Skip To Content

ArcGIS Enterprise Cloud Builder for Amazon Web Services

ニーズに合った ArcGIS Enterprise 配置には、複数のコンピューターや、メモリやディスク容量に余裕があるコンピューターが必要となることがあります。Amazon Web Services (AWS) を通じてクラウドの配置を行うことで、必要なコンピューターを柔軟性と拡張性をもって配置できるようになります。ArcGIS EnterpriseAWS の配置を簡単に作成するには、ArcGIS Enterprise Cloud Builder for Amazon Web Services を使用します。

ArcGIS Enterprise Cloud Builder for Amazon Web Services にはグラフィカル ユーザー インターフェイス アプリケーションと ArcGIS Enterprise Cloud Builder Command Line Interface for Amazon Web Services ユーティリティが含まれます。これにより、ArcGIS Enterprise のクラウドの配置を自動的に行えます。これらのいずれかのアプリケーションを使用するには、前提条件を満たしていることを確認し、ArcGIS Enterprise Cloud Builder for Amazon Web Services から My Esri ファイルをダウンロードします。

前提条件

Cloud Builder アプリやコマンド ライン ユーティリティを実行する前に、次のアイテムが必要です。取得方法が不明の場合は、IT 管理者にご確認ください。

  • AWS アカウント。
  • AWS アクセス キーと対応するシークレット アクセス キー。または、Cloud Builder を実行するコンピューターで設定した AWS プロファイル名
  • Portal for ArcGISArcGIS GIS Server、および基本配置に加えて所有している ArcGIS Server ライセンス ロールのライセンス ファイル。すべてのライセンス ファイルは、同じ ArcGIS バージョンを使用する必要があります。
  • SSL 証明書 (*.pfx、複数の場合あり) および対応するパスワード。
  • Microsoft Windows を実行する Cloud Builder コンピューター。
  • Microsoft .NET Framework を実行するコンピューターに Cloud Builder 4.8 以降がインストールされていること。
  • Microsoft Visual C++ アプリを実行するコンピューターにインストールされている Visual StudioCloud Builder 再頒布可能パッケージ (64 ビット版) の最新バージョン。

AWS の利用条件への同意

Amazon Machine Image (AMI) (以前使用していた AMI の新バージョンを含む) を初めて使用する前に、AWS Marketplace で利用条件に同意する必要があります。このため、この手順を実行して、ArcGIS Enterprise Cloud Builder for Amazon Web Services が最新の Esri ArcGIS Enterprise AMI を使用して配置を作成またはアップグレードできるようにする必要があります。

ArcGIS Enterprise Cloud Builder for Amazon Web Services のダウンロード

My Esri から ArcGIS Enterprise Cloud Builder for Amazon Web Services ファイルをダウンロードし、ファイルをダブルクリックしてセットアップ ウィザードを実行します。

デフォルトのインストール先は C:\Program Files\ArcGIS\CloudBuilder<release#>\AWS です。Cloud Builder が正常にインストールされると、インストール場所に次のフォルダーが生成されます。

  • Configuration
  • lib
  • Logs
  • Output

Cloud Builder を使用するには、これらのフォルダーへの読み取りおよび書き込みアクセス権が必要です。Cloud Builder を実行しているコンピューターの Windows 管理者でない場合、IT 部門にこれらのフォルダーへの読み取りおよび書き込みアクセス権を付与するよう依頼してください。

ArcGIS Enterprise Cloud Builder for AWS 10.8 は、次の Windows オペレーティング システムでサポートされています。

オペレーティング システム検証済みの最新アップデートまたはサービス パック

Windows 10 Home、Pro、Enterprise (64 ビット)

2019 年 8 月更新

Windows 8.1 Pro および Enterprise (64 ビット)

2019 年 8 月更新

Windows Server 2019 Standard および Datacenter (64 ビット)

2019 年 8 月更新

Windows Server 2016 Standard および Datacenter (64 ビット)

2019 年 8 月更新

Windows Server 2012 R2 Standard および Datacenter (64 ビット)

2019 年 8 月更新

Windows Server 2012 Standard および Datacenter (64 ビット)

2019 年 8 月更新

ArcGIS Enterprise Cloud Builder for Amazon Web Services アプリ

リソースのプロビジョニングや、ArcGIS Enterprise Cloud Builder for Amazon Web Services への ArcGIS Enterprise の配置をインタラクティブに行うには、AWS アプリを使用します。現在のところ、ArcGIS Enterprise Cloud Builder for Amazon Web Services アプリには、既存の配置を変更する機能が含まれていないため、配置を行う前にどの ArcGIS コンポーネントが必要となるか確認しておきます。

アプリを開くには、ArcGIS Enterprise Cloud Builder for Amazon Web Services がインストールされた場所を参照し、Cloudbuilder.exe ファイルをダブルクリックします。

プリファレンスの設定 (オプション)

配置でデフォルトの AWS リージョンを設定したり、配置の Amazon EC2 インスタンスのルート ドライブに対してデフォルト サイズを設定したりできます。アプリを使用すると、リージョン オプションとドライブ サイズ オプションには、設定済みのプリファレンスが反映されます。

これらのプリファレンスを設定するには、アプリを開いて AWS アカウントにサイン インし、アプリの [Deployments (配置)] ページ下部の [Preferences (プリファレンス)] リンクをクリックします。

