Skip To Content

ArcGIS Enterprise Cloud Builder CLI for AWS CREATE コマンドを使用した配置の作成

ArcGIS Enterprise Cloud Builder Command Line Interface for Amazon Web Services (AWS) ユーティリティの CREATE コマンドを使用すると、ArcGIS Enterprise の基本配置を作成でき、必要に応じて ArcGIS Server ライセンス ロールごとに 1 つの追加のフェデレーション コンピューターを作成できます。コマンドを実行して初期配置を作成した後、もう一度コマンドを実行して、さらに ArcGIS Server サイトを追加できます。

備考:

CREATE コマンドを実行する前に、新しいコンピューターを作成するための配置に使用できるリソースが AWS 組織に十分にあることを確認してください。新しい配置が組織の制限を超えている場合、コマンドは失敗します。

CreateSamples フォルダーから Esri のサンプル JSON ファイルのコピーを 1 つ開き、変更してパラメーターを含めることができます。たとえば、ラスター解析に最適化した配置を構築するには、baseenterpriseallinonewithra.json ファイルを選択します。

また、ArcGIS Enterprise Cloud Builder for AWS アプリからダウンロードしたサマリー JSON ファイルを新しい配置のテンプレートとして使用することもできます。ただし、ArcGIS Enterprise Cloud Builder CLI for AWS アプリを使用して作成した配置に追加するには、ArcGIS Enterprise Cloud Builder for AWS は使用できません。

AWS Management Console コマンドを実行する前に、CREATE でいくつかの手順を完了する必要があります。これらの手順の結果を JSON ファイルのパラメーター設定として使用します。

  1. 配置の準備の際に指定したアカウントと同じアカウントを使用して、AWS Management Console にサイン インします。前のセクションで "AWSRegion" パラメーターを使って指定したリージョンと同じリージョンであることを確認してください。
  2. 単一コンピューターによる ArcGIS Enterprise の基本配置と ArcGIS GeoEvent Server コンピューターを作成する場合は、AWS の新しい Elastic IP アドレスを Amazon Virtual Private Cloud (VPC) 用に割り当てます。対応する Allocation ID をコピーします。この形式は、eipalloc-xxxxxxxx です。JSON ファイルで、SiteEIPAllocationID パラメーターの値として [BaseEnterprise] の下に ID を貼り付けます。

    単一コンピューターによる ArcGIS Enterprise の基本配置を作成する場合は、ステップ 5 に進みます。

  3. ArcGIS Server と可用性の高い ArcGIS Enterprise の配置はそれぞれロード バランサーが必要です。以下で説明するようにロード バランサーを作成するか、既存のロード バランサーを使用することもできます。既存のロード バランサーを使用する場合は、手順 4 に進みます。
    • ArcGIS Enterprise Cloud Builder CLI for AWS ユーティリティでは、組織が Amazon Route 53 を使用して組織のドメイン ネーム サービス (DNS) を管理し、AWS アカウントに DNS を管理する権限がある場合に、ロード バランサーを作成できます。この構成は一般的ではありません。このため、この構成および権限が存在するかどうかわからない場合は、まずロード バランサーの作成が必要になる可能性が高くなります。
    • ロード バランサーは、Esri サンプル AWS CloudFormation テンプレート (推奨オプション) を使用して作成するか、AWS Management Console で作成します。AWS 以外でドメイン名を購入した場合、ユーティリティを使用して配置を作成する前に、ドメイン名をロード バランサーにマップする必要があります。AWS Management Console を使用してロード バランサーを作成する場合、配置と同じ VPC を使用していることと HTTPS リスナーでロード バランサーを構成していることを確認してください。

      ArcGIS Enterprise Cloud Builder CLI for AWS ユーティリティでは、CloudFormation テンプレートまたは AWS Management Console で作成したロード バランサーを使用できます。

    ロード バランサーを作成したら、生成される DNS 名を書き留めます。これは、末尾が *.elb.amazonaws.com となっています。この情報は次の手順で必要になります。

  4. ロード バランサーの DNS 名をドメインにマップします。AWS Route 53 サービスを使用している場合は、そのページに移動します。ドメインの登録が済んでいない場合は、ドメインを登録して、目的のサイト ドメイン名でレコード セットを作成します。異なる DNS マッピング サービスを使用している場合は、そのサイトを参照します。いずれの場合でも、基本配置サイト名のタイプを CNAME に設定し、手順 2 で取得した DNS 名を値として貼り付けます。これを繰り返して、各ロード バランサーの DNS 名を各 ArcGIS Server サイトにマップします。

    たとえば、ラスター解析用に最適化された配置を構築している場合、ラスター解析サーバー用に作成したロード バランサーの DNS 名を ArcGIS Image Server サイトにマップします。

  5. サイト ドメイン名 (base.domain.comraster.domain.com など) および追加ロード バランサーの [Name] 値を適切なセクションの [SiteDomain] の値として JSON ファイルに追加します。

