Skip To Content

Portal for ArcGIS のインストール

Portal for ArcGIS のインストール手順は次のとおりです。

備考:

10.8 にアップグレードする場合の詳細については、「Portal for ArcGIS のアップグレードについて」をご参照ください。

Portal for ArcGIS をインストールするための準備

  1. インストール環境が最小システム要件を満たしていることを確認します。
  2. 管理者権限を持つユーザーとしてコンピューターにログインします。
  3. Portal for ArcGIS で使用されるポート」の説明に従って、ポートを開きます。
  4. サーバー上の重要でないアプリケーションをすべて終了します。
  5. Portal for ArcGIS セットアップを含むダウンロード済みフォルダーを参照して選択するか、Portal for ArcGIS メディアを適切なドライブに挿入して、セットアップ プログラムを自動的に起動します。

これで、Portal for ArcGIS をインストールする準備が整いました。

Portal for ArcGIS のインストール

  1. Portal for ArcGIS のダウンロード フォルダーまたはセットアップ メディアから、セットアップ プログラムを実行し、[次へ] をクリックします。
  2. マスター契約書に目を通した上で内容に合意します。合意しない場合は、終了してください。[次へ] をクリックします。
  3. Portal for ArcGIS のインストール ディレクトリを指定します。Portal for ArcGIS のインストール ディレクトリは、ポータルのソフトウェア コンポーネント用です。[次へ] をクリックします。
  4. ポータルのコンテンツ ディレクトリを指定します。コンテンツ ディレクトリには、ポータルと一緒にインストールされたコンテンツと、ユーザーが作成したコンテンツが格納されています。
    • インストールが終了したら、Portal for ArcGIS の実行に使用するアカウントを変更することができます。アカウントと変更方法の詳細については、「Portal for ArcGIS アカウント」をご参照ください。
    • すでに Portal for ArcGIS がインストールされていて、それがローカル ディレクトリである場合、選択できるのは、その既存のコンテンツ ディレクトリのみです。既存のディレクトリが共有ネットワーク ロケーションにある場合、そのディレクトリをセットアップで指定することはできません。代わりに、インストールの完了後、既存のコンテンツ ディレクトリを使用するようにポータルを構成できます。詳細については、「ポータル コンテンツ ディレクトリの変更」をご参照ください。
  5. ポータル内のさまざまな機能を実行する際に Portal for ArcGIS で使用するアカウントを指定します。[アカウント名とパスワードを指定します][このセットアップを以前実行したときに生成されたアカウント情報の構成ファイルを指定します。] という 2 つのオプションを使用できます。

    • 1 つ目のオプション [アカウント名とパスワードを指定します] を選択すると、アカウント名とパスワードを直接指定できます。ローカル アカウント、ドメイン アカウント、または Managed Service アカウントを使用できます。指定したアカウントは、管理者グループの一員である必要はありませんので注意してください。Managed Service アカウントを使用する場合、アカウントはすでにコンピューター コンピューター用に構成されている必要があります。ローカル オペレーティング システム アカウントを使用する場合は、そのアカウントがまだ存在しないと、自動的に作成されます。デフォルトのアカウント名は、arcgis です。このアカウントのパスワード ポリシーは、Portal for ArcGIS セットアップではなく、お使いのオペレーティング システムと組織のセキュリティ ポリシーによって決定されます。詳細については、「Portal for ArcGIS アカウント」をご参照ください。

      備考:

      運用システムの場合は、ドメインまたはアクティブ ディレクトリにすでに存在するアカウントを指定し、組織のセキュリティ ポリシーに従うことを推奨します。インストール中にローカル アカウントが作成されるのは、Portal for ArcGIS のインストールを短縮するためです。

      ドメイン アカウントを指定する場合は、そのアカウントがドメインにすでに存在しており、mydomain\domainaccount の形式で入力する必要があります。

    • 以前に実行した Portal for ArcGIS セットアップで生成されたポータル構成ファイルがある場合は、[…構成ファイルを指定します。] オプションを選択します。ポータル構成ファイルの場所に移動します。Portal for ArcGIS アカウントに、構成ファイルに保存されたアカウント情報が自動的に設定されます。

