Skip To Content

アイテムの追加

アカウントがコンテンツを作成する権限を持っている場合、コンピューターのファイルWeb からのアイテムアプリ、およびデータ ストアArcGIS Enterprise ポータルに追加することができます。また、マップを保存したり、アプリを公開することもできます。アイテムは、他のユーザーと共有するまで、そのユーザーだけがアクセス可能です。

コンピューターからのファイルの追加

他のユーザーがダウンロードして、デスクトップ アプリでファイルを開くことができるように、サポートされているファイルをお使いのコンピューターから Web サイトに追加して、ファイルを共有できます。カンマ区切り値 (CSV) ファイルをすべてのユーザーと共有する (パブリックにする) 場合、アイテム ページに表示される URL を使用して CSV を Web レイヤーとして追加できます。また、画像ファイルを追加したり URL を使用したりして、Web アプリポップアップで画像を表示できます。 アイテム ページで URL を表示するには、CSV と画像ファイルの公開範囲を「すべての人に公開 (パブリック)」に設定する必要があります。

ホスト フィーチャ レイヤーを公開する権限を持っている場合、シェープファイル、CSV ファイル、またはファイル ジオデータベースをアップロードするときに、ホスト フィーチャ レイヤーを公開できます。

メモ:

公開されると、シェープファイルやファイル ジオデータベースからアップロードされたデータは Web メルカトル投影法に変換されます。

  1. サイン インしていることと、コンテンツを作成する権限を持っていることを確認します。
  2. コンテンツ ページの [マイ コンテンツ] タブから [アイテムの追加] をクリックし、[コンピューター上] をクリックします。
  3. 参照ボタンをクリックして、コンピューター上のファイルを選択します。
  4. *.zip ファイルをアップロードした場合は、ファイルの内容 (たとえば、マップ テンプレートやサンプル コード) を選択します。
  5. サンプル コード (*.zip) をアップロードした場合は、サンプルの言語 (たとえば、Java や C++) を選択します。
  6. タイトルを入力します。
  7. ポータル管理者がコンテンツのカテゴリを構成している場合、[カテゴリの割り当て] をクリックして、最大 20 のカテゴリを選択して、アイテムの検索に役立てることができます。また、[カテゴリのフィルター処理] ボックスを使用して、カテゴリのリストを絞り込むこともできます。
  8. アイテムを説明するタグを入力します。語句をカンマで区切ります (たとえば、「Federal land」は 1 つのタグと見なされますが、「Federal, land」は 2 つのタグと見なされます)。入力する際、以前に追加したタグから生成された推奨タグが表示されますので、そこから選択することができます。
  9. [アイテムの追加] をクリックします。

ファイルを追加すると、そのファイルがコンテンツに表示されます。アイテムの詳細を編集して、そのファイルを共有できます (共有権限がある場合)。

Web からのアイテムの追加

Web からアイテムを追加する場合は、REST エンドポイント (URL) を参照します。Web サイトでは、自動でアイテムを保存することはありません。ArcGIS Server Web サービス、KML、および OGC WFS、OGC WMS、OGC WMTS を参照できます。また、Web 上に格納されたドキュメントや画像を参照することもできます。

  1. サイン インしていることと、コンテンツを作成する権限を持っていることを確認します。
  2. コンテンツ ページの [マイ コンテンツ] タブから [アイテムの追加] をクリックし、[Web 上] をクリックします。
  3. アイテムのタイプを選択します。
  4. サービスまたはドキュメントの REST URL (たとえば、https://webadaptorhost.domain.com/webadaptorname/rest/services/folder/service/MapServer) を入力しますと同じように、グループ化されています。

    ヒント:

    HTTPS 経由でサービスにアクセスする必要がある場合は、サービスを追加する際、入力する URL が https で始まっていることを確認してください。

    ArcGIS Server Web サービスの URL は、「https://<fully qualified web adaptor machine name>/<web adaptor name>/rest/services/<folder name>/<service name>/<service type>」の形式です。サービスがルート フォルダーにある場合、URL にフォルダー名を含める必要はありません。その場合の URL の形式は、「https://<fully qualified web adaptor machine name>/<web adaptor name>/rest/services/<service name>/<service type>」です。