    たとえば、baseenterpriseallinonewithra.json サンプル ファイルを変更している場合は、VPC ID 値が "Default" セクションに設定されます。その他の値は、以下のように "BaseEnterprise" セクションと "RasterAnalytics" セクションに設定されます。

    "Default" :{  
    	  "VPCId": "vpc-0011xxxxx",	 
    	  "DriveSizeRoot": "100",
    	  "KeyName": "YOURKEYNAME",
    	  "FSInstanceType": "m4.xlarge",
    	  "ASInstanceType": "m4.xlarge",
    	  "SecondaryInstances": "2",	
    	  "BDSInstanceType": "m4.xlarge",
    	  "BDSInstances": "0",	
    	  "DBEngine": "postgres",
    	  "DBInstanceClass": "db.m4.large",
    	  "DBAllocatedStorage": "200",
    	  "DeploymentBucket": "enterprisefiles",
    	  "StoreType": "CloudStore",
    	  "SiteAdmin": "admin",
    	  "SiteAdminPassword": "changeit",	
    	  "RunAsUserPassword": "P@ssw0rd123",
    	  "SSLCertificateFile": "wildcard_yourdomain_com.pfx",
    	  "SSLCertPassword": "AvertUR1s",
    	  "SSLCertificateARN": "arn:aws:acm:ap-northeast-1:123456789123:certificate/xxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx",
    	  "PostInstallationScript": "none"
    	},
    "BaseEnterprise":{
      "SiteEIPAllocationID": "eipalloc-xxxxxxxx",	
      "InstanceType": "m4.xlarge",	
      "SiteDomain": "basedep.yourdomain.com",
      "PortalLicenseFile": "Your_Portal_License.json",
      "UserLicenseTypeID" : "My_User_Type_UT"
      "ServerLicenseFile":	"Your_GIS_Server_License.prvc",	  
      "Type": "AllInOne"
     },    
    "RasterAnalytics":{
      "ServerLicenseFile": "Your_Image_Server_License.prvc",	
      "ELBName": "your-raster-elb",
      "SiteDomain": "raster.yourdomain.com",	
      "CloudStoreS3BucketPath": "yourbucket/yourfolder",
      "Federate":true,
    }
  6. AWS にキー ペアを作成します。キー ペア名を KeyName パラメーターの値として JSON ファイルに追加します。
  7. JSON ファイルで、必要に応じて残りのパラメーターを変更します。詳細については、「ArcGIS Enterprise Cloud Builder CLI for AWS の完全なパラメーター リスト」をご参照ください。
  8. 変更した JSON ファイルを保存します。コマンド プロンプト コンソールに戻り、次のように CREATE コマンドを実行します: cloudbuilder.exe CREATE -j <createfilename.json>

    ユーティリティにより、ArcGIS Enterprise Cloud Builder CLI for AWSOutput フォルダーにある、DeploymentName パラメーターの名前が付けられたサブフォルダー内に出力ファイルが作成されます。同じ ArcGIS Enterprise の配置に対して CREATE コマンドを実行するたびに、出力ファイルが対応する配置のサブフォルダーに配置されます。ファイルには、<DeploymentName>_<batchID>.json という名前が付けられます。batchID 文字列にはファイル作成のタイムスタンプが含まれます。ユーティリティは古い出力ファイルを削除しません。

    ログ ファイルは、ArcGIS Enterprise Cloud Builder for Amazon Web Services を展開したディレクトリの Logs フォルダーにあります。

    CREATE コマンドを実行して基本配置と、ArcGIS GeoAnalytics Server、ラスター解析サーバー、ArcGIS GIS ServerArcGIS GeoEvent Server の各サイトを作成するときに生成される出力ファイルのコンテンツ例を以下に示します。

    "BaseEnterprise":{
               "PortalURL": "http://enterprise.yourdomain.com/portal/home",
               "ServerURL": "http://enterprise.yourdomain.com/server/manager"	 
       },
       "GeoAnalytics":{
                "ServerURL": "http://geoanalytics.yourdomain.com/arcgis/manager"	
       },
       "RasterAnalytics":{
                "ServerURL": "http://rasteranalytics.yourdomain.com/arcgis/manager"
       },
       "Server":{     
           "ServerURL": "http://server.yourdomain.com/arcgis"
       },
       "GeoEvent":{
               "ServerURL": "http://geoevent.yourdomain.com/server/manager",
               "GeoEventServerURL": "http://geoevent.yourdomain.com:6143/geoevent/manager"
       }

    出力ファイルのコンテンツは、設定 JSON ファイルに入力した情報によって異なることに注意してください。

  9. コマンドを実行して、ArcGIS Enterprise の配置を作成したら、後からもう一度コマンドを実行して、追加の ArcGIS Server サイトを作成できます。同じ配置構成ファイルを更新して、もう一度 CREATE コマンドを実行します。ArcGIS Enterprise Cloud Builder CLI for AWS ユーティリティは、すでに配置済みのコンポーネントをスキップし、それに合わせて新しいコンポーネントを追加します。