Skip To Content

ユーザー タイプ、ロール、権限

組織は、マップ、シーン、アプリ、レイヤーなど、幅広い範囲の地理コンテンツを使用、作成、および共有できます。個々の組織のメンバーが持つアクセス権限とコンテンツ操作権限は、組織内でメンバーが持つ権限によって決まります。組織はユーザー タイプを使用して、ロールを通じてメンバーに割り当てることのできる権限の範囲を制御できます。

ユーザー タイプ

組織は、メンバーのニーズと要件に応じて、メンバーにユーザー タイプを割り当てます。メンバーは、組織サイトに追加されるときに、ユーザー タイプが割り当てられます。 ユーザー タイプにより、デフォルトまたはカスタム ロールを通じてメンバーに付与できる権限が決定されます。各ユーザー タイプには、特定のアプリおよびアプリ バンドルへのアクセス権も含まれています。

備考:

Portal for ArcGIS Web サイトでは、ユーザー タイプに関する最新の情報を提供しています。

以下のユーザー タイプがあります。

  • Viewer - Viewers は、他の ArcGIS ユーザーによって共有されているアイテムを表示できます。このユーザー タイプは、安全な環境で ArcGIS コンテンツを表示する必要のある組織のメンバーに対して有益です。Viewers は、アイテムおよびデータに対して、作成、編集、共有、解析の実行はできません。このユーザー タイプには Essential Apps Bundle が含まれています。
  • Editor - Editors は、他の ArcGIS ユーザーによって共有されている ArcGIS マップおよびアプリのデータを表示および編集できます。このユーザー タイプは、Web AppBuilder for ArcGIS などの ArcGIS Web アプリや構成可能なアプリを使用して、共有されているデータにアクセスしこれを編集する必要のあるユーザーに対して有益です。Editor ユーザー タイプは、顧客または Esri ビジネス パートナーが作成したカスタム編集アプリケーションでも使用できます。Editors は、アイテムおよびデータの解析、作成、共有はできません。このユーザー タイプには Essential Apps Bundle が含まれています。
  • Field Worker - Field Workers は、他の ArcGIS ユーザーによって共有されているデータを表示および編集できます。このユーザー タイプは、主に Esri フィールド アプリを使用して ArcGIS コンテンツを操作するユーザーに対して有益です。現場のユーザーは、Field Apps Bundle に含まれているアプリ (Collector for ArcGISSurvey123 for ArcGISWorkforce for ArcGIS) のいずれかを使用し、ArcGIS Enterprise から直接、データを表示および編集できます。 Field Workers は、アイテムおよびデータの解析、作成、共有はできません。このユーザー タイプには Essential Apps および Field Apps バンドルが含まれています。
  • Creator - Creators には、ViewerEditor、および Field Worker ユーザー タイプのすべての機能に加えて、コンテンツの作成、組織の管理、および Essential AppsField AppsOffice Apps で使用するコンテンツの共有を行う機能があります。Creator ユーザー タイプは、Web マップおよびアプリを作成し、ポータルの解析ツールを使用した詳細な空間解析を実行し、Collector for ArcGIS などのフィールド アプリを使用してデータを操作する必要のあるユーザーに適しています。 このユーザー タイプには Essential AppsField Apps、および Office Apps バンドルが含まれています。
  • GIS Professional - GIS Professionals には、Creator のすべての機能およびアプリ バンドルに加えて、ArcGIS Pro (Basic、Standard、または Advanced) へのアクセス権があります。このユーザー タイプは、Web マップおよびアプリの作成、解析ツールを使用した詳細な空間解析の実行、ArcGIS Pro の高度なツールの利用などの操作を実行するために GIS アプリのフル スイートを必要とするユーザーに適しています。GIS Professional ユーザー タイプは、次の 3 つのレベルで割り当てることができます。これらは ArcGIS Pro の 3 つのライセンス レベルに対応しています。
    • GIS Professional Basic - GIS Professional Basic ユーザー タイプには ArcGIS Pro Basic が含まれています。これは、マップの作成および対話形式の視覚化のためのツールと環境を提供します。
    • GIS Professional Standard - GIS Professional Standard ユーザー タイプには ArcGIS Pro Standard が含まれています。これは、マップの作成、対話形式の視覚化、マルチユーザー編集、および高度なデータ管理のためのツールと環境を提供します。
    • GIS Professional Advanced - GIS Professional Advanced ユーザー タイプには ArcGIS Pro Advanced が含まれています。これは、マップの作成、対話形式の視覚化、マルチユーザー編集、高度なデータ管理、高度な解析、ハイエンドのカートグラフィ、および大規模なデータベース管理のためのツールと環境を提供します。

