Skip To Content

AWS 上の ArcGIS Enterprise に関する制約

Amazon Web Services (AWS) 上では、ほとんどの ArcGIS 機能を使用できますが、このトピックでは、サポートされていないいくつかの機能および構成を取り上げます。

ELB (Elastic Load Balancer) と Web ADF の使用に関する制限

AWSのスケーリングのために ELB (Elastic Load Balancer) を使用する場合、ArcGIS Server のいくつかの特定機能が制約を受けます。Esri が提供する AWS CloudFormation テンプレートまたはそれらのテンプレートを使用する Esri ツール (ArcGIS Enterprise Cloud Builder Command Line Interface for Amazon Web Services など) を使用して複数コンピューターの ArcGIS Server サイトを起動するか、ArcGIS Enterprise を配置する場合、デフォルトで ELB が構成されます。ELB は、サイトに参加している任意のインスタンス間で受信リクエストを調整します。つまり、特定のクライアント (Web ブラウザーのユーザー セッション、デスクトップ クライアント、またはモバイル アプリケーション) からのリクエストが特定の Amazon Elastic Compute Cloud (EC2) インスタンスによって処理される保証はありません。これにより、ステートフルな Web アプリケーションの使用が制限されます。

ArcGIS Server Web ADF (Application Developer Framework) アプリケーションは、Web 層 (インターネット インフォメーション サービス内) に格納されているユーザー セッション情報に依存しています。Web ADF アプリケーションが機能するには、ユーザー セッション (Web ブラウザー) から送信されてくるリクエストが、当該セッション情報が格納される EC2 インスタンスに着信する必要があります。上記で述べたように、ELB の使用時は、これが保証されません。

上級ユーザーは、固定的なセッションを使用してこの制限に対応できます。Amazon には、ELB で固定的なセッションを構成するためのスクリプトがいくつか用意されています。ただし、Esri は、Amazon Elastic Compute Cloud でのこれらの構成を認可していません。

Web ADF は推奨されないテクノロジであるため、ご使用の Web アプリケーションを JavaScript 用の ArcGIS Web API に移行することをお勧めします。

Amazon によって課される制約

Amazon は、作成可能なリソースに関して一部の制限を設けています。たとえば、EBS (Elastic Block Store) ボリュームのサイズ、インスタンスにアタッチ可能な EBS ボリュームの数、一度に実行できるインスタンスの数、1 つのリージョンに割り当て可能な Elastic IP の数などです。制限に対する例外が、Amazon へのリクエストに応じて提供されることがあります。

Amazon による制限に関する最新の公式情報については、「AWS ドキュメント」をご参照ください。