Skip To Content

Amazon Relational Database Service (RDS) for SQL Server 上の ArcGIS における AWS のエンタープライズ ジオデータベースの使用

Amazon Web Services (AWS) 上に ArcGIS Enterprise サイトまたはスタンドアロン ArcGIS Server (Enterprise エディション) サイトを配置するときは、Amazon Relational Database Service (RDS) for SQL Server にジオデータベースを作成して、フェデレーションまたはスタンドアロン ArcGIS Server サイトに登録できます。

ジオデータベースを作成してサイトに登録したら、次にデータをジオデータベースに移動する必要があります。このデータからサービスを公開したり、後でこれらのサービスを削除したりしても、データはジオデータベースに残ります。

ArcGIS ツールを使用したジオデータベースの作成

ArcGIS Enterprise on Amazon Web Services 配置ツールには、Amazon RDS for SQL Server にジオデータベースを含めるオプションもあります。配置ツールによって作成されたジオデータベースは egdb という名前が付けられ、ArcGIS Server サイトの管理されたデータベースとして登録されます。

Amazon Relational Database Service (RDS) for SQL Server を ArcGIS ソフトウェアで使用する場合は、データベース認証ログインを使用して接続します。配置に SQL Server インスタンスを含めることを選択すると、ArcGIS GIS Server サイトを作成する Esri ツールは 2 つの Amazon Relational Database Service (RDS) for SQL Server ログインとデータベース ユーザーを作成します。これらのログインのパスワードは、ArcGIS Server プライマリ サイト管理者に指定されたパスワードと同じになります。

  • EsriRDSAdmin: EsriRDSAdmin ユーザーは、データベースと sde ユーザーを作成する RDS マスター ユーザーです。
  • sde: sde ユーザーはジオデータベース システム オブジェクトを所有し、ジオデータベース管理者と見なされます。

ArcGIS Enterprise on Amazon Web Services 配置ツールを使用して作成された Amazon Relational Database Service (RDS) for SQL Server インスタンスでは、デフォルトでミラーリングが有効化されていません。この機能が必要な場合は、手動で有効化する必要があります。詳細については、Amazon Relational Database Service ユーザー ガイドをご参照ください。

AWS Management Console の使用

AWS Management Console を使用してサイトを作成し、データの格納に Amazon Relational Database Service (RDS) for SQL Server を使用する場合は、独自にデータベース、ログイン、スキーマ、およびエンタープライズ ジオデータベースを作成し、必要な権限をユーザーに付与して、ジオデータベースを ArcGIS Server サイトに登録する必要があります。詳細については、「Amazon Relational Database Service (RDS) for SQL Server でのジオデータベースの作成」をご参照ください。