Skip To Content

既存の登録済みデータ ストア用のデータ ストア アイテムの作成

公開者と管理者は ArcGIS Enterprise ポータルを介してフェデレーション サーバーに特定のタイプのユーザー管理データ ストアを追加できるようになりました。ただし、データ ストア アイテムを追加するワークフローは、新しく追加されたデータ ストアでのみサポートされます。

フェデレーション サーバーに、ArcGIS Server ManagerArcGIS Pro 2.4 以前、または ArcMap を使用して登録されたデータベースまたはファイル共有のデータ ストアがある場合、ポータル管理者はこれらの既存のデータ ストアのデータ ストア アイテムを作成できます。

登録済みデータ ストアのデータ ストア アイテムを作成すると、そのデータ ストアは、アイテムが共有されているポータル ユーザーのみが使用できるようになります。たとえば、ArcGIS Server を使用している ArcGIS Server Manager サイトに登録されたファイル共有は、そのファイル共有にアクセスできるユーザーなら誰でも使用できます。ファイル共有のデータ ストア アイテムを作成したら、そのアイテムをポータル グループ、組織全体、またはパブリックに共有し、データ ストア アイテムの所有者とポータル管理者以外のユーザーでも使用できるようにする必要があります。

データ ストア アイテムの作成

ポータルのフェデレートされた ArcGIS Server サイトのうちの 1 つに登録されたデータベースまたはファイル共有のデータ ストアのデータ ストア アイテムをポータルに作成するには、ArcGIS Server Manager でアイテムを作成します。

  1. フェデレートされたサイトの ArcGIS Server Manager にサイン インします。
  2. [サイト] > [データ ストア] の順に選択します。
  3. データ ストアの横にある [アイテムの作成] ボタン アイテムの作成 をクリックします。

    *.sde ファイルから登録されたデータベースのみから、データ ストア アイテムを作成できます。*.odc ファイルから作成されたアイテムはサポートされていません。

  4. フェデレーション サーバーに登録されたデータ ストアのデータ ストア アイテムを作成することの意味を要約する情報を読み取ります。ポータル アイテムの作成を続行する場合は、[アイテムの作成] をクリックします。

    このデータ ストアのデータ ストア アイテムは、ArcGIS Server サイトがフェデレートされているポータルに作成されます。あなたはデータ ストア アイテムを作成したため、そのデータ ストア アイテムを所有しており、あなたのアカウントが、現在、そのデータ ストア アイテムにアクセスできる唯一のアカウントです。

  5. 既存の公開者がこの登録済みデータ ストアを使用し続けることができるようにするには、そのデータ ストアを共有する必要があります。[アイテムの作成] ボタンが、[共有プロパティ] ボタン 共有プロパティ に変更されています。このボタンをクリックして、[共有プロパティ] ダイアログ ボックスを開きます。
  6. データ ストア アイテムにアクセスできるユーザーを選択します。ほとんどの場合、公開者のグループで共有するでしょう。そのようなグループが存在しない場合は、ポータルにグループを作成し、適切なメンバーを招待する必要があります。
    • データ ストア アイテムにアクセスさせたいメンバーを含むグループの横にあるチェックボックスをオンにします。
    • すべてのポータル メンバーにアクセス権限を付与する場合は、ポータル名の横にあるチェックボックスをオンにします。
    • ポータルにアクセスできるすべてのユーザーがこのデータ ストアにアクセスできるようにする場合は、[すべての人に公開 (パブリック)] の横にあるチェックボックスをオンにします。
  7. [保存] をクリックし、データ ストア アイテムを共有します。

これでポータルが、フェデレーション サーバーに登録されたデータ ストア アイテムを含むようになりました。データ ストアが 1 つのフェデレーション サーバーのみに登録されている場合、最初に登録したユーザーによって所有されるように、ここでそのデータ ストアの所有権を変更できます。

ただし、データ ストアが複数のフェデレーション サーバーに登録されており、同じデータストア名を使用して登録されている場合、データ ストア アイテムの所有権を変更する前に、次のセクションの手順を実行して、他のフェデレーション サーバーをデータ ストア アイテムに関連付けます。

追加のフェデレーション サーバーの関連付け

データ ストアが複数のフェデレーション サーバーに登録されており、データ ストアを登録するユーザーが、各 ArcGIS Server サイトに登録するときに同じ名前をデータ ストアに使用した場合、データ ストア アイテムを追加のフェデレーション サーバーにバインドする必要があります。

備考:

データ ストア アイテムを他のフェデレーション サーバーにバインドできるのは、データ ストアがすでにそれらのフェデレーション サーバーに登録されている状態で、登録済みデータ ストアの名前がすべてのフェデレーション サーバーで同一、かつデータ ストアが同じデータ ソースの場所にアクセスしている場合のみです。

データ ストアがこれらの基準を満たしている場合、次の手順に従って、データ ストア アイテムを他のフェデレーション サーバーに関連付ける必要があります。フェデレーション サーバーをデータ ストア アイテムに追加するために、新しいデータ ストア アイテムの [設定] タブを使用しないでください。それを行うと、重複するデータ ストアが他のフェデレーション サーバー上に作成されます。詳細については、「ArcGIS Enterprise でのユーザー管理データ ストア」をご参照ください。

フェデレーション サーバーのうちの 1 つからデータ ストア アイテムを作成した後に、追加のフェデレーション サーバーごとに次の手順を実行します。

  1. ポータル管理者としてPortal for ArcGIS REST エンドポイントにサイン インします。

    サイン インすると、ログイン用の [Users] ページが開きます。

  2. データ ストア アイテム ID と、データ ストア アイテムにアクセスするフェデレーション サーバーの ID が必要です。これらの ID を取得するには、次の手順を実行します。
    1. [Users] ページの下部にスクロールして、[User Content] をクリックします。
    2. [User Content] リストで、前のセクションで作成したデータ ストア アイテムを検索します。ユーザー フォルダーにデータ ストア アイテムを作成した場合は、[Items] リストに表示されます。サブフォルダーに作成した場合は、[Folders] リストに表示されます。
    3. アイテム名をクリックして [ID] をコピーし、必要なときに再度コピーできるように、テキスト エディターなどに貼り付けます。
    4. [Home] > [Portals] > [Self] の順に移動して、ページの下部にスクロールします。
    5. [Child Resources] リストの [Servers] リンクをクリックします。
    6. データ ストア アイテムに関連付けるフェデレーション サーバーの [Server Id] をコピーし、必要なときに再度コピーできるように、テキスト エディターなどに貼り付けます。他のフェデレーション サーバーをデータ ストア アイテムに関連付ける場合は、それらの [Server Id] もコピーして、アクセスできる場所に保存します。
  3. これで、他のフェデレーション サーバーをデータ ストア アイテムに関連付けることができます。
  4. [Home] > [Portals] > [Self] の順に移動して、ページの下部にスクロールします。
  5. [Supported Operations] リストの [Datastores] をクリックします。
  6. [Add to Server] をクリックします。
  7. データ ストア アイテム ID を [DatastoreId] フィールドに貼り付けます。
  8. フェデレーション サーバーの ID を [ServerId] フィールドに貼り付けます。
  9. [Bind to existing server data store] の横にある [True] をクリックし、[Add data store to server] をクリックします。
  10. データ ストア アイテムに追加でバインドする各フェデレーション サーバーに対して、ステップ 7 および 8 を繰り返します。

これでデータ ストア アイテムが、バインドしたすべてのフェデレーション サーバーに関連付けられました。必要に応じて、最初に登録したユーザーによって所有されるように、データ ストア アイテムの所有権を変更できます。