Skip To Content

ArcGIS Python API を使用したスクリプトの作成

ArcGIS API for Python を使用すると、ユーザーおよびグループの作成と管理、アイテムの公開と更新、サーバーの使用状況の監視、強力な視覚化とデータ解析の実行、アイテムの所有権の移動などの一般的な管理タスクを自動化できます。また、ポータル コンテンツのクローン化などの複雑なタスクもスクリプト化できます。

この API は、バッチ処理スクリプトだけでなく、Jupyter Notebook と呼ばれるブラウザーベースの対話型スクリプト環境でも使用できます。このノートブック環境では、コードの実行、ポータルのアイテム、ユーザー、およびグループの視覚化、Web レイヤー、マップ、およびシーンの対話的表示のためのインターフェイスが提供されます。

EsriArcGIS Enterprise には、Jupyter Notebook 環境が組み込まれています。10.7 で導入された ArcGIS NotebooksArcGIS Notebook Server でホスティングされており、コンテナーを使用して各ノートブック ユーザーのワークスペースを分離します。ArcGIS Notebooks では、ArcGIS API for Python と ArcPy を使用して、ポータル内のアイテムの操作、高度な空間解析の実行、およびデータ サイエンス ワークフローの構築を行うことができます。

ArcGIS Notebooks の詳細

この API は、簡単に習得し使用できるモデルとして構築されています。gis モジュールは、最初に使用するモジュールとして、ポータルにアクセスしポータルをプログラム化するための情報モデルを提供します。gis モジュールは、ユーザー、ユーザーのグループおよびアイテムを作成し管理する際に使用できるさまざまなクラスを提供します。features および raster モジュールを使用すると、フィーチャ レイヤーやラスター レイヤーにアクセスしたり、これらのレイヤーで解析を実行することができます。geoanalytics モジュールは、GeoAnalytics ツール の実行を可能にします。API のその他のモジュールおよびアーキテクチャの詳細については、「API の概要」をご参照ください。

始める

この API は、Python パッケージとして配布されており、conda を使用してインストールできます。conda は一般的な Python パッケージであり環境管理システムです。セットアップの手順については、「ArcGIS for Developers サイト」をご参照ください。

API を使用して実行できるタスクについては、次のノートブックの例をご参照ください。


このトピックの内容
  1. 始める