    ArcGIS Server サービスの REST URL を確認するには、ArcGIS Server Services Directory を開き、共有するサービスを参照します。ブラウザーのアドレス バーから URL をコピーできます。トークンなどのパラメーターは URL に追加しないでください。

  5. セキュリティ保護された外部で利用可能なサービスを追加した場合は、そのサービスにアクセスできるアカウントのユーザー名とパスワードを入力し、認証情報をサービス アイテムとともに保存するかどうかを選択します。認証情報をアイテムとともに保存しない場合、アイテムにアクセスするユーザーは、サービス アイテムにアクセスするたびに認証情報を求められます。認証情報をアイテムとともに保存する場合、認証情報は求められません。

    ID システムの管理方法によっては、ユーザー名は大文字と小文字が区別される可能性があります。認証情報を保存して、パブリック アプリでサービスを共有する計画の場合は、評価制限を有効にしてサービスの使用を制限できます。

    メモ:

    ユーザー名とパスワードのフィールド、認証情報を格納するまたは格納しないためのオプションが表示されない場合、またはセキュアなサービスを追加しようとしたときにエラーが表示された場合、HTTPS の構成に問題がある可能性があります。認証情報を保存しようとしているサービスを提供する ArcGIS Server サイトは、HTTPS をサポートし、よく知られた認証機関によって署名された有効な証明書を持っている必要があります。その他のトラブルシューティングについては、Esri サポート (米国) または販売代理店 (米国以外) にお問い合わせください。

  6. OGC WMS レイヤーを追加した場合は、表示するレイヤーを選択します。
  7. タイトルを入力します。
  8. ポータル管理者がコンテンツのカテゴリを構成している場合、[カテゴリの割り当て] をクリックして、最大 20 のカテゴリを選択して、アイテムの検索に役立てることができます。また、[カテゴリのフィルター処理] ボックスを使用して、カテゴリのリストを絞り込むこともできます。
  9. アイテムを説明するタグを入力します。語句をカンマで区切ります (たとえば、「Federal land」は 1 つのタグと見なされますが、「Federal, land」は 2 つのタグと見なされます)。入力する際、以前に追加したタグから生成された推奨タグが表示されますので、そこから選択することができます。
  10. OGC WFS または WMTS レイヤーを追加した場合は、アイテムがマップに追加されたときに描画されるレイヤーを選択します。WFS または WMTS サービスから複数のレイヤーを追加する場合は、個々のアイテムをレイヤーごとに作成する必要があります。

    WMTS サービスが複数の投影法をサポートしている場合は、特定の投影法を選択する必要があります。デフォルトでは、最初に利用可能な投影法が選択されています。

  11. [アイテムの追加] をクリックします。

Web からアイテムを追加すると、そのファイルがコンテンツに表示されます。アイテムの詳細を編集して、そのファイルを共有できます (共有権限がある場合)。

アプリの追加

ポータル メンバーが検索できるように、既存の Web アプリをアイテムとしてポータルに追加できます。アプリをアイテムとして追加する場合、アプリへの URL を共有します。実際には、ポータルはアプリ ファイルをホストしません。ポータルのメンバーとアプリを共有する別の方法は、マップから作成した Web アプリを公開することです。詳細については、「マップからのアプリの作成」をご参照ください。

