Skip To Content

ArcGIS Enterprise 10.8 ポータルの新機能

ArcGIS Enterprise 10.8 は、更新、拡張機能、およびバグ修正を含んでいます。10.8 で修正された問題の一覧については、「10.8 で修正された問題の一覧」をご参照ください。

以前のバージョンから 10.8 にアップグレードする場合、ソフトウェアを再認証する必要があります。My Esri から新しいライセンス ファイルを入手できます。

Portal for ArcGIS 10.2.2 以前のバージョンから 10.8 へのアップグレードは、サポートされていません。Portal for ArcGIS を 10.8 にアップグレードするには、10.3 以降のバージョンにアップグレードしてから、10.8 にもう一度アップグレードする必要があります。

お使いのハードウェアおよびソフトウェア コンポーネントがバージョン 10.8 と互換性があるかどうかを確認するには、「製品リリース情報」を参照し、廃止された機能のリストを確認してください。ArcGIS Enterprise 10.8 と互換性のある以前の ArcGIS 製品バージョンを確認するには、「以前のバージョンの ArcGIS とポータルの互換性」をご参照ください。

組織サイトの管理

このリリースでは、ポータル管理者は以下の新しい機能およびオプションを利用できます。

  • 管理者は、[新しいメンバーのデフォルト設定] タブを使用して、新しいメンバーのデフォルトのユーザー タイプとロールを設定できます。指定したデフォルトは、独自の組み込みアカウントを作成する新しいメンバー、および管理者または自動アカウント作成機能によって追加されたメンバーに、自動的に割り当てられます。
  • デフォルトの管理者は、組織内に新しいグループを作成する場合に 2 つの新しいオプションを使用できるようになりました。管理者は、グループ ページの [メンバー] タブでグループ メンバーのリストを非表示にして、グループのメンバーのプライバシーを保護することができます。また、グループから脱退できるメンバーを制限することもできます。これで、グループ所有者またはグループ マネージャーによって削除された場合を除いて、メンバーはグループ内にとどまります。
  • パーセル ファブリックおよびユーティリティ ネットワーク機能のライセンスは、ユーザー タイプ エクステンションとして付与されるようになりました。ユーザー タイプ エクステンションは、ユーザー タイプに含めるか、アドオン ライセンスとして割り当てることができます。
  • ポータル管理者は、importlicense コマンド ライン ユーティリティを使用して、ライセンスが付与されるアプリおよびユーザー タイプを含んでいるライセンス ファイルをインポートできるようになりました。
  • 管理者は、ポータルを介して、ArcGIS Enterprise読み取り専用モードで配置できるようになりました。読み取り専用モードがオンになっている場合、ポータル、フェデレーション サーバー、および ArcGIS Data Store 内のほとんどのコンテンツおよび設定を作成したり、変更したり、削除することができなくなります。読み取り専用モードは、ポータルへの通常のアクセスを妨げません。この機能は、システムの更新を行うとき、およびArcGIS Enterprise をアップグレードするときに、ダウンタイムおよびデータの喪失を防ぐのに役立ちます。
  • 管理者は、組織サイトにアクセスするすべてのユーザーに表示されるカスタムのアクセスの注意事項を構成できます。有効化された場合、ユーザーがポータルにアクセスするときにメッセージが表示されます。ユーザーは、利用条件の通知を承認した場合にのみ、サイトへのアクセスを開始できます。
  • 管理者は、重要な情報をユーザーに表示するカスタムの情報バナーを、サイトの上部および下部に表示するように構成できます。この機能は、サイトにアクセスするユーザーにサイトの状態について知らせたり、今後のメンテナンスについてユーザーに警告するために使用できます。情報バナーは、ポータルの組織設定で構成されるため、構成ファイルで classificationBanner プロパティを使用する必要がなくなりました。
  • 拡張されたセキュリティ権限モデルは、ポータル管理者が、メンバーに割り当てられた権限に基づいて、Portal Admin API で管理タスクのサブセットに対するアクセス権限を制限したり、付与したりできるようにします。たとえば、管理者は、ポータルの外観と操作性に関するポータル設定を操作する一部の管理者の能力を制限できます。管理者は、フェデレーション サーバーを管理したり、パスワード ポリシーの更新など、セキュリティ設定を更新したりするためのアクセス権限を、制限することもできます。これによって組織サイト管理者は、Portal Admin API に対する完全なアクセス権限を付与せずに、特定の管理タスクを委任できるようになります。
  • 新しい Webhook トリガー イベントを利用できます。管理者は、Webhook トリガー イベントを使用して、新しいロールが作成されたとき、または既存のロールが更新されたときに通知されるなど、組織のロールに対して行われる変更を監視することができます。また、管理者は、より包括的なトリガー イベントを登録することもできるようになりました。以前は、Webhook トリガー イベントは、特定のアイテム、グループ、またはユーザーに対する変更を管理者に通知できました。たとえば、特定のユーザーがポータルにサイン インしたり、ポータルからサイン アウトしたりしたとき、または特定のアイテムが更新されたときに常にトリガーするように、トリガー イベントを設定できました。現在、組織サイト管理者は、組織サイト内のいずれかのアイテムが追加または削除されたときに確認するなど、ユーザー、アイテム、およびグループに関するすべての活動を監視できるようにするイベントに登録できます。