    GIS Professional ユーザー タイプのすべてのレベルには、ArcGIS Pro 以外にも、アプリ バンドルのすべてのアプリへのアクセス権が含まれています。このユーザー タイプには、ArcMap とその他の ArcGIS Desktop 製品へのアクセス権は含まれていません。

  • Insights Analyst - Insights Analysts は、コンテンツの作成および共有、解析の実行などの、Insights for ArcGIS を使用するために必要な機能をすべて備えています。このユーザー タイプには Insights のライセンスが含まれています。このユーザー タイプは、Insights を主に日常的な作業で使用し、組織内の管理作業を実行する必要があることがあるが、他の ArcGIS アプリにアクセスする必要がないユーザー向けに設計されています。このユーザー タイプの詳細については、Insights ドキュメントの「ライセンス」をご参照ください。
備考:

割り当てられたユーザー タイプに設定されていないアプリは、必要に応じて、アドオン ライセンスとして特定メンバーにライセンス付与し割り当てることができます。たとえば、ArcGIS Business Analyst および Insights for ArcGIS を購入して、Creator または GIS Professional ユーザー タイプが付与されているメンバーに割り当てることができます。

ユーザー タイプの例

次の例は、組織でのユーザー タイプの適用方法を示しています。

  • Creator ユーザー タイプが割り当てられたコンテンツ作成者は、サイト選択アプリを作成し、組織内のユーザーのグループと共有できます。このアプリを使用すると、ユーザーは特定のサイトを選択したり、従業員しか利用できないサイトに関する属性情報を表示したりできます。Viewer ユーザー タイプが割り当てられたメンバーは、グループに加入して、アプリを表示および操作できます。
  • Editor ユーザー タイプが割り当てられたデータ編集者は、Crowdsource Manager 構成可能アプリを使用して、一般ユーザーが送信したデータを確認およびクリーンアップすることができます。データ編集者は、パブリック データのエントリを表示および更新して、公開および解析の準備をすることができます。
  • 林業の組織における GIS 専門家は、林業技術者が使用する樹木のインベントリ マップを担当します。この GIS 専門家には、GIS Professional Basic ユーザー タイプが割り当てられます。これにより、ArcGIS Pro を使用して、サブタイプやドメインを含む、複雑なデータ モデルを作成できます。次に、ArcGIS Enterprise にデータを公開し、林業技術者が Collector for ArcGIS で使用する Web マップを作成できます。 マップが作成されると、GIS 専門家は、Collector の機能をテストし、適切なグループと Web マップを共有できます。各林業技術者には、ArcGIS メンバー アカウントが付与され、Field Worker ユーザー タイプが割り当てられます。そこで、Collector にサイン インし、Web マップを検索し、必要に応じてデータを編集できます。

ロール

ロールは、メンバーに割り当てられた権限のセットを定義します。権限は、デフォルト ロールまたはカスタム ロールを使用して、メンバーに割り当てられます。メンバーは、組織サイトに追加されるときに、ロールが割り当てられます。

割り当てられたロールが不明の場合、またはロールの詳細情報が必要な場合は、プロフィールロール セクションにあるロール情報ボタンをクリックします。

備考:

メンバーが加入すると、管理者およびメンバー ロールの変更権限を持ったユーザーはロールを変更できます。管理者へのロールの変更または管理者からのロールの変更は、管理者のみが実行できます。

