Skip To Content

Amazon Web Services上のジオデータベース

ジオデータベースは、空間データと非空間データを格納します。Amazon Elastic Compute Cloud (EC2) インスタンスのジオデータベースは、Amazon Web Services (AWS) 上の ArcGIS Server サイトから提供されるデータを格納できるようになっています。ファイル、ワークグループ、またはエンタープライズ ジオデータベースを使用できます。

備考:

AWS インスタンスのジオデータベースは、AWS 上の ArcGIS クライアントからジオデータベースにアクセスする場合よりもパフォーマンスが大幅に遅くなるため、オンプレミス ArcGIS クライアントから直接アクセスされることを想定していません。

ArcGIS Enterprise 配置ツールの AWS は、スタンドアロン ArcGIS GIS Server サイトで Amazon データベース サービスにエンタープライズ ジオデータベースを含めるオプションを提供します。これらのツールを使用して作成されたエンタープライズ ジオデータベースは、管理されたデータベースとして GIS Server サイトに登録されます。Esri AWS Machine Image (AMI) を使用して Amazon Management Console からサイトを作成する場合は、独自のファイル、ワークグループ、またはエンタープライズ ジオデータベースを作成し、それらを ArcGIS Server サイトに登録できます。

サイトへのジオデータベースの登録の詳細については、ArcGIS Server のトピック「ArcGIS Server のデータ ソース」をご参照ください。

エンタープライズ ジオデータベース

ArcGIS Enterprise 配置ツールの AWS を使用してスタンドアロン GIS Server サイトを起動し、ArcGIS GIS Server Enterprise エディション ライセンスを提供すると、エンタープライズ ジオデータベースが AWS インスタンスに作成されます。

このエンタープライズ ジオデータベースは egdb という名前が付けられ、管理されたデータベースとして GIS Server サイトに追加されます。

オンプレミスのデータ ソースおよびデスクトップ アプリケーションから AWS 上の GIS Server サイトにデータを公開でき、これを行うと、ArcGIS によって、管理されたデータベースにデータがコピーされます。

一部のデータベース メンテナンス タスクは Amazon によって実行されるため、ユーザーが行う必要はありません。たとえば、RDS インスタンスは自動的にデータベース パッチを適用し、データベースのバックアップを作成します。また、高可用性を実現する設計になっており、複数のアベイラビリティ ゾーンで動作 (multi-AZ 配置と呼ばれる) させることができます。

Multi-AZ 配置は Amazon データベース サービス インスタンスのデフォルトの配置タイプです。したがって、Amazon 配置ツールの ArcGIS Enterprise を使用して起動する AWS データベース サービス インスタンスではこの配置タイプが使用されます。

備考:

Multi-AZ 配置は高い可用性を提供するため、Amazon では、運用システムに Multi-AZ 配置を使用することを推奨しています。ただし、これらの配置は 1 時間あたりの利用とストレージに対するコストが他の配置よりも高くなることに注意してください。詳細については、Amazon RDS の価格ガイドをご参照ください。

次の図は、GIS ServerAWS RDS インスタンスがある Amazon 上の ArcGIS Server サイトを示しています。このサイトには、CPU 使用量が指定の閾値を上回った場合に利用できる AWS インスタンス上の 2 つの追加 GIS Server インストールが存在します。

ArcGIS Server と RDS インスタンス

詳細については、「PostgreSQL 上の ArcGIS における AWS のジオデータベースの使用」および「SQL Server 上の ArcGIS における AWS のエンタープライズ ジオデータベースの使用」をご参照ください。

Esri AMI と AWS Management Console を使用してスタンドアロン GIS Server サイトを作成する場合は、サポートされている AWS データベースの 1 つに独自のエンタープライズ ジオデータベースを作成できます。

サポートされている AWS 提供のデータベース

ArcGIS Enterprise 配置ツールの AWS は次の AWS データベースにエンタープライズ ジオデータベースを作成できます。

  • Amazon Aurora PostgreSQL
  • Amazon Relational Database Service (RDS) for PostgreSQL
  • Amazon Relational Database Service (RDS) for SQL Server

Esri が提供する配置ツールは Microsoft SQL ServerPostgreSQL にジオデータベースを作成することができませんが、ユーザーはそれらのデータベースで SQL Server を使用して独自のインスタンスを作成し、[エンタープライズ ジオデータベースの有効化 (Enable Enterprise Geodatabase)] ツールを実行してジオデータベースを作成できます。

現時点で、ArcGIS ではこれらのデータベース サービスに対するデータベース認証による接続のみがサポートされています。

ワークグループ ジオデータベース

ArcGIS Enterprise Workgroup エディション ライセンスを所有している場合は、Esri Windows AMI および AWS Management Console を使用して、EC2 インスタンス上にスタンドアロン GIS Server サイトを作成できます。ArcGIS Server Workgroup エディション インスタンスが作成されたら、そのインスタンス上に ArcGIS データベース サーバー (Workgroup) をインストールできます。

AWS 上でこれらのジオデータベースを作成および使用する方法の詳細については、「AWS 上の ArcGIS でのワークグループ ジオデータベースの使用」をご参照ください。

ファイル ジオデータベース

ArcGIS Enterprise on Amazon Web Services で使用されるファイル ジオデータベース」をご参照ください。