Skip To Content

ArcGIS Enterprise のバックアップ

ArcGIS Enterprise 配置のバックアップを作成し、障害または破損時に最新のバックアップを復元できます。この操作により、バックアップ作成時のポータル アイテム、サービス、データを復旧することができます。

ユーザーがある程度のダウンタイムやデータ損失に対応でき、組織において可用性の高い配置にインフラストラクチャやリソースを投じることができない場合は、バックアップを復元して配置を復旧することをお勧めします。

他の障害復旧戦略を取り入れている場合でも、バックアップを作成しておくことができます。主要な戦略に問題が起きても、配置を復旧する方法を確保しておくことができます。

たとえば、複製された配置を保持しており、プライマリ配置と複製された配置に同時に障害が発生しても (停電した建物内に両方の配置が収容されている場合など)、バックアップから復旧できます。

バックアップされる情報

webgisdr ユーティリティを使用し、ArcGIS Enterprise 配置の次のコンポーネントのバックアップ ファイルをエクスポートします。

  • ポータルのアイテムと設定
  • GIS サービスと設定
  • リレーショナル データ ストアおよびタイル キャッシュ データ ストア

完全バックアップの合間に増分バックアップを作成することができます。増分バックアップを作成すると、最後の完全バックアップ以降に加えられたすべての変更がバックアップ ファイルに保存されます。

webgisdr ユーティリティを使用して作成したバックアップに含まれないものを次に示します。

  • マップ サービス キャッシュ タイルおよびホスト タイル レイヤー キャッシュ - これらのどちらかを配置している場合は、キャッシュ タイルが格納されているすべてのディレクトリ (たとえば、arcgiscache または C:\arcgisserver\directories\ の下にある <ArcGIS Server installation directory>/arcgis/server/usr/directories ディレクトリ全体) のバックアップ コピーを作成します。これらのディレクトリには、キャッシュ タイルおよびタイル スキーマ ファイル conf.xml が含まれます。キャッシュ ディレクトリには、構築済みのタイルに関する情報を含む、ファイル ジオデータベースの status.gdb も格納できます。サイトを復元する場合は、この情報を元の arcgiscache ディレクトリに移動するかコピーします。
  • Web サービスの参照されているデータ ソース - ファイル ベースのデータ ソースの場合は、これらのファイルのバックアップ コピーを作成する必要があります。データベースに格納されているデータの場合は、データベース管理システムのツールを使用して、データベースのバックアップを作成します。
  • ビッグ データ ストアのバックアップ - ビッグ データ ストアをホスティング サーバーに登録している場合は、ArcGIS Data Storebackupdatastore ユーティリティを使用して、バックアップを作成します。

備考:

webgisdr ユーティリティを使用して増分バックアップを作成するには、特定時点への復元を有効化する必要があります。有効化しないと、ユーティリティは機能しません。

また、webgisdr ユーティリティには、ArcGIS Server Administrator Directory URL とプライマリ データ ストアを通じてホスティング サーバー サイト内の少なくとも 1 つのコンピューターにアクセスできるアクセス権が必要です。URL にアクセス可能かどうかを確認するには、webgisdr ユーティリティを実行するコンピューターのブラウザーから ArcGIS Server Administrator Directory を開きます。

10.4 以降では、webgisdr ユーティリティを実行するときに、ソースとターゲットの配置全体で同一である必要があるアイテムと設定のリストが短くなりました。最新バージョンの Portal for ArcGISArcGIS Server における変更の概要を以下の表に示します。

webgisdr ユーティリティを実行するとき、配置全体でこのアイテムまたは設定は同一である必要がありますか?

アイテムまたは設定10.4.x10.5.x、10.610.6.1、10.7.x、10.8

パブリック ポータル URL

Yes

Yes

Yes

フェデレーション サーバーのサービス URL

Yes

Yes

Yes

ArcGIS Data Store 以外の登録済みデータ ストア

Yes

Yes

Yes

ArcGIS Server のディレクトリ パス (例: arcgisjobs)

Yes

Yes

No

セキュリティ情報 (LDAP URL、プロキシ情報)

Yes

Yes

No

配置タイプ (単一コンピューターまたは高可用性)

Yes

No

No

プライベート ポータル URL

Yes

No

No

フェデレーション サーバーの管理 URL

Yes

No

No

コンピューター名

Yes

No

No

ポータル コンテンツ ディレクトリ

No

No

No

ArcGIS Server の構成ストア

No

No

No

ArcGIS Enterprise 配置のバックアップを作成する頻度

バックアップの作成頻度が多ければ多いほど、プライマリ配置に障害が発生した場合でも、失われるデータは少なくなります。ただし、継続的なバックアップ作成は現実的ではありません (不可能であることも珍しくありません)。配置のバックアップの作成頻度を決定する場合は、以下の点を考慮してください。

  • バックアップの作成には時間がかかります。コンテンツの量やサイズが大きくなればなるほど、バックアップ作成の時間も長くなります。この時間を短縮するには、完全バックアップの合間に増分バックアップを作成します。
  • バックアップ作成はネットワークに高い負荷をかける処理なので、ネットワークのパフォーマンスにも影響を及ぼすことがあります。ネットワーク上でトラフィックがほとんどない時間帯 (夜間など) に完全バックアップを実行し、日中のトラフィックの少ない時間帯 (従業員のランチタイムなど) に増分バックアップを実行することをお勧めします。Windows タスク スケジューラ内のスケジュールされたタスクとして webgisdr ツールを実行できます。また、ツールが実行されているコンピューターと ArcGIS Enterprise コンポーネントとの間で通信が行われていれば、ポータルがインストールされているコンピューターとは別のコンピューターにツールを移動し、そこから実行することも可能です。
  • バックアップ ファイルは圧縮されていますが、多くの保存容量が必要です。バックアップ ファイルを保存するには、安全なバックアップ場所に十分な容量を確保しておく必要があります。

バックアップ ファイルを保存する期間

バックアップ ファイルの保存期間は、空きディスク容量や、復元オプションでどの程度の柔軟性が求められるかによって異なります。最後の完全バックアップの前の時間に復元する必要がない場合は、最終完全バックアップと、それ以降に作成した増分バックアップを保持しておくことができます。

webgisdr ツールで作成された増分バックアップは累積的です。つまり、最終完全バックアップに最新の増分バックアップを適用することができます。したがって、少なくとも最終完全バックアップと、それ以降に作成された最新の増分バックアップを保持しておく必要があります。

また、古いバックアップをストレージ メディアなどの別の場所に移すこともできます。そうすると、最終完全バックアップの前に主なデータやサービスが削除されていても、ファイルは手元に残っています。

備考:

webgisdr ユーティリティには、バックアップの作成時の ArcGIS Enterprise コンポーネントのソフトウェア バージョンが記録されます。復元先の配置は、バックアップを作成した時点のバージョンにする必要があります。さらに、同じ種類のオペレーティング システムに復元する必要があります。たとえば、Linux 上の ArcGIS Enterprise 配置のバックアップを作成して、それを Windows コンピューターに復元することはできません。