Skip To Content

ArcGIS Enterprise Cloud Builder CLI for AWS を使用した配置の管理

ArcGIS Enterprise Cloud Builder Command Line Interface for Amazon Web Services を使用して配置を作成したら、次のコマンドを使用して配置を管理できます。

コマンド ライン構文

以下は、このページで説明されている各コマンドに使用する構文です。ArcGIS Enterprise Cloud Builder CLI for AWS で使用できるヘルプおよびバージョン オプションの構文も記載されています。

  • Cloudbuilder.exe LIST --aws-access-key <access key> --aws-secret-access-key <secret access key> もしくは Cloudbuilder.exe LIST --aws-profile-name <aws profile name>
  • Cloudbuilder.exe STOP -d <deployment name> --aws-access-key <access key> --aws-secret-access-key <secret access key> もしくは Cloudbuilder.exe STOP -d <deployment name> --aws-profile-name <aws profile name>
  • Cloudbuilder.exe START -d <deployment name> --aws-access-key <access key> --aws-secret-access-key <secret access key> もしくは Cloudbuilder.exe START -d <deployment name> --aws-profile-name <aws profile name>
  • Cloudbuilder.exe DELETE -d <deployment name> --aws-access-key <access key> --aws-secret-access-key <secret access key> もしくは Cloudbuilder.exe DELETE -d <deployment name> --aws-profile-name <aws profile name>
  • Cloudbuilder.exe {-v | --version}
  • Cloudbuilder.exe {-h | --help}

配置の一覧表示

LIST コマンドは、指定した Amazon Web Services (AWS) アカウントで ArcGIS Enterprise Cloud Builder for Amazon Web Services を使用して作成されたすべての配置に関する情報を返します。この情報を使用して、STOPSTARTDELETE などのコマンドを使用して配置を管理できます。これらのコマンドについては、以降のセクションで説明します。

利用可能な配置の情報を表示するには、次の手順に従います。

  1. Windows コマンド ライン インターフェイスを開きます。
  2. ArcGIS Enterprise Cloud Builder for AWS がインストールされているフォルダーにディレクトリを変更します。
  3. LIST コマンドで Cloud Builder 実行可能ファイルを実行します。

    構文は次のとおりです。

    Cloudbuilder.exe LIST {--aws-access-key <myaccesskey> --aws-secret-access-key <mysecretaccesskey> | --aws-profile-name <myawsprofilename>}

    このコマンドを使用すると、各配置の Deployment Name (配置名)、AWS Region (AWS リージョン)、ArcGIS Version (ArcGIS バージョン)、および Deployment Status (配置ステータス) が一覧表示されます。

配置内のコンピューターの停止

STOP コマンドは、配置内のすべての Amazon Elastic Compute Cloud (EC2) コンピューターを停止します。使用していない EC2 コンピューターを停止するとコストは削減できますが、誰も配置を使用しない場合にのみ停止してください。

特定の配置内のすべてのインスタンスを停止するには、次の手順に従います。

  1. Windows コマンド ライン インターフェイスを開きます。
  2. ArcGIS Enterprise Cloud Builder for AWS がインストールされているフォルダーにディレクトリを変更します。
  3. STOP コマンドで、停止する配置の名前を指定して Cloud Builder 実行可能ファイルを実行します。

    構文は次のとおりです。

    Cloudbuilder.exe STOP -d <mydeploymentname> {--aws-access-key <myaccesskey> --aws-secret-access-key <mysecretaccesskey> | --aws-profile-name <myawsprofilename>}

    LIST コマンドを使用して、配置名を取得します。配置名の大文字と小文字は区別されます。配置を停止できるのは、ステータスが [Completed (完了)] で、配置状態が [Started (開始)] の場合のみです。

    このコマンドは、指定した配置内のすべてのコンピューターを停止します。

配置内のコンピューターの開始

STOP コマンドを使用して配置内の EC2 コンピューターを停止した場合、START コマンドを使用してコンピューターを再開できます。

特定の配置ですべてのインスタンスを開始するには、次の手順に従います。

  1. Windows コマンド ライン インターフェイスを開きます。
  2. ArcGIS Enterprise Cloud Builder for AWS がインストールされているフォルダーにディレクトリを変更します。
  3. START コマンドで、開始する配置の名前を指定して Cloud Builder 実行可能ファイルを実行します。

    構文は次のとおりです。

    Cloudbuilder.exe START -d <mydeploymentname> {--aws-access-key <myaccesskey> --aws-secret-access-key <mysecretaccesskey> | --aws-profile-name <myawsprofilename>}

    配置名の大文字と小文字は区別されます。配置状態が [Stopped (停止)] の場合のみ、配置を開始できます。

    このコマンドは、指定した配置内のすべての EC2 コンピューターを開始します。

配置の削除

ArcGIS Enterprise ユーティリティを使用して作成した Amazon Web Services (AWS) 上の ArcGIS Enterprise Cloud Builder Command Line Interface for Amazon Web Services の配置を削除する場合、DELETE コマンドを使用します。

DELETE コマンドを使用すると、AWS CloudFormation スタック、CloudWatch ログ、AWS Route 53 からのレコード (CREATE を指定した場合)、クラウド ストアの Amazon Simple Storage Service (S3) バケットと DynamoDB テーブル (AWSRoute53ZoneID のそのオプションを指定した場合) など、StoreType コマンドを使用して作成したすべてのリソースが削除されます。この操作を取り消すことはできません。

備考:

DELETE コマンドは、ArcGIS Enterprise Cloud Builder CLI for AWS CREATE コマンドを使用して作成された配置にのみ対応しています。PREP コマンドを使用して作成したアセットは削除されません。