Skip To Content

マップおよびシーン

Web AppBuilder for ArcGIS で作成されたアプリは、ArcGIS Online または ArcGIS Enterprise の Web マップまたは Web シーンに基いています。2D アプリは Web マップを使用して作成され、3D アプリは Web シーンを使用して作成されます。Web マップまたは Web シーンは、通常、ベースマップとユーザーに操作させる操作レイヤーを含んでいます。[マップ] タブをアクティブにすると、サムネイル、サマリー、および Web マップまたは Web シーンの所有者が表示されます。

[マップ] タブは、Web マップの選択に使用します。

[マップ] タブを使用してアプリの Web マップを選択する場合、以下の機能がサポートされています。

  • Web マップの選択 - [Web マップの選択] をクリックしてウィンドウを開き、ポータルから Web マップを選択します。[Web マップの選択] ウィンドウは、共有方法によって分類されます。デフォルトでは、ポータル内で [マイ コンテンツ] フィルターが選択されています。指定したポータルに加えて、ArcGIS Online のパブリックな Web マップをオプションで選択できます。[マイ コンテンツ] タブ、[組織] タブ、[マイ グループ] タブ、または [パブリック] タブをクリックすると、Web マップがそのカテゴリにフィルタリングされます。さらに、新しい順、多く表示された順、評価の高い順、タイトル、所有者などのカテゴリに基づき、マップを並べ替えることができます。
  • Web マップの編集 - [Web マップの選択] の矢印をクリックしてドロップダウン メニューを開き、[このマップの編集] ボタンをクリックして、選択した Web マップをMap Viewerで開きます。Map Viewerで通常行っているようにマップを編集し、マップの所有者である場合はそのマップを保存し、そうでない場合はコピーとしてマップを保存します。Map Viewerを閉じると、アプリで選択された Web マップが自動的に更新されます。
  • 新しい Web マップの作成 - [Web マップの選択] ドロップダウン メニューで [マップの作成] ボタンをクリックします。Map Viewerで新しいマップが開きます。Map Viewerで通常行っているようにマップを作成し、保存します。Map Viewerを閉じると、新しいマップが自動的にアプリで選択された Web マップになります。
    メモ:

    Map Viewerでは、[解析] ボタンおよび [共有] ボタンは使用できません。

  • 選択した Web マップの詳細の表示 - マップのサムネイルの右下にある [アイテム詳細の表示] アイテム詳細の表示 をクリックすると、マップのアイテム詳細ページが開きます。
  • アプリの初期マップ範囲の設定 - 適切なマップ範囲に拡大または縮小し、[現在のマップ ビューを使用] をクリックするか、[Web マップのデフォルト範囲を使用] をクリックします。
  • マップの表示縮尺のカスタマイズ - [カスタマイズ] をクリックすると、[表示縮尺のカスタマイズ] ウィンドウが開き、マップのすべての既存の縮尺がリストされます。既存の縮尺を削除するか、縮尺を追加して、マップでズーム可能な縮尺レベルを制限または拡大できます。
  • 最新データと同期するようにレイヤーの更新間隔を設定 - Map Viewerに定義された [各レイヤーの間隔を優先] するか、[すべての非静的レイヤーに単一の間隔を使用] を選択して、更新間隔を分単位で設定することができます。
  • アプリの詳細ページへのショートカット - Web AppBuilder の上部にあるアプリのタイトルをクリックすると、アプリのアイテム詳細ページが開きます。

[シーン] タブは、Web シーンの選択に使用します。

[シーン] タブを使用してアプリの Web シーンを選択する場合、以下の機能がサポートされています。

  • Web シーンの選択 - [Web シーンの選択] をクリックしてウィンドウを開き、ポータルから Web シーンを選択します。[Web シーンの選択] ウィンドウは、共有方法によって分類されます。デフォルトでは、ポータル内で [マイ コンテンツ] フィルターが選択されています。指定したポータルに加えて、ArcGIS Online のパブリックな Web シーンをオプションで選択できます。[マイ コンテンツ] タブ、[組織] タブ、[マイ グループ] タブ、または [パブリック] タブをクリックすると、Web シーンがそのカテゴリにフィルタリングされます。さらに、新しい順、多く表示された順、評価の高い順、タイトル、所有者などのカテゴリに基づき、シーンを並べ替えることができます。
  • シーンの初期状態の設定 - シーンの状態を変更して [現在のビューの状態を使用] をクリックするか、[Web シーンのデフォルト状態を使用] をクリックします。
    メモ:

    状態はカメラの位置 (または、シーンの範囲)、環境設定、および [レイヤー] メニューの表示設定 (チェック マーク) の状態を表します。このバージョンでは、ベースマップを変更できません。

  • 選択した Web シーンの詳細の表示 - [アイテム詳細の表示] をクリックすると、シーンのアイテム詳細ページが開きます。
    ヒント:

    また、Web AppBuilder の上部にあるアプリのタイトルをクリックして、シーンのアイテム詳細ページを開くこともできます。

注意:

3D メッシュ レイヤーは、このリリースでは Web AppBuilder に表示されません。このことは既知の制限事項です。