デフォルト ロール

ArcGIS Enterprise では、次のデフォルト ロールに対して権限セットが定義されています。

備考:

メンバーのユーザー タイプにより、メンバーに割り当てることができるデフォルトのロールが決定します。各ロールに対応するユーザー タイプは以下のとおりです。

  • [閲覧者] - 一般ユーザー、組織、またはメンバーが所属するグループと共有されたマップ、アプリ、シーン、レイヤーなどのアイテムを表示します。組織が所有するグループに加入します。CSV ファイル、テキスト ファイル、または GPX ファイルを Map Viewer にドラッグして、住所または場所名をジオコーディングします。Map Viewer およびアプリでルート案内を取得します。

    [閲覧者] ロールを割り当てられたメンバーは、コンテンツの作成、共有、および解析の実行はできません。[閲覧者] ロールはすべてのユーザー タイプに対応しています。

  • [データ編集者] - [閲覧者] の権限に加えて、他の ArcGIS ユーザーが共有するフィーチャを編集する機能があります。[データ編集者] ロールは Viewer を除くすべてのユーザー タイプに対応しています。
  • [ユーザー] -[データ編集者] の権限に加えて、他の ArcGIS ユーザーが共有するコンテンツを表示したり、組織サイトのマップ、アプリ、レイヤー、ツールを使用したり、メンバーにグループ内のすべてのアイテムの更新を許可するグループに加入したりする機能があります。また、[ユーザー] ロールが割り当てられたメンバーは、マップとアプリの作成、フィーチャの編集、ポータルへのアイテムの追加、コンテンツの共有、グループの作成も実行できます。[ユーザー] ロールは CreatorGIS Professional、および Insights Analyst ユーザー タイプに対応しています。
  • [公開者] - ユーザー権限に加えて、ホスト Web レイヤー、ArcGIS Server レイヤーの公開、データ ストアの登録、データ ストア アイテムからの公開、フィーチャおよびラスター解析の実行を行う機能があります。[公開者] ロールは CreatorGIS Professional、および Insights Analyst ユーザー タイプに対応しています。
  • [管理者] - [公開者] の権限に加えて、組織および他のユーザーを管理する権限を持ちます。

    組織には少なくとも 1 人の管理者が存在している必要がありますが、2 人をお勧めします。組織内で [管理者] ロールに割り当てることができるメンバーの数に制限はありません。ただし、セキュリティ上の理由から、このロールに関連する追加の権限が必要なメンバーだけにこのロールを割り当てる必要があります。[管理者] ロールは CreatorGIS Professional、および Insights Analyst ユーザー タイプに対応しています。

新しいメンバーに割り当てるデフォルト ロールを選択するには、[組織] > [設定] > [メンバー ロール] の順に選択し、[新しいメンバーのデフォルト ロール] ドロップダウン メニューからロールを選択します。[保存]をクリックして、新しい設定を適用します。

備考:

デフォルトのユーザー タイプが選択された後にのみ、デフォルト ロールを選択できます。選択したデフォルトのユーザー タイプに対応しているロールのみが、ドロップダウン メニューにリスト表示されます。

デフォルト ロールで使用できる権限を次の表に示します。

権限の概要デフォルト ロール

閲覧者

データ編集者

ユーザー

パブリッシャー

管理者

マップ、アプリ、およびシーンの使用

可

可

可

可

可

ジオサーチ (場所および住所の検索) の使用

可

可

可

可

可

ルート検索の使用およびルート案内の取得 (ポータルがネットワーク解析用に構成されていることが必要)

可

可

可可可

住所および場所名のジオコーディング

可

可

可可可

アイテムの更新機能が有効になっていないグループへの加入

可

可

可

可

可

フィーチャの編集

可

可

可

可

アイテムの更新機能を持つグループへの加入

可

可

可

グループの作成

可

可

可

アイテムの分類

可

可

可

コンテンツの作成

可

可

可

ポータル アイテムの共有

可

可

可

標準フィーチャ解析ツールの使用

可

可

GeoAnalytics ツール の使用 (ポータルが GeoAnalytics 用に構成されていることが必要)

