Skip To Content

ArcGIS Enterprise ポータルとは

ArcGIS Enterprise ポータルは ArcGIS Enterprise のコンポーネントで、これを使用すると、マップ、シーン、アプリ、その他の地理情報を組織内の他のユーザーと共有することができます。フロントエンドのポータルは、Portal for ArcGIS のバックエンドのインフラストラクチャに支えられています。組織が求める外観と操作に合わせてポータルをカスタマイズできます。

ArcGIS Enterprise ポータルは、ArcGIS プラットフォームにあるすべての地理情報を集約し、それを組織内で共有します。これを使用すると、次のことを実行できます。

  • Web マップおよびシーンの作成、保存、共有
  • Web マッピング アプリの作成とホスト
  • 組織サイト内の GIS コンテンツの検索
  • GIS 情報を同僚と共有するためのグループの作成
  • GIS アプリへのリンクの共有
  • ArcGIS Pro または ArcGIS Desktop で使用するマップおよびレイヤー パッケージの共有

ArcGIS Enterprise ポータルにより、すべての操作レベルのユーザーが GIS にアクセスできます。地理データ ビューアーは、GIS の初心者向けに設計されています。GIS の操作に慣れたユーザーは、ArcGIS ProArcGIS Desktop、開発者 API、その他のアプリケーションからポータルに接続できます。

ArcGIS Enterprise ポータルの構成内容

ArcGIS Enterprise ポータルには以下が含まれます。

  • ArcGIS Enterprise ポータル Web サイト - ポータルのフロントエンドで、ユーザーがコンテンツを検索、使用、共有するためにサイン インします。

  • Map Viewer - ポータル Web サイト内のこのアプリを使用すると、Web マップの表示、デザイン、および保存ができます。マップ ビューアーは、GIS の情報とサービスを組み合わせて、独自のマップを作成できるキャンバスと考えられます。ArcGIS Configurable Apps テンプレートや Web AppBuilder for ArcGIS を使用して、マップを保存したり、それらを他のユーザーと共有したり、作成したアプリに組み込んだりすることができます。

  • Web AppBuilder for ArcGIS- ポータル Web サイトには、Web マップから Web アプリケーションを設計したり、作成したりするための対話式の組み込みアプリケーションが含まれています。Web AppBuilder を使用して作成するアプリケーションは、プログラミングの知識を必要とせず、HTML ベースであるため、デスクトップ ブラウザー、タブレット、およびスマートフォンでプラグインなしで動作します。Web AppBuilder には、カスタマイズできるさまざまなテーマと、高画質印刷、ジオプロセシング、編集、検索などの高度な機能を提供するウィジェットが含まれています。詳細については、「Web AppBuilder for ArcGIS について」をご参照ください。

  • Activity Dashboard for ArcGIS - Web サイトには、アイテム、ユーザー、およびグループのさまざまな使用状況に関する統計情報をレポートする組み込みのアプリケーションが含まれています。ポータル管理者はこの情報を使用して、レポート、情報、組織サイトにおける活動の詳細を示す測定値を監視することができます。詳細については、「使用状況レポートについて」をご参照ください。

  • Scene Viewer - ArcGIS Enterprise ポータルで、シーン ビューアーは、3D 地理空間コンテンツの表示に使用されます。Scene Viewerは、3D グラフィックスを描画するための Web の技術標準である WebGL をサポートしているデスクトップ Web ブラウザーで動作します。

  • ArcGIS アプリ - ArcGIS Enterprise ポータルは、ポータルから Web マップおよびシーンを操作できるわかりやすいアプリケーションをサポートしています。ポータルで使用できるアプリケーションの完全なリストについては、「ArcGIS Enterprise の一般的なクライアント」をご参照ください。

  • ArcGIS Living Atlas of the World コンテンツ - デフォルトで、ポータルは Esri が提供する ArcGIS Living Atlas of the World コンテンツにアクセスするよう構成されています。Living Atlas コンテンツは、インターネット接続環境とインターネット非接続環境においてポータルで使用できます。詳細については、「Living Atlas コンテンツの構成」をご参照ください。
  • 管理者ツール - ArcGIS Enterprise ポータル Web サイトには、ユーザー、グループ、およびコンテンツを管理できる管理者ツールがあります。Web サイトにサイン インすると、管理者権限を持つポータルのメンバーのみにこれらのオプションが表示されます。

  • ArcGIS Portal Directory - ポータルを操作するための ArcGIS REST API のリソースの対話型ビューです。たとえば、ArcGIS Web Adaptor (IIS) の登録解除、ポータルのコンテンツ ディレクトリの場所の更新、アイデンティティ ストアの設定などの管理タスクは、すべて ArcGIS Portal Directory で使用できます。詳細については、「ArcGIS Portal Directory について」をご参照ください。

基本操作

ArcGIS Enterprise ポータルを始めたばかりのユーザーは、次のトピックに目を通してください。

著作権情報および使用許諾