Skip To Content

ArcGIS Enterprise Cloud Builder CLI for AWS PREP コマンドを使用した配置リソースの準備

ArcGIS Enterprise Cloud Builder Command Line Interface for Amazon Web Services PREP コマンドを使用すると、ArcGIS Enterprise 上の Amazon Web Services (AWS) の配置に不可欠な準備タスクをいくつか自動化できます。パラメーターを指定する JSON ファイルを準備した後、PREP コマンドを実行して、次の作業を行います。

  • バケットがまだ存在しない場合は、配置用にネットワーク スタックと Amazon Simple Storage Service (S3) バケットを作成します。S3 バケットは Cloud Builder が管理します。
  • 配置用に Amazon Virtual Private Cloud (VPC) を作成します。
  • 必要な認証ファイルと SSL 証明書をすべて S3 バケットにアップロードします。
  • SSL 証明書を AWS Certificate Manager にインポートします。

次の状況でのみ、PREP コマンドをもう一度実行する必要があります。

  • 異なるリージョンまたは別のネットワークに別の配置を作成する。
  • 複数の AWS アカウントがあり、別のアカウントの配置を作成する。
  • 配置の SSL 証明書を更新する必要がある。
  • ArcGIS ライセンスが失効し、新しいライセンス ファイルをアップロードする必要がある。

PREP コマンドを実行すると、ローカル ドライブ上のテキスト ファイルに情報が返されます。

  1. My Esri から ArcGIS Enterprise Cloud Builder for Amazon Web Services セットアップをダウンロードして、ローカル ドライブに配置します。
  2. Setup.exe ファイルをダブルクリックして、インストールを開始します。各画面の指示に従って、インストールを実行してください。

    インストール時に、ArcGIS Enterprise Cloud Builder CLI for AWS ユーティリティおよびそのサポート ファイルとサンプルが、指定した場所にインストールされます。

  3. SSL 証明書ファイル (*.pfx) とライセンス ファイル (ArcGIS Server 用の *.prvc または *.ecp、および Portal for ArcGIS 用の *.json) を ArcGIS Enterprise Cloud Builder CLI for AWS ユーティリティを抽出したコンピューターに移動します。
  4. ユーティリティに付属する .json サンプル ファイルを修正して使用する場合、Configuration\PrepSamples フォルダーにファイルのコピーを作成します。必ず Configuration フォルダーの下のサブフォルダーにコピーを配置してください。
  5. ArcGIS Enterprise Cloud Builder CLI for AWS ユーティリティを使用して PREP コマンドを実行する前に、サンプルの準備ファイルの 1 つを修正するか、独自の *.json 準備ファイルを作成します。

    VPCS3 バケットを作成し、SSL 証明書ファイルと ArcGIS ライセンス ファイルを 1 ステップでアップロードするには、allprep.json サンプル ファイルのコピーを修正するか、次の例に示すパラメーターを含む独自の *.json 準備ファイルを作成します。テキスト エディターでファイルを開き、パラメーターをアカウントと配置に固有の情報に設定して、変更を保存します。各パラメーターの詳細については、「ArcGIS Enterprise Cloud Builder CLI for AWS パラメーター」をご参照ください。

    次の例では、ユーティリティは、アカウントのアクセス キーとシークレット アクセス キーを使用して AWS アカウントに接続します。ライセンス ファイルと SSL 証明書は、指定したローカル フォルダーからコピーされ、ArcGIS Enterprise Cloud Builder for AWS が管理する S3 配置バケットに配置されます。アベイラビリティ ゾーン ap-northeast-1b と ap-northeast-1a に VPC も作成されます。