可

可

raster analysis tools の使用 (ポータルが GeoAnalytics 用に構成されていることが必要)

可

可

ホスト Web レイヤーの公開

可

可

サーバーベース レイヤーの公開

可

可

シーンの公開

可

可

データ ストアからの一括公開

可

可

Web ツールの公開

可

ArcGIS Notebook の作成と編集

可

高度なノートブック

可

組織サイトのリソースの管理

可

Web サイトの構成

可

コラボレーションの管理

可

エンタープライズ ログインの設定

可

カスタム ロールの作成

可

管理者への、または管理者からのメンバー ロールの変更

可

組織サイトからデフォルト管理者ロールの他のメンバーを削除

可

メンバーが組織外で共有することを組織が許可していないときの、パブリックでのコンテンツの共有

可

メンバーがグループのすべてのアイテムを更新できるグループの作成と所有

可

ArcGIS Marketplace コンテンツの有効化 (サブスクリプションおよびプレミアム コンテンツへのアクセスには、組織アカウントが必要です)

可

他のユーザーの位置のトラックの表示

可

備考:

上記の権限のほとんどは、カスタム ロールの一部として割り当てることができます。ただし、一部の管理者権限は、デフォルトの管理者に制限されているため、カスタム ロールには使用できません。

備考:

ArcGIS Server をポータルとフェデレートしたら、サーバーへのすべてのアクセスは、ポータルのセキュリティ ストアによって制御されます。これは、便利なサイン イン操作を提供しますが、フェデレーション サーバーへのアクセスや管理に影響を与えます。たとえば、フェデレートすると、ArcGIS Server サービスで以前に構成したすべてのユーザー、ロール、および権限は利用できなくなります。代わりに、サービスへのアクセスは、ポータル メンバーのロールおよび共有権限によって決定されるようになります。フェデレーションがサイトに与える影響については、「フェデレーション サーバーの管理」をご参照ください。

カスタム ロール

カスタム ロールを作成して、組織のデフォルト ロールをより詳細な権限セットに調整することができます。たとえば、組織が、一部のメンバーにデフォルトの [公開者] と同じ権限を与えたいが、ジオエンリッチメントの使用は許可しないという場合があります。この場合、デフォルトの [公開者] ロールに基づいてカスタム ロールを作成し、ジオエンリッチメントの権限を無効にして、「ジオエンリッチメント権限を持たない公開者 (またはこれと同等)」のカスタム ロールにします。

デフォルトの管理者、または [メンバー ロール] 権限を持つカスタム管理者ロールを割り当てられたユーザーだけが、カスタム ロールを作成および変更できます。これらの管理者は、利用可能な一般権限と管理権限の組み合わせに基づいて、カスタム ロールを構成できます。カスタム ロールが作成されると、[ロールの変更] 権限を持つ組織メンバーは、ロールをメンバーに割り当てることができます。

備考:

また、(フィーチャ、タイル、またはシーンの) 公開権限を持つカスタム ロールを割り当てられているメンバーは、ポータルとフェデレートされているサーバー上で他のタイプの ArcGIS Server サービスを作成することもできます。この機能は、このようなワークフローを防止するために、今後のリリースで制限される可能性があります。ユーザーが ArcGIS Server サービスを公開する機能を必要とする場合は、ユーザーにデフォルトの [公開者] ロールを追加することをお勧めします。

10.7.1 では、ポータル設定を管理する管理者権限を含むカスタム ロールを作成できます。これにより、管理者は、デフォルトの管理者ロールで完全な権限をユーザーに付与することなく、特定の管理作業をユーザーに委任することができます。たとえば、[組織の Web サイト] 権限を含むカスタム ロールを付与されているユーザーは、セキュリティやサーバー設定の管理などの管理タスクを実行する権限はありませんが、ポータルの Web サイト設定を管理できます。

