Skip To Content

ArcGIS Enterprise のユーザー管理のデータ ストア

ArcGIS Enterprise 組織の管理者および公開者は、ユーザー管理データ ストアを、フェデレートされた ArcGIS Server サイトに登録できます。 ユーザー管理データ ストアには、フェデレーション サーバー上で実行される ArcGIS Server Web サービスのソース データが含まれています。 公開すると、データはコピーされず、Web サービスは登録済みデータ ストア内のデータを参照します。

複数のタイプのデータ ソースをアイテムとしてポータル内に追加できます。 次のセクションで説明するように、それぞれのタイプは異なる機能を備えています。 データ ストア アイテムを組織サイトに追加することで、これらのユーザー管理データ ストアを登録できます。 データ ストア アイテムを追加する場合、フェデレートされた 1 つ以上の ArcGIS GIS Server または ArcGIS Image Server サイトにデータ ソースを登録します。 ビッグ データ ファイル共有のデータ ソースを追加する場合、ポータルの GeoAnalytics Server に登録します。 各フェデレーション サーバーには、複数のデータ ストア アイテムを登録できます。

データ ストア アイテムをポータル内に追加できます。 データ ストア アイテムを作成するもう 1 つの方法は、ArcGIS Pro 2.5 以降のバージョンで、データ ストアをフェデレートされた ArcGIS Server サイトに登録する方法です。

これらのデータ ストア アイテムは、ArcGIS Server Manager に登録したデータ ストア アイテムとほぼ同じ機能を備えていますが、次のことも実行できます。

  • データ ストア アイテムを共有することで、データ ストア コンテンツの使用を制御します。 データ ストア アイテムの共有方法により、ArcGIS Server Manager または ArcGIS Pro での公開時に誰がそのアイテムを使用できるかが決まります。 フォルダーおよびクラウド データ ストア アイテムの共有設定は、ポータルで誰がそのアイテムからイメージ レイヤーを作成できるかにも影響します。
  • データベース データ ストア アイテムから一括して Web レイヤーを作成します。

注意:

ArcGIS Server Manager または ArcGIS Pro 2.4 以前のリリースを使用して、データ ストアをフェデレートされた ArcGIS Server サイトに直接登録することもできます。ただし、これらのアプリのいずれかを使用してデータ ストアを登録すると、ポータル内にデータ ストア アイテムが作成されず、上記の機能を入手できないため、データ ストアの登録はその登録先の個々の ArcGIS Server サイト内で排他的に管理されます。

データ ストア アイテムのタイプ

組織サイトにデータ ストア アイテムを追加する場合は、公開するデータを含むデータ ソースを選択し、(ほとんどのデータ ストアの場合) そのデータにアクセス可能なフェデレーション サーバーを選択します。

次の表は、アイテムとして追加できるデータ ストアのタイプとそれぞれの目的を示しています。

データ ストア アイテムのタイプ登録できるものデータ ストア アイテムの目的

フォルダー

ファイル共有

ファイル共有に格納されているファイルを参照するイメージ レイヤー* をポータルで公開し、ファイル共有に格納されているファイルを参照するマップ イメージ レイヤーを ArcGIS Pro 2.8 以降から公開し、ファイル共有に格納されているキャッシュを参照するタイル レイヤーベクター タイル レイヤーシーン レイヤーをポータルまたは ArcGIS Pro から公開することができます。

データベース

次のデータベース管理システムまたはクラウド データ ウェアハウスのサポート対象バージョンにアクセスするデータベース接続ファイル (.sde)

データベースにエンタープライズ ジオデータベースを含めることができますが、必須ではありません。 ジオデータベースは、クラウド データ ウェアハウスではサポートされていません。

クラウド データ ウェアハウスを参照するデータ ストア アイテムの場合、ArcGIS Pro 2.9 以降でマップ イメージ レイヤーを公開できます。 Google BigQuery では、読み取り専用のフィーチャ レイヤーを ArcGIS Pro 3.0 から公開することもできます。

データベース管理システムを参照するデータ ストア アイテムの場合、マップ イメージ レイヤーとフィーチャ レイヤーを一括して公開できます。

データ ストア アイテムから一括で公開した場合は、登録済みデータベースのユーザーがアクセスできるフィーチャクラスおよびテーブルごとに 1 つのフィーチャ レイヤーと 1 つのマップ イメージ レイヤー** が作成されます。

注意:

誰もこれらのフィーチャ レイヤーを使用してデータを編集しないようにする場合は、データ ストアを追加するときに使用するデータベース接続が、データベース内のフィーチャクラスおよびテーブルに対する SELECT 権限のみを付与されたユーザーとして接続することを確認してください。

一括での公開および編集機能は、クラウド データ ウェアハウス内のデータではサポートされていません。

クラウド ストレージ

次のいずれかのクラウド ストレージの場所

  • Alibaba Cloud Object Storage Service (OSS) バケット
  • Amazon Simple Storage Service (S3) バケット、または S3 対応ストレージ
  • Microsoft Azure Blob ストレージ コンテナー
  • Google Cloud バケット

イメージ レイヤー* をポータルまたは ArcGIS Pro で公開できます。

クラウド ストアに格納されているキャッシュを参照するタイル レイヤーベクター タイル レイヤー、またはシーン レイヤーをポータルから公開することもできます。

ビッグ データ ファイル共有

次のいずれかのファイル ストレージの場所:

  • ファイル共有
  • Microsoft Azure Blob ストレージ コンテナー、Amazon Simple Storage Service (S3) バケット、または S3 対応のストレージ内にある既存のクラウド ストアまたはクラウド ストレージの場所
  • データセットの Apache Hadoop Distributed File System (HDFS) のディレクトリ
  • Apache Hive メタストア データベース