データ管理

マッピングとビジュアライゼーション

  • 10.8 では、新しい組織サイトのベースマップ ギャラリー内の Esri ベクター ベースマップが、デフォルトで有効化されます。10.8 にアップグレードする既存の組織サイトは、ポータルで構成されたベースマップ設定を維持します。
  • Map Viewer で直接ベクター タイル レイヤーのスタイルをカスタマイズできるようになりました。
  • Map Viewer に、ユーティリティのコミュニティ (水道、下水、雨水) をサポートする 3 つの新しいシンボル セットが追加されました。[公衆安全] シンボル セットにも、新しいシンボルが含まれています。

3D GIS

  • Scene Viewer の新しいスマート マッピング スタイルは、ラインおよびポリゴンの完全なスタイル設定機能を提供します。属性値を使用した 3D 立ち上げを建物フットプリントから作成し、使用タイプなどを基準にして色を設定することができるようになりました。また、新しいライン プロファイルを使用すると、シーン内に 3D の管、四角形、壁、帯でビジュアライゼーションを作成できます。
  • [ビルディング エクスプローラー] ツールの新しいフロア ピッカーを使用して、建物の各レベルを対話形式で分離できます。定義済みのフィルターでカスタム ビューを表示して、ArcGIS Pro から公開された BIM 建物を探索して深い洞察を得ることができます。
  • アニメーションの水のビジュアライゼーションをシーンに追加することができます。海を縮小表示する場合でも、湖を拡大表示する場合でも、新しく追加された [水] ポリゴン スタイルを使用すると、水面から反射した太陽光など、写実的なビューを作成できます。
  • シーン レイヤーのパフォーマンスは、向上し続けています。Scene Viewer は、新しい I3S 仕様バージョン 1.7 を使用して、3D メッシュ、3D オブジェクト、および建物を最大 4 倍高速に読み込みます。加えて、シーンを探索するときに、新しいクライアント側のキャッシュが、データを含まないエリアを削減するのに役立ちます。
  • EsriScene Viewerで提供するギャラリーに、自転車や消火栓などの新しい 3D モデルが追加され、シーンをさらにカスタマイズできるようになりました。さらに、インフラストラクチャ Web スタイルおよびレクリエーション Web スタイルがギャラリーに追加され、シーンで強力なパフォーマンスを維持するために、自動詳細レベルが模式的な樹木の 3D モデルに追加され、Scene Viewer が CGCS 2000 座標系をサポートするようになりました。
  • シーン内のレイヤーの表示縮尺範囲を定義するのに、レイヤー プロパティにある新しい縮尺範囲スライダーを使用できます。たとえば、国、都市、建物を表示するレイヤーが、拡大表示するにつれて切り替わるシーンを作成できるようになりました。
  • ポップアップを点群シーン レイヤー上に表示できるようになりました。個別のポイントを選択して、分類や標高などのプロパティを調べることができます。
  • パフォーマンスの改善: 3D シーン レイヤーの読み込み速度が最大で 2 倍になりました。シーン内を移動するときのベクター タイル レイヤーのレンダリング パフォーマンスが向上しました。