カスタム ロールを使用してメンバーに付与できる権限は、メンバーの割り当てられたユーザー タイプに関連付けられた権限を超えることはできません。たとえば、Viewer ユーザー タイプのメンバーに編集権限を持つロールを割り当てることはできません。

権限

組織のメンバーは、権限を利用して、組織内のさまざまなタスクおよびワークフローを実行できます。たとえば、コンテンツを作成および公開できる権限を持つメンバー、コンテンツの表示はできるが独自のコンテンツの作成はできない権限を持つメンバー、などがいます。

一般的な権限

組織サイト内で特定のタスク (例: マップの作成やフィーチャの編集) を実行するメンバーには、グループ、コンテンツおよびフィーチャの操作や共有に必要な一般的な権限を割り当てることができます。

一般的な権限

メンバー

ビュー

オンにすると、表示の権限により、ロールのメンバーが [組織] ページを表示できるようになります。オフにすると、メンバーはこのページを表示できません。

グループ

作成、更新、および削除

組織のグループへの加入

ポータルで共有するグループの表示

コンテンツ

作成、更新、および削除

ホスト フィーチャ レイヤーの公開

ホスト タイル レイヤーの公開

ホスト シーン レイヤーの公開

サーバーベース レイヤーの公開

組織で共有するコンテンツの表示

データ ストアの登録 (10.7.1 の新機能)

この権限により、ロールのメンバーは、データ ストア アイテムをポータルに追加できます。

データ ストアから一括してフィーチャ レイヤーを作成します (10.7.1 の新機能)

この権限により、データベース データ ストア アイテムの所有者は、データベースでアクセスできるすべてのフィーチャクラスおよびテーブルのフィーチャおよびマップ イメージ レイヤーを公開できます。

位置のトラックの表示

ノートブックの作成と編集

この権限により、ロール メンバーは、Standard ランタイムを使用して ArcGIS Notebooks を作成できます。

備考:

ノートブック作成者によって実行されるワークフローに応じて、追加の権限 (コンテンツの管理や特殊な解析ツールの実行など) が必要になることがあります。

共有

グループで共有

ポータルで共有

パブリックに共有

ポータルでグループを表示

パブリックでグループを表示

コンテンツと解析

ジオコーティング

ホスト フィーチャ レイヤーとして住所の ArcGIS World Geocoding Service ファイルを公開したり、住所の CSV ファイルをマップに追加したりする際に、Microsoft Excel を使用して、住所または場所をマップ ポイントに変換 (ジオコーディング) します (これは、組織サイトで構成されている独自のロケーターには適用されません)。

ネットワーク解析

ロールのメンバーは、到達圏レイヤーの作成などのネットワーク解析タスクを実行できます。

標準フィーチャ解析

ロールのメンバーは、バッファーの作成などの空間解析タスクを実行できます。

ジオエンリッチメント

この権限により、ロールのメンバーは、ジオエンリッチメント サービスを使用して人口統計情報にアクセスできます。

GeoAnalytics フィーチャ解析

この権限を持つロールのメンバーは、GeoAnalytics ツール を使用できます。

ラスター 解析

この権限を持つロールのメンバーは、ラスター解析ツールを使用できます。

高度なノートブック

この権限により、ロール メンバーは、Advanced ランタイムを使用して ArcGIS Notebooks を作成できます。

備考:

ノートブック作成者によって実行されるワークフローに応じて、追加の権限 (コンテンツの管理や特殊な解析ツールの実行など) が必要になることがあります。

機能

編集

この権限により、ロール メンバーは、レイヤーに対して設定された権限に基づいてフィーチャを編集できます。

フルコントロールによる編集

ホスト フィーチャ レイヤーでどのレベルの編集が有効になっているかに関係なく、この権限が付与されたロールのメンバーは、フィーチャの追加、更新、および削除ができます。

管理権限

以下に示す権限を使用すると、カスタム ロールで組織内のメンバー、グループ、コンテンツを管理して、デフォルト管理者を支援することができます。

管理権限

メンバー

すべてを表示: すべてのメンバー アカウント情報の表示

更新: メンバー アカウント情報の更新 (パスワードのリセットも含む)