    すべての ArcGIS Server ライセンスを同じファイルに含めることができます。

    {
    	"AWSCredentials": {
    		"AWSAccessKey": "ABCDEFGHIMI4YCPABC",
    	 "AWSSecretKey": "ABCDLZDYIzZuXHlWHOPhMqrTmABCD",
    		"AWSRegion": "ap-northeast-1"
    	},
    	"NetworkStack": {
    		"StackName": "EnterpriseVPC",
    		"AZs": "ap-northeast-1b,ap-northeast-1a",
    		"CreateFlag":true
    	},
    	"ArcGISEnterpriseFiles": {
    	 "PortalLicense": "C:\\ArcGISLicenses\\Your_Portal_License.json",
    		"ServerLicense": "C:\\ArcGISLicenses\\Your_GIS_Server_License.prvc",
    		"GeoAnalyticsLicense": "C:\\ArcGISLicenses\\Your_GeoAnalytics_Server_License.prvc",
      "NotebookServerLicense": "C:\\ArcGISLicenses\\Your_Notebook_Server_License.prvc",		
      "ImageServerLicense": "C:\\ArcGISLicenses\\Your_Image_Server_License.prvc",
    		"RasterAnalyticsLicense": "C:\\ArcGISLicenses\\Your_Image_Server_License.prvc",
    		"ImageHostingLicense": "C:\\ArcGISLicenses\\Your_Image_Server_License.prvc",
    		"GeoEventLicense": "C:\\ArcGISLicenses\\Your_GeoEvent_Server_License.prvc",
    		"SSLCertificateFile": "C:\\MyCerts\\wildcard_yourdomain_com.pfx",
    		"SSLCertPassword": "changeit"
    	}
    }
  6. コマンド プロンプトを開き、cd ユーティリティとファイルをインストールしたフォルダーにディレクトリ (ArcGIS Enterprise Cloud Builder CLI for AWS) を変更します。PREP コマンド (cloudbuilder.exe PREP -j <prepfilename.json>) でユーティリティを実行します。

    たとえば、ArcGIS Enterprise Cloud Builder CLI for AWS myallprep.json フォルダーの新しい準備ファイル サブフォルダーに配置する Configuration と言う名前のファイルを使用して、次のとおり入力します。

    cloudbuilder.exe PREP -j Configuration\MyPrepFiles\myallprep.json

  7. PREP_<date><time>.json フォルダーまたはローカル ドライブで ArcGIS Enterprise Cloud Builder CLI for AWS ユーティリティの出力ファイル (CloudBuilder\AWS\CLI\Output の形式) を検索します。このファイルには、配置を作成する際に必要になる情報が含まれています。

    手順 5 のサンプル ファイルの実行による出力には、新しい VPC の ID と 2 つのサブネット ID、S3 バケット名、および SSL 証明書用に作成された一意の Amazon Resource Name (ARN) が含まれます。

    "NetworkStack": {
          "VPCId": "vpc-z9fb11ba",
          "subnet1": "subnet-z319acee",
          "subnet2": "subnet-f4fc658f"
       },
       "DeploymentDetails": {
          "PortalLicense": "resources/licenses/<version>/portal/Your_Portal_License.json",
    	    	"ServerLicense": "resources/licenses/<version>/server/Your_GIS_Server_License.prvc",
    	    	"GeoAnalyticsLicense": "resources/licenses/<version>/geoanalytics/Your_GeoAnalytics_Server_License.prvc",
          "NotebookServerLicense": "resources/licenses/<version>/notebookserver/Your_Notebook_Server_License.prvc",		
          "ImageServerLicense": "resources/licenses/<version>/image/Your_Image_Server_License.prvc",
    	    	"RasterAnalyticsLicense": "resources/licenses/<version>//rasteranalytics/Your_Image_Server_License.prvc",
    	    	"ImageHostingLicense": "resources/licenses/<version>//imagehosting/Your_Image_Server_License.prvc",
    	    	"GeoEventLicense": "resources/licenses/<version>/geoevent/Your_GeoEvent_Server_License.prvc",
    	     "SSLCertificateFile": "resources/sslcerts/wildcard_yourdomain_com.pfx",
          "SSLCertificateARN": "arn:aws:acm:ap-northeast-1:123456789123:certificate/xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx",
          "DeploymentBucket": "esri-aws-1234567890"
       }

    出力ファイルのコンテンツは、構成ファイルに入力した情報によって異なることに注意してください。

これで、コマンド ライン インターフェイスを使用して配置を作成する準備ができました。