  1. サイン インしていることと、コンテンツを作成する権限を持っていることを確認します。
  2. コンテンツ ページの [マイ コンテンツ] タブから [アイテムの追加] をクリックし、[アプリケーション] をクリックします。
  3. アプリのタイプを選択します。
    • Web マッピング - JavaScript などの Web API で構築された Web アプリ
    • モバイル - iOSAndroid などのモバイル デバイス用に SDK で構築されたダウンロード可能なアプリ
    • デスクトップ - Java や .NET (Microsoft Windows デスクトップ) などのデスクトップ プラットフォームで構築されたデスクトップ用アプリ
    • [アプリケーション] - 目的、API/SDK、URL アドレスなどの詳細情報のない、デスクトップ アプリケーションまたは任意のタイプの一般アプリ
  4. Web マッピング、モバイル、デスクトップ アプリの場合は、アプリの [目的] を選択します。
    • [使用可能] - 完全な機能を実現する Web サイトまたはモバイル アプリ
    • [構成可能] - ファイルを構成することで配置可能な、完全な機能を実現するアプリ
    • [自動構成可能] - 内部アプリ ビルダーを使用することで配置可能な、完全な機能を実現するアプリ このオプションによって、アイテム ページの [アプリの構成] ボタンが有効になります。
    • [サンプル コード] - 実際のサンプルまたはアプリ内でのサンプルの使用方法に関する説明といった、特定の機能向けのコード
  5. Web マッピングまたはモバイルの場合、アプリの作成に使用される [API] (Web マッピング) または [SDK] (モバイル) を選択します。
  6. デスクトップ アプリの場合、アプリの作成に使用される [プラットフォーム] を選択します。
  7. デスクトップ アプリの場合、[ファイルの選択] をクリックし、アプリが格納されている *.zip ファイルを選択します。
  8. Web マッピングまたはモバイルの場合、アプリの URL (「http://<myServer>/myWebMapApp」など) を入力します。
  9. タイトルを入力します。
  10. ポータル管理者がコンテンツのカテゴリを構成している場合、[カテゴリの割り当て] をクリックして、最大 20 のカテゴリを選択して、アイテムの検索に役立てることができます。また、[カテゴリのフィルター処理] ボックスを使用して、カテゴリのリストを絞り込むこともできます。
  11. アイテムを説明するタグを入力します。語句をカンマで区切ります (たとえば、「Federal land」は 1 つのタグと見なされますが、「Federal, land」は 2 つのタグと見なされます)。入力する際、以前に追加したタグから生成された推奨タグが表示されますので、そこから選択することができます。
  12. [アイテムの追加] をクリックします。

アプリを追加すると、そのアプリがマイ コンテンツに表示されます。アイテムの詳細 (必要に応じてコードを添付可能) を編集して、そのアプリを共有できます (共有権限がある場合)。

アプリの登録

開発する OAuth 2.0 ベースのアプリを登録することができます。アプリをポータルに登録すると、アプリケーション ID が提供されます。このアプリ ID は、アプリの配布および使用状況レポートの取得にも使用されます。

アプリを登録する前に、ポータルに追加する必要があります。詳細については、上のセクションをご参照ください。アプリを追加したら、以下の手順に従ってアプリを登録し、アプリケーション ID とアプリの秘密の質問を取得します。

  1. コンテンツを作成する権限のあるアカウントでサイン インしていることを確認します。
  2. コンテンツ ページの [マイ コンテンツ] タブから、登録対象のアプリのタイトルをクリックして、そのアイテム ページを表示します。
  3. [設定] タブをクリックします。[アプリの登録] セクションまでスクロールして、[登録] をクリックします。

    汎用タイプのアプリを追加した場合は、そのアプリが自動的に登録されて、[登録] ボタンの代わりに [登録情報] ボタンが表示されます。登録情報を表示および更新することができます。

    メモ:

    [登録] オプションは、そのアプリが同じ Web サーバー上でポータルの Web アダプターとしてホストされている場合には使用できません。これらのアプリを登録する手順については、「Esri 技術資料 44907」をご参照ください。

  4. アプリケーション タイプ ([ブラウザー]、[ネイティブ]、[サーバー]、または [複数]) を選択します。
  5. 各リダイレクト URI のアドレスを ["https://<server>[:port]"] または ["http://<server>[:port]"] の形式で入力し、[追加] をクリックします。

    リダイレクト URI は、ログインに成功したアプリケーション ユーザーをリダイレクトできる、有効なアドレスです。

  6. すでに追加した URI を削除するには、それを選択し、[削除] をクリックして、[登録] をクリックします。

アプリ登録情報の表示と更新

アプリを登録したら、アプリケーション ID やアプリの秘密の質問などの登録情報を表示できます。また、リダイレクト URI の更新、秘密の質問のリセット、およびアプリの登録解除を行うこともできます。