削除: ポータルの組織からのメンバー アカウントの削除

追加: ポータルの組織へのメンバー アカウントの追加

無効化: メンバー アカウントの無効化

ロールの変更: ポータル メンバーに割り当てられたロールの変更

備考:

デフォルト管理者ロールのメンバーに限り、メンバーをデフォルト管理者ロールに追加したり、デフォルト管理者ロールから削除したりすることができます。

ライセンスの管理: ポータル メンバーのライセンスの管理

グループ

すべてを表示: ポータル メンバーが所有するグループの表示

更新: ポータル メンバーが所有するグループの更新

削除: ポータル メンバーが所有するグループの削除

所有権の再割り当て: グループの所有権の再割当て

メンバーの割り当て: グループへのメンバーの追加

エンタープライズ グループへのリンク: エンタープライズ グループへのグループのリンク

更新機能を付けて作成: アイテムの所有権や編集者の設定に関係なく、グループのすべてのメンバーがグループで共有されるすべてのアイテムを更新できるグループを作成します

コンテンツ

すべて表示: メンバーが所有しているコンテンツの表示

更新: メンバーが所有するコンテンツの更新

削除: メンバーが所有するコンテンツの削除

所有権の再割り当て: コンテンツの所有権の再割り当て

カテゴリの管理: 組織のコンテンツ カテゴリの構成

Web ツールの公開: ArcGIS Pro で作成された Web ツールのフェデレーション サーバーへの公開

ポータル設定

セキュリティおよびインフラストラクチャ: ポータルのセキュリティ設定の管理

組織の Web サイト: ポータルの Web サイト設定の管理

コラボレーション: ポータルのコラボレーションの管理

メンバー ロール: ポータルのメンバー ロールの管理

サーバー: ポータルのサーバー設定の管理

ユーティリティ サービス: ポータルのユーティリティ サービス設定の管理

デフォルト管理者用に予約されている権限

特定の管理権限は、デフォルト管理者用に予約されているため、カスタム ロールに使用できません。たとえば、組織サイトから他の管理者を削除できるのはデフォルト管理者のみです。以下は、デフォルト管理者用に予約されている権限の一覧です。

  • エンタープライズ ログインの設定
  • 管理者への、または管理者からのメンバー ロールの変更
  • 組織サイトからの他の管理者の削除
  • ユーザー タイプの変更
  • メンバーが組織外で共有することをサイト設定が許可していないときの、パブリックでの組織コンテンツの共有
  • 新しいライセンス ファイルのインポート

一般的なワークフローの権限

一部のワークフローでは、権限を組み合わせる必要があります。 自分のロールで実行できるはずの機能が実行できない場合は、管理者により、その機能に必要な一連の権限がすべて有効化されているかどうかを確認します。

ワークフロー必要な権限

標準フィーチャ解析ツールの使用

  • (コンテンツの) 作成、更新、および削除
  • ホスト フィーチャ レイヤーの公開
  • 標準フィーチャ解析
備考:

