Skip To Content

アプリのマップ オプションの設定

ArcGIS には、アプリがいくつか用意されており、これらのアプリを使用すると、Web ブラウザー、モバイル デバイス、およびデスクトップ マップ ビューアーでマップを表示できます。ほとんどのマップ クライアントでは、特定の場所のブラウジング、マップの属性に関する情報の表示、凡例および縮尺の表示、ブックマークされている場所への移動および印刷ができます。一部のクライアントでは、ルート検索、計測、ベースマップの選択ができる追加のツールや機能を利用できます。マップ作成者は、マップのアイテム ページでこれらのプロパティを設定できます。

  1. Map Viewerでマップを作成して保存します。Collector for ArcGIS を使用している場合、マップに編集可能なフィーチャ レイヤーが少なくとも 1 つ含まれている必要があります。
  2. コンテンツ ページの [マイ コンテンツ] タブで、マップの名前をクリックしてアイテム ページを開きます。
  3. [設定] タブをクリックし、[Web マップ設定] の下にある [アプリケーション設定] セクションまで下にスクロールします。
  4. 有効にする設定を選択します。
    メモ:

    これまで ArcGIS Enterprise で使用できていた [ルート検索][計測ツール]、および [ベースマップ セレクター] の設定は 10.8 で廃止されました。

    • [位置の検索] - ユーザーがレイヤー内のフィーチャまたはマップ内の住所を検索できるようにします。

      これは、Collector for ArcGISOperations Dashboard for ArcGISExplorer for ArcGISWeb AppBuilder for ArcGIS、ストーリー マップ ジャーナル、ストーリー マップ シリーズ、および ストーリー マップ ショートリストでサポートされています。

      ヒント:

      レイヤー内のフィーチャ検索は、Map Viewerでもサポートされています。

      レイヤーまたは住所、あるいはその両方によって位置を検索するためのオプションにチェックを入れ、検索ボックスに表示されるヒントを入力します。[レイヤーで位置を検索] の場合、[レイヤーの追加] をクリックし、検索可能にしたい特徴を含むフィーチャ レイヤーを選択して、属性フィールドを選択します。次に、結果について、検索語句を含むか、検索語句と一致するかを選択します。このフィーチャ レイヤーで [クエリ] 機能が有効になっており、フィールドがコード値ドメインのない文字列または整数であることが必要です。オプションとして、レイヤーを追加できます。

    • [Collector for ArcGIS で使用] - フィールド スタッフが編集可能なレイヤーを含むマップを Collector for ArcGIS で表示できるようにします。Collector にマップが表示されないようにする場合は、このチェックボックスをオフにします。
  5. [保存] をクリックして、有効にした設定でマップを更新します。