  6. [次へ] > [インストール] の順にクリックします。
  7. インストールが完了したら、[完了] をクリックします。
  8. Scene Viewerの完全な 3D シンボル セットを使用する場合は、Web スタイル セットアップもインストールする必要があります。詳細については、「シーン ビューアーの要件」をご参照ください。

インストール中にエラーが発生した場合

インストール中にエラーが発生した場合は、問題のトラブルシューティングに役立つログを確認することができます。これを行うときは、最初に ArcGIS Portal Directory にアクセスできるかどうかを判断します。アクセスできる場合は、ログを検索してメッセージを確認します。アクセスできない場合は、ハードディスク上のログ メッセージを確認します。ハードディスク上のログにアクセスするには、ログのディレクトリを選択し、最新のログ ファイルを開きます (たとえば、C:\arcgisportal\logs\<machine name>\portal\portal-20150101.095803-8596-0.0.log)。必要な場合は、この情報を Esri Support と共有できます。

ポータル コンピューターに複数の NIC カードまたは DNS エントリが存在する場合

ArcGIS Enterprise は、複数のネットワーク インターフェイス コントローラー (NIC) カードまたはドメイン名システム (DNS) サーバーの複数のエントリ (レコードとも呼ばれる) が含まれているコンピューター上に配置できます。この条件を満たしたコンピューターに Portal for ArcGIS をインストールした場合は、ポータルがネットワーク通信に使用する IP アドレスまたはホスト名を識別できます。これを実行するには、既存のファイルを編集し、新しいファイルをポータルのインストール ディレクトリ (デフォルトでは C:\Program Files\ArcGIS\Portal) に追加します。

注意:

これらの手順は、最初の管理アカウントとポータル サイトを作成する前に、インストール後ただちに実行します。

  1. Portal for ArcGIS がインストールされているコンピューターにログインします。<Portal installation directory>\framework\etc フォルダーを参照します。このフォルダー内に「hostname.properties」という名前の新しいファイルを作成し、適切な権限を付与します。
  2. ファイルの最初の行にテキスト「hostname=interface.domain.com」を追加し、対象のインターフェイスの完全修飾ドメイン名を指定します。たとえば、2 枚の NIC カードまたは 2 つの DNS エントリ (1 および 2) を搭載したコンピューターがあり、これらのインターフェイスのドメイン名が P1.mycompany.com および P2.mycompany.com に解決されている際に、Portal for ArcGIS で 2 つ目のインターフェイスをネットワーク通信に使用する場合は、「hostname.properties」というテキストを hostname=P2.mycompany.com ファイルに追加します。
    備考:

    ホスト名が複数のインターフェイスで同一であるような場合も、ArcGIS Server でネットワーク通信に使用するインターフェイスの IP アドレスを指定する必要があります。構文は hostname=<IP address> です。

  3. 編集した hostname.properties ファイルを保存して閉じます。
  4. <Portal installation directory>\framework\runtime\ds\framework\etc フォルダーを参照し、hostidentifier.properties ファイルを検索します。
  5. テキスト エディターでファイルを開きます。# プロパティからコメント記号 hostidentifier を削除して、ポータルがネットワーク通信に使用する NIC カードまたは DNS エントリの IP アドレスにそのプロパティを設定します。たとえば、IP アドレスに 12.34.56.189 を指定するには、次のような行になります。
    hostidentifier=12.34.56.189
  6. hostidentifier.properties ファイルを保存して閉じます。
  7. Windows で Portal for ArcGIS サービスを再起動します。
    備考:

    ポータルを新しいバージョンにアップグレードすると、アップグレードによって、この hostidentifier.properties ファイルはデフォルトのコンテンツにリセットされます。アップグレード後は、適切な IP アドレスを追加し直す必要があります。

必要に応じて、手順に従って複数の NIC カードを搭載したコンピューターのその他の ArcGIS Enterprise ソフトウェア コンポーネントを以下のように構成します。