一部のツールでは、ジオエンリッチメントまたはネットワーク解析を使用するために、追加の権限が必要です。ツールごとの要件については、「解析の実行」をご参照ください。

GeoAnalytics ツール の使用

  • (コンテンツの) 作成、更新、および削除
  • ホスト フィーチャ レイヤーの公開
  • GeoAnalytics フィーチャ解析

ラスター解析ツールの使用

  • (コンテンツの) 作成、更新、および削除
  • ホスト フィーチャ レイヤーの公開
  • ラスター 解析

ホスト フィーチャ レイヤーまたは WFS レイヤーの公開

  • (コンテンツの) 作成、更新、および削除
  • ホスト フィーチャ レイヤーの公開

ホスト タイル レイヤーの公開

  • (コンテンツの) 作成、更新、および削除
  • ホスト タイル レイヤーの公開

ホスト シーン レイヤーの公開

  • (コンテンツの) 作成、更新、および削除
  • ホスト フィーチャ レイヤーの公開
  • ホスト シーン レイヤーの公開

Map Viewerまたはグループ ページからのアプリの公開

  • (コンテンツの) 作成、更新、および削除
  • グループでの共有、ポータルでの共有、またはパブリックでの共有

マップまたはグループの埋め込み

  • (コンテンツの) 作成、更新、および削除
  • パブリックに共有

ArcGIS Notebook の作成

  • (コンテンツの) 作成、更新、および削除
  • ホスト フィーチャ レイヤーの公開
  • ノートブックの作成と編集
  • 高度なノートブック (ノートブックで ArcPy を使用する場合に必須)

メンバーが所有するコンテンツの管理

  • すべての (メンバーの) 表示
  • すべての (コンテンツの) 表示
  • (コンテンツの) 更新
  • (コンテンツの) 削除
  • (コンテンツの) 所有権の再割り当て

メンバーが所有するグループの管理

  • すべての (メンバーの) 表示
  • すべての (グループの) 表示
  • (グループの) 更新
  • (グループの) 削除
  • (グループの) 所有権の再割り当て
  • (グループへの) メンバーの割り当て

メンバー プロフィールの管理

  • すべての (メンバーの) 表示
  • (メンバーの) 更新

ポータルのセキュリティおよびインフラストラクチャの管理

  • 表示 (メンバー)
  • 組織で共有するグループの表示 (グループ)
  • すべての (メンバーの) 表示
  • すべての (グループの) 表示
  • セキュリティおよびインフラストラクチャ (ポータル設定)

ポータルの Web サイト設定の管理

  • 表示 (メンバー)
  • 組織で共有するグループの表示 (グループ)
  • (コンテンツの) 作成、更新、および削除
  • 組織で共有するコンテンツの表示 (コンテンツ)
  • グループで共有 (共有)
  • ポータルで共有 (共有)
  • すべての人 (パブリック) に共有 (共有)
  • ポータルでグループを表示 (共有)
  • すべての人 (パブリック) へのグループの表示 (共有)
  • すべての (メンバーの) 表示
  • すべての (グループの) 表示
  • (グループの) 更新
  • すべての (コンテンツの) 表示
  • (コンテンツの) 更新
  • カテゴリの管理 (コンテンツ)
  • 組織の Web サイト (ポータル設定)

ポータルのコラボレーションの管理

  • 表示 (メンバー)
  • 作成、更新、削除 (グループ)
  • 組織で共有するグループの表示 (グループ)
  • (コンテンツの) 作成、更新、および削除
  • ホスト フィーチャ レイヤーの公開 (コンテンツ)
  • 組織で共有するコンテンツの表示 (コンテンツ)
  • グループで共有 (共有)
  • すべての (メンバーの) 表示
  • すべての (グループの) 表示
  • (グループの) 更新
  • すべての (コンテンツの) 表示
  • (コンテンツの) 更新
  • (コンテンツの) 削除
  • コラボレーション (ポータル設定)

ポータルのメンバー ロールの管理

  • 表示 (メンバー)
  • すべての (メンバーの) 表示
  • ロールの変更 (メンバー)
  • メンバー ロール (ポータル設定)

ポータルのサーバー設定の管理

  • 表示 (メンバー)
  • (コンテンツの) 作成、更新、および削除
  • サーバー (ポータル設定)
  • ユーティリティ サービス (ポータル設定)

ポータルのユーティリティ サービス設定の管理

  • 表示 (メンバー)
  • (コンテンツの) 作成、更新、および削除
  • ホスト フィーチャ レイヤーの公開 (コンテンツ)
  • ユーティリティ サービス (ポータル設定)

ホスト フィーチャ レイヤーが [フィーチャの属性のみを更新] または [新規フィーチャの追加のみ] に設定されている場合も含む、編集可能なホスト フィーチャ レイヤーでのフィーチャの追加、更新、および削除

  • フィーチャの編集
  • フルコントロールによる編集

このトピックの内容
  1. ユーザー タイプ
  2. ロール
  3. 権限