メモ:

アプリの秘密の質問をリセットすると、アプリに対して発行された既存のユーザーとアプリのトークンがすべて無効化されます。ユーザーは、アプリに再びサイン インし、秘密の質問を使用して設定されたアプリの更新が必要になる場合があります。

  1. ポータルにサイン インしていることを確認し、コンテンツ ページの [マイ コンテンツ] タブをクリックします。
  2. 登録済みアプリケーションのタイトルをクリックします。
  3. アイテム ページで、[設定] タブをクリックします。
  4. [アプリケーション設定] セクションまでスクロールして、[登録情報] をクリックします。

    アプリ ID、アプリの秘密の質問、アプリ タイプ、およびリダイレクト URI が表示されます。

  5. リダイレクト URI を更新するには、[更新] をクリックして、次の手順に従います。
    1. リダイレクト URI を追加する場合は、アドレスを入力してから [追加] をクリックします。
    2. リダイレクト URI を削除する場合は、URI アドレスを選択してから [削除] をクリックします。
    3. [更新] をクリックし、[保存] をクリックします。
  6. アプリの秘密の質問をリセットするには、[更新] をクリックして、次の手順に従います。
    1. [秘密キーのリセット] をクリックします。

      アプリの秘密の質問をリセットすると、このアプリに対して発行された既存のユーザーとアプリのトークンがすべて無効化されます。ユーザーは、アプリに再びサイン インし、秘密の質問を使用して設定されたアプリの更新が必要になる場合があります。

    2. アプリの秘密の質問をリセットする場合は、[はい] をクリックします。
    3. [更新] をクリックし、[保存] をクリックします。
  7. アプリの登録を解除するには、[アプリの登録解除] をクリックします。

    アプリの登録が解除されました。アイテム ページを保存する必要はありません。

データ ストアの追加

ユーザー管理のデータ ストア アイテムをポータルに追加し、1 つ以上のフェデレーション サーバーに登録済みデータソースを提供するには、次の手順を実行します。

メモ:

データ ストアをポータルに追加する場合でも、この処理によってデータ ストアがフェデレーション サーバーに登録されます。このため、フェデレートされた各 ArcGIS Server サイトをデータベースまたはフォルダーの場所にアクセスできるように構成する必要があります。

ユーザー管理のデータ ストアが 1 つ以上のポータルのフェデレートされた ArcGIS Server サイトにすでに登録されている場合は (ArcGIS Pro 2.4 以前のリリースまたは ArcGIS Server Manager でデータ ストアを登録した場合など)、この手順を使用してデータ ストア アイテムを追加しないでください。代わりに、既存の登録済みデータ ストアからデータ ストア アイテムを作成する方法について、ポータル管理者に相談してください。

  1. データ ストア アイテムを追加するには、あらかじめデータ ソースの場所をアクセス可能にする必要があります。
    • データ ストアとしてフォルダーを追加するには、そのフォルダーがファイル共有場所として機能することを確認します。
    • データベース データ ストアを追加するには、まず、サポートされているデータベースに接続するデータベース接続ファイル (.sde ファイル) を作成する必要があります。必要なデータにアクセス可能で、そのデータに対する必要な権限を持つデータベース ユーザーとして接続してください。この認証情報は接続ファイルとともに保存します。.odc ファイルは使用できません。
    • クラウド ストアを追加するには、サポートされているクラウド ストレージ プロバイダーのアカウントが必要で、クラウドの格納場所が存在している必要もあります。