配置の管理

ArcGIS Enterprise Cloud Builder for Amazon Web Services を使用して配置を作成すると、アプリを開いたときに、既存の配置のリストにその配置が表示されます。このリストから、次の操作を行えます。

ArcGIS Enterprise Cloud Builder Command Line Interface for Amazon Web Services

ArcGIS Enterprise Cloud Builder Command Line Interface for Amazon Web Services ユーティリティは、ArcGIS Enterprise のクラウド配置を自動化するための直感的なツールです。

ArcGIS Enterprise Cloud Builder CLI for AWS を使用して Amazon Web Services (AWS)ArcGIS Enterprise 配置を作成するには、2 つの JSON ファイル、Microsoft Windows コンピューターのコマンド プロンプト、ブラウザーの AWS Management Console を使用します。2 つの JSON ファイル (インストールの準備用と配置用) は、Cloud Builder のインストール場所にある Configuration で提供されているサンプル ファイルから変更できます。構成ファイルは常に Cloud Builder のインストール場所に配置してください。

Notepad ++ などのテキスト エディターを使用して、JSON ファイルを編集します。JSON ファイルを変更したら、コマンド プロンプト コンソールを開き、Cloud Builder を展開したフォルダーにディレクトリを変更して Cloudbuilder.exe を実行します。正しい JSON ファイルと、配置の準備 (PREP) または作成 (CREATE) に必要なコマンドを指定します。

  • Cloudbuilder.exe PREP -j <prepfilename.json>
  • Cloudbuilder.exe CREATE -j <createfilename.json>

他のコマンドは JSON ファイルを必要としません。これらのコマンドを次に示します。

  • Cloudbuilder.exe LIST --aws-access-key <access key> --aws-secret-access-key <secret access key> もしくは Cloudbuilder.exe LIST --aws-profile-name <aws profile name>
  • Cloudbuilder.exe STOP -d <deployment name> --aws-access-key <access key> --aws-secret-access-key <secret access key> もしくは Cloudbuilder.exe STOP -d <deployment name> --aws-profile-name <aws profile name>
  • Cloudbuilder.exe START -d <deployment name> --aws-access-key <access key> --aws-secret-access-key <secret access key> もしくは Cloudbuilder.exe START -d <deployment name> --aws-profile-name <aws profile name>
  • Cloudbuilder.exe DELETE -d <deployment name> --aws-access-key <access key> --aws-secret-access-key <secret access key> もしくは Cloudbuilder.exe DELETE -d <deployment name> --aws-profile-name <aws profile name>
  • Cloudbuilder.exe {-v | --version}
  • Cloudbuilder.exe {-h | --help}

PREP コマンドを使用すると、配置を作成する前に必要ないくつかのタスクを自動化できます。配置用のネットワーク スタックと Amazon Simple Storage Service (S3) バケットが作成されて、必要な認証ファイルと SSL 証明書がすべてバケットにアップロードされ、SSL 証明書が AWS Certificate Manager にインポートされます。PREP コマンドが必要になるのは、これらの手順を手動で行っていない場合、特定の ArcGIS Enterprise の配置を初めて作成するときです。

CREATE コマンドを使用すると、ArcGIS Enterprise 基本配置が作成され、指定する ArcGIS Server ライセンス ロールごとにコンピューターを 1 台追加で作成しフェデレートできます。コマンドを実行して初期配置を作成したら、更新したファイルで後から実行して、配置にサイトを追加できます。アーキテクチャと機能の詳細については、「ArcGIS Enterprise の基本配置」をご参照ください。

LIST コマンドは、ArcGIS Enterprise Cloud Builder for AWS アプリまたはコマンド ライン インターフェイスを使用して作成した、アカウント内のすべての配置のリストを返します。リストには、5 つの列 (Deployment Name、AWS Region、ArcGIS Version、Deployment Status、および Deployment State) が含まれています。

STOP コマンドは、指定した配置に関連付けられているすべての Amazon EC2 インスタンスを停止します。このコマンドは、ArcGIS Enterprise Cloud Builder for AWS アプリまたはコマンド ライン インターフェイスを使用して作成された配置を停止するためにのみ使用できます。

START コマンドは、指定した配置に関連付けられているすべての Amazon EC2 インスタンスを起動します。このコマンドは、ArcGIS Enterprise Cloud Builder for AWS アプリまたはコマンド ライン インターフェイスを使用して作成された配置を起動するためにのみ使用できます。

DELETE コマンドを使用すると、配置とそれに関連付けられた AWS リソースを削除できます。ArcGIS Enterprise Cloud Builder CLI for AWS または ArcGIS Enterprise Cloud Builder for AWS を使用して作成された配置のみを削除できます。

version または -v オプションは、ArcGIS Enterprise Cloud Builder CLI for AWS の現在のバージョンを返します。

help または -h オプションは、ArcGIS Enterprise Cloud Builder CLI for AWS コマンドの構文および例を表示します。

ArcGIS Enterprise Cloud Builder CLI for AWS を使用して配置の作成を開始するには、「ArcGIS Enterprise Cloud Builder CLI for AWS PREP コマンドを使用した配置リソースの準備」をご参照ください。