データ ストア アイテムは、直接使用しないシステム アイテムです。 代わりに、ビッグ データ ファイル共有アイテムを操作して、ポータルまたは ArcGIS Pro での GeoAnalytics ツールに対する入力と出力の格納を行います。

NoSQL

空の Neo4j データベース (データを挿入できない)

NoSQL データ ストアは、ポータルの ArcGIS Knowledge Server サイトに登録されています。 データ ストアごとに、ArcGIS Pro で作成した 1 つのナレッジ グラフを含めることができます。 つまり、ナレッジ グラフごとに 1 つの NoSQL データ ストアを登録する必要があります。

*ポータルでイメージ レイヤーを公開するには、データ ストアがポータルのラスター解析サーバーまたはイメージ ホスティング サーバーに登録されている必要があります。

**マップ イメージ レイヤーおよびフィーチャ レイヤーを一括で公開するには、データ ストアが、フェデレートされた ArcGIS GIS Server サイトに登録されている必要があります。

データ ストア アイテムをポータルに追加すると、指定した ArcGIS Server サイトにデータ ソースが登録されます。 クラウド データ ウェアハウスを参照するデータベース データ ストア アイテムは、ポータルのホスティング サーバーにのみ登録されます。 ArcGIS Pro から同じソース位置 (同じ認証情報を使用するフォルダー、データベース、またはクラウド データ ウェアハウス) にアクセスして、これらのサイトのいずれかに公開する場合、データ ストアを再び登録する必要はありません。

データ アクセス

データ ストア アイテムをポータルに追加すると、GIS データを組織全体で共有するのが簡単になります。 アクセスのしやすさとデータ安全確保の必要性のバランスを取る必要があります。 データ ストア アイテムを使用する場合は、アクセスが複数のレベルで制御されます。 詳細については、「データ ストア アイテムから公開されたデータへのアクセスの制御」をご参照ください。

データ ストア アイテムの追加方法

データ ストア アイテムをポータルに追加するには 3 つのワークフローがあります。 どれを使用するかは、新規データ ストアを登録する必要があるかどうか、既存のデータ ストアにデータ ストア アイテムを作成するかどうか、および既存のデータ ストアが複数のフェデレーション サーバーに登録されているかどうかによって異なります。

データ ストアの登録

データ ストアをフェデレーション サーバーに登録するには、ポータルでデータ ストア アイテムを追加します。 次の条件の下では、データ ストアを登録し、ArcGIS Pro からデータ ストア アイテムを追加することもできます。

  • データベース、クラウド データ ウェアハウス、ファイル共有、または NoSQL データベースをフェデレーション サーバーに登録している。
  • ArcGIS Pro 2.5 以降をデータベースまたはファイル共有データ ストアに使用しており、ArcGIS Pro 2.9 以降をクラウド データ ウェアハウスに使用しており、ArcGIS Pro 3.0 以降を NoSQL データベースに使用している。

フェデレーション サーバーに登録されたデータ ストア用のデータ ストア アイテムの作成

次のいずれかの条件の下でデータベースまたはファイル共有データ ストアを登録しており、これにデータ ストア アイテムを作成する場合:

  • スタンドアロン ArcGIS Server サイトである ArcGIS Server サイトにデータ ストアを登録し、 そのサイトを後からポータルでフェデレーションし、これにデータ ストア アイテムを作成する。
  • 10.7.1 より前のフェデレーション ArcGIS Server サイトにデータ ストアを登録した。 ポータルがアップグレードされたので、データ ストアにデータ ストア アイテムを作成する。
  • ArcGIS Server Manager または ArcGIS Pro 2.4 以前のリリースを使用してデータ ストアを登録した。
データ ストアが 1 つのフェデレーション サーバーのみに登録されている場合、登録されているデータ ストアに ArcGIS Server Manager から組織の管理者がアイテムを作成できます。

データ ストアが複数のフェデレーション サーバーに登録されており、それらの各フェデレーション サーバーに登録する際にデータ ストアに同じ名前を使用した場合、組織の管理者は、次のセクションの説明に従って、追加の各サーバーにデータ ストア アイテムを関連付ける必要があります。

複数のフェデレーション サーバーと関連付けられるデータ ストア アイテムの作成

これは最も複雑な状況です。 組織の管理者は、いずれかのフェデレーション サーバーからデータ ストア用にデータ ストア アイテムを作成し、federateDataItem REST 操作を使用して、その他の各フェデレーション サーバーを同じデータ ストア アイテムに関連付ける必要があります。

組織の管理者が federateDataItem REST 操作を使用しないで追加のフェデレーション サーバーを関連付ける代わりに、たとえばデータ ストア アイテム ページからフェデレーション サーバーをアイテムに追加した場合、登録済みデータ ストアが重複します。 これによって、次のような結果がもたらされます。

  • データ ストア内のデータからサービスを公開すると、公開元のクライアントは重複するデータ ストアのいずれかを選択します。 ユーザーはどれが使用されるかを制御することはできず、どれが使用されたかを識別する手段はありません。
  • データ ストアが登録済みデータベースである場合、新規のデータ ストア アイテムと古い登録済みデータベース データ ストアの両方を残す必要があります。 両方のデータ ストアを残さず (重複をクリーンアップするために登録済みデータベース データ ストアを削除するなど)、そのデータベースにアクセスしているアカウントのパスワードが変更された場合、削除されたデータ ストアを参照するサービスは機能しなくなります。

データ ストア アイテムの基本操作

ポータルでデータ ストア アイテムを使用および管理する方法については、以下をご参照ください。