  • 視覚的な改善: [設定] ツールで [品質] を選択した場合、新しい照明と陰影のモデルが、コントラストおよび精細度を 3D コンテンツに追加します。さらに、Scene Viewer で、エッジおよび隣接する立ち上げポリゴンの透過表示が改善されました。

共有および共同作業

新しい共有および共同作業は次のとおりです。

ArcGIS Notebook Server

ArcGIS Notebook Server サイトをポータルとフェデレートして構成している場合に、新しいアプリケーション ArcGIS Notebook Server Manager をポータルで利用できるようになりました。ArcGIS Notebook Server Manager は、ArcGIS Notebook Server サイトでの共通の管理タスクおよびリソースのための直感的なインターフェイスです。設定を表示して変更したり、ログを検索したり、ノートブック コンテナーを管理することができます。

ArcGIS Notebook Server の詳細

分析

標準フィーチャ解析

ArcGIS Enterprise ポータル では、次のツールの機能拡張を利用できます。

  • [到達圏レイヤーの作成] が更新され、次の 3 つの新しいパラメーターが追加されて、ツールの機能が強化されています。
    • [移動方向] では、到達圏レイヤーを入力ロケーションから離れる方法に作成するか、入力ロケーションへ向かう方法に作成するかを選択できます。
    • [到達できないエリアをホールとして表示] をオンにした場合、返される詳細ポリゴンでは、出力内で道路ネットワークを介して到達できないエリアが出力ポリゴンに含まれません。
    • [到達可能な道路を含める] をオンにした場合、作成される出力レイヤーに、到達圏レイヤーの作成に使用された道路が含まれます。
  • [起点から終点の計測] に次の新しいパラメーターが追加され、複数の接続を作成する機能が強化されています。
    • [ルート形状] は、出力ルートの外観を決定します。[直線] を選択すると、起点-終点ペアを接続する直線が作成されます。このオプションは、(たとえば、顧客が訪問する店舗を表示するために) スパイダー ダイアグラムを生成する場合に最も適しています。[道路に追従] を選択すると、基礎となる道路ネットワークに基いて形状が作成されます。このオプションは、起点と終点間にルートを生成する場合に最も適しています。
    • 複数の起点を複数の終点に接続できるようになりました。たとえば、3 つの店舗があり、店舗ごとに 50 人の顧客がいるとすれば、すべての店舗を各店舗のすべての顧客に接続することができます。

GeoAnalytics ツール

新しいツール、機能などを含む GeoAnalytics Server の新機能を確認してください。

ラスター解析ツール

新しいラスター解析ツール、アプリ、機能などを含む ArcGIS Image Server の新機能を確認してください。

アプリ

ポータルでは、アプリの新機能と機能拡張を利用できます。

ArcGIS Mission

ArcGIS Mission は、作業環境を包括的に理解するために、ミッションに重点を置いたリアルタイムの状況認識およびコラボレーション ツールを組織およびチームに提供する、ArcGIS Enterprise 10.8 での新しいアプリです。このアプリを使用して、ミッションをリアルタイムに作成、共有、および監視し、作業用のマップおよびその他の資料を指定し、ピアツーピア通信を容易にし、ミッションをリアルタイムに監視することができます。

ArcGIS Mission は、 ArcGIS Mission ManagerArcGIS Mission Responder、および ArcGIS Mission Server という 3 つの主要なコンポーネントで構成されています。Mission Manager は、ミッションを作成してモバイル アプリに提供し、アクティブなミッション中に作業を共有し、ミッションを監視できるようにする Web アプリです。Mission Responder は、Manager によって割り当てられたミッションで作業し、状態および位置の更新を送信し、ピアツーピア通信を介して情報を共有できるようにするモバイル アプリです。Mission Server は、ManagerResponder の間のピアツーピア ネットワークを容易にします。

