
  10. 必要なユーティリティ サービス フィールドにサービスの URL を貼り付けます。サービスが印刷サービスかルート検索サービスであれば、サービスにタスク名を付加してください。詳細は、各ユーティリティ サービスのセクションをご参照ください。
  11. [保存] をクリックします。

フェデレーション サーバーからのサービスではなく、認証情報が必要な場合

  1. デフォルトの管理者またはユーティリティ サービスを管理するための管理権限を持つカスタム ロールとしてサイン インしていることを確認します。
  2. コンテンツ ページの [マイ コンテンツ] タブをクリックします。
  3. [アイテムの追加] > [Web 上] の順にクリックします。
  4. [Web 上のアイテムを追加] ダイアログ ボックスで [ArcGIS Server Web サービス] オプションを選択し、サービスの URL を指定します。
  5. これはセキュリティ保護されたサービスなので、アクセスするためには認証情報が必要です。サービスにアクセスするための有効なユーザー名とパスワードを入力し、[サービスのアイテムと一緒に認証情報を保存します。認証のプロンプトは表示されません。] を選択して、認証情報を保存します。
  6. サービスのタイトルとタグを入力し、[アイテムの追加] をクリックします。

    アイテムの詳細ページが表示されます。

  7. [概要] タブで、[共有] をクリックし、サービスに誰がアクセスできるかを指定します。

    サービスの共有方法は、サービスが提供する機能を誰が必要としているか、によって異なります。たとえば、ポータルに接続しているすべての利用者にサムネイルを表示して、その利用者がマップを印刷できるようにしたい場合、[すべての人に公開] を指定して印刷サービスを共有します。ポータルのメンバーには位置のジオコーディングを許可したいが、匿名ユーザーにはこれを実行させたくない場合、ポータル組織を指定してジオコード サービスを共有します。GeoEnrichment を必要とする解析ツールを、特定グループに属するメンバーしか使えないよう制限したい場合は、GeoEnrichment サービスを当該グループとのみ共有してください。

  8. [OK] をクリックして、[共有] 設定を適用します。
  9. [概要] タブの下部にある URL をコピーします。
  10. ポータル Web サイトの [組織] ページを開き、[設定] タブをクリックします。
  11. [ユーティリティ サービス] をクリックします。
  12. 必要なユーティリティ サービス フィールドにサービスの URL を貼り付けます。サービスが印刷サービスかルート検索サービスであれば、サービスにタスク名を付加してください。詳細は、各ユーティリティ サービスのセクションをご参照ください。
  13. [保存] をクリックします。

フェデレーション サーバーからのサービスではなく、認証情報が必要ない場合

  1. デフォルトの管理者またはユーティリティ サービスを管理するための管理権限を持つカスタム ロールとしてサイン インしていることを確認します。
  2. サイトの上部にある [組織] をクリックして、[設定] をクリックします。
  3. [ユーティリティ サービス] をクリックします。
  4. 必要なユーティリティ サービス フィールドにサービスの URL を貼り付けます。サービスが印刷サービスかルート検索サービスであれば、サービスにタスク名を付加してください。詳細は、各ユーティリティ サービスのセクションをご参照ください。
  5. [保存] をクリックします。
  6. これらの手順を必要に応じて繰り返し、他のサービスをユーティリティ サービスとして構成します。
ヒント:

ユーティリティ サービスをデフォルトの URL にリセットするには、構成した各ユーティリティ サービスの URL を削除して、[保存] をクリックします。[ユーティリティ サービス] ページに戻ると、URL がデフォルトにリセットされます。