    データ ソースをアクセス可能にする方法については、「データ ストア アイテムから公開されたデータへのアクセスの制御」をご参照ください。

  2. ポータルを開いてサイン インします。

    コンテンツを作成し、データ ストアを登録する権限があるメンバーとしてサイン インする必要があります。

  3. [コンテンツ] ページの [マイ コンテンツ] タブから [アイテムの追加] をクリックし、[データ ストア] をクリックします。
  4. データ ストア アイテムのタイトルを入力します。これは、データ ストア アイテムを検索する際に表示される名前です。
  5. 作成するデータ ストア アイテムのタイプを選択します。
    • [フォルダー] - 共有フォルダー内の画像ファイルから画像レイヤーを公開するには、フォルダー データ ストア アイテムを追加します。
    • [データベース] - データベースまたはエンタープライズ ジオデータベースからフィーチャ レイヤーを一括で公開するには、データベース データ ストア アイテムを追加します。
    • [クラウド] - クラウド ストレージの場所にある画像ファイルから画像レイヤーを公開するには、クラウド データ ストア アイテムを追加します。
  6. アイテムを説明するタグを入力します。語句をカンマで区切ります (たとえば、Federal land は 1 つのタグと見なされますが、Federal, land は 2 つのタグと見なされます)。入力する際、以前に追加したタグから生成された推奨タグが表示されますので、そこから選択することができます。
  7. ポータル管理者がコンテンツのカテゴリを構成している場合、[カテゴリの割り当て] をクリックして、最大 20 のカテゴリを選択して、アイテムの検索に役立てることができます。また、[カテゴリのフィルター処理] ボックスを使用して、カテゴリのリストを絞り込むこともできます。
  8. データ ストア アイテムの格納先となる [マイ コンテンツ] 内のフォルダーを選択します。
  9. [次へ] をクリックして、ソース データへの接続を構成します。
  10. データ ソースへの接続方法は、追加するデータ ストア タイプによって異なります。
    • フォルダー データ ストア アイテムに接続するには、フォルダーのパスを入力します。
    • データベースまたはエンタープライズ ジオデータベースに接続するには、[ファイルの選択] をクリックし、登録するデータベース接続ファイル (*.sde) を参照します。
    • クラウド ストレージに接続するには、接続するクラウド ストレージ プロバイダーと認証情報を選択します。入力する必要がある情報は、プロバイダーのタイプによって異なります。

      メモ:

      プライベート クラウドに接続するには、[地域] ドロップダウン メニューで [カスタム] を選択し、[プライベート URL] フィールドにプライベート クラウドにアクセスするための URL を入力するか貼り付けます。

  11. ほとんどの場合、この登録済みデータ ストアからレイヤーを公開するためにユーザーが使用するクライアントは、ArcGIS Server サイトと同じ場所を使用します。ただし、ArcGIS クライアントがフォルダーまたはデータベース内のデータにアクセスする際、フェデレーション ArcGIS Server サイトが別のフォルダーまたはデータベース内のデータのコピーにアクセスする必要がある場合は、両方のデータ ソースの情報を入力する必要があります。
  12. このデータ ストアを登録する ArcGIS Server サイトを選択するには、[次へ] をクリックします。
  13. このデータベースを登録する ArcGIS GIS Server および ArcGIS Image Server サイトを選択します。これらの役割を果たすサイトが不明な場合は、ArcGIS Server 管理者に問い合わせてください。

    ステータスが正常の場合にのみサイトを選択できます。つまり、サイトがデータ ソースに接続できます。

    このデータ ストアがすでにフェデレーション サーバーに登録されている場合 (ArcGIS Server Manager にあるフェデレーション サーバーのいずれかに登録した場合など) は、そのフェデレーション サーバーをリストで選択することはできません。選択した場合、エラーが発生します。

  14. [データ ストアの追加] をクリックします。

データベース データ ストア アイテムを追加し、手順 13 で登録先のフェデレートされた ArcGIS GIS Server サイトを選択していれば、このデータ ストア アイテムを介してアクセス可能なすべてのフィーチャクラスおよびテーブルのフィーチャ レイヤーを公開できます。ポータル メンバーが ArcGIS Pro および ArcGIS Desktop で該当するデータベース接続からデータを公開する予定の場合は、そのポータル メンバーが所属しているグループとデータ ストア アイテムを共有します。これにより、そのポータル メンバーは、同じデータベース認証情報を使用して、手順 13 で指定したフェデレーション サーバーのいずれかにデータを公開できるようになります。

フォルダーまたはクラウド データ ストアを追加した場合は、イメージ レイヤーを作成する必要があるメンバーのグループで、データ ストア アイテムを共有します。