詳細については、ArcGIS Mission ヘルプをご参照ください。

ArcGIS QuickCapture

ArcGIS QuickCapture デザイナーは、ArcGIS Enterprise と共にインストールされ、エンタープライズ環境内でプロジェクトを作成し、全体的に共有できるようにします。または、ArcGIS Enterprise 組織サイトにサイン インしたまま ArcGIS QuickCapture Web サイトを使用し続け、プロジェクトを作成して共有することができます。ArcGIS QuickCapture Web サイトを使用するときに、QuickCapture デザイナーの最新の更新にアクセスできます。ArcGIS Enterprise 10.8 は、ArcGIS QuickCapture 1.2 デザイナーを含んでいます。

詳細については、ArcGIS QuickCapture ヘルプをご参照ください。

Tracker for ArcGIS

Track Viewer Web アプリは、ArcGIS Enterprise と共にインストールされ、別途のインストールを必要としなくなりました。トラックを表示するときに、ベースマップを変更することもできます。

詳細については、Tracker for ArcGIS ヘルプをご参照ください。

Workforce for ArcGIS

Workforce for ArcGIS Web アプリは、ArcGIS Enterprise と共にインストールされ、別途のインストールを必要としなくなりました。

詳細については、Workforce for ArcGIS ヘルプをご参照ください。

Web AppBuilder for ArcGIS

Web AppBuilder for ArcGIS は新しいウィジェットを含んでおり、複数のウィジェットおよびテーマが改善されました。詳細については、「Web AppBuilder for ArcGIS の新機能」をご参照ください。

  • 新しい [Business Analyst] ウィジェットを使用して、Business Analyst のインフォグラフィックスおよびクラシック レポートを生成できます。
  • フィーチャ レイヤーを検索して、ルート案内にストップを追加できます。
  • クエリとフィルターを使用して、日付と時刻の組み合わせに対してクエリを実行できます。
  • [現在地] ウィジェットに、コンパス方位と位置の精度をモバイル デバイスに表示する新しいオプションが追加されました。
  • [グループ フィルター] では、URL パラメーターを使用してフィルター値を定義できます。
  • 近隣検索ウィジェットに、正確な距離を使用して検索できる構成可能なバッファー入力オプションが追加されました。
  • CSV のダウンロードの際にフィールド名を追加するようにパブリック通知ウィジェットを構成できます。
  • [スマート エディター] には、いくつかの機能拡張が加えられ、相対日付を指定したり、URL パラメーターを使用して設定済みの値を定義したりすることができるようになりました。
  • スクリーニング ウィジェットを使用して、レポート内のサマリー テーブルを非表示にすることができます。
  • 多くのウィジェットおよびテーマのアクセシビリティが強化されました。

Operations Dashboard for ArcGIS

従来の Operations Dashboard 製品は、2019 年 1 月 1 日に廃止されました。詳細については、製品ライフ サイクルのページをご参照ください。ArcGIS Enterprise 10.8 以降、既存のオペレーション ビュー、Operations Dashboard エクステンション、および Operations Dashboard アドインのアイテムを、従来の Operations Dashboard 製品で使用できなくなりました。これらは廃止されており、開いたり表示したりできなくなっています。これらのアイテムのアイテム詳細ページは、読み取り専用としてポータルに残っています。ArcGIS Enterprise に組み込まれている新しい改善された Operations Dashboard Web アプリを使用してこれらのアイテムを再作成することを検討してください。

構成可能なアプリ テンプレート

次の新しい ArcGIS Configurable Apps テンプレートを利用できます。

  • [添付ファイル ビューアー] - 写真、ビデオ、または PDF の添付ファイルを、マップ内のフィーチャ レイヤー上でハイライト表示します。
  • [近傍] - アプリ ユーザーが、指定した位置からの指定した距離にある対象の位置を検索するのに役立ちます。
  • [ゾーン ルックアップ] - アプリ ユーザーが、指定した位置が定義済みのエリア (ゾーン) に含まれているかどうかを判定するのに役立ち、そのゾーンに関する情報をアプリ ユーザーに返します。

[カテゴリ ギャラリー] アプリ テンプレートは、ギャラリー内のサムネイルからアプリを開き、ギャラリー内のアプリごとに、フィルター ウィンドウが開いたときに表示されるサイン イン オプションおよび情報を制御できるようにする、新しいオプションを含んでいます。