Skip To Content

Amazon Web Services へのデータの転送方法

ArcGIS Server または ArcGIS EnterpriseAmazon Web Services (AWS) 上に配置すると、Web サービスをホストするためのクラウド環境の利便性とスケーラビリティを利用できます。 エンド ユーザーは、自分のローカル デバイスのアプリケーションや、クラウドの他のアプリケーションで、これらの Web サービスを使用できます。

AWS 上の ArcGIS 配置の管理者は、エンド ユーザーが必要とするサービスを公開者が作成できるようにする必要があります。 一部のサービスは、データを公開時にコピーして、ローカル クライアントまたは Web クライアントから公開することができます。 ただし、場合によっては、GIS データをインターネットを経由してクラウド内の場所に転送することが必要になります。 このページでは、データを公開およびコピーするためのオプション、必要なときにデータを AWS に転送する方法、およびデータを格納できる AWS 上の場所を示します。 データの転送時間に影響する要素についても説明します。

Web インターフェイスの利用

ArcGIS Server Manager および ArcGIS Enterprise ポータルは、どちらも Web ブラウザーからアクセスされます。 つまり、AWS 上の Amazon Elastic Compute Cloud (EC2) インスタンスにログオンしなくても、ローカル デスクトップからこれらのアプリケーションにサイン インできます。

サービスに必要なデータを含んでいるローカルの ArcMap のインストールまたは ArcGIS Pro で、サービス定義ファイルを作成できます。 サービス定義ファイルを作成したら、Server Manager を使用して AWS 上のスタンドアロンまたはフェデレートされた ArcGIS Server サイトにサイン インし、サービス定義ファイルから公開します

ArcGIS EnterpriseAWS に配置した場合、コンテンツの作成とホスト フィーチャ レイヤーの公開、データ ソース (圧縮済みシェープ ファイル、圧縮済みファイル ジオデータベース、カンマ区切り (CSV) ファイルなど) のポータルへのアップロード、およびポータルの組織の他のメンバーと共有できるホスト フィーチャ レイヤーの公開を行う権限を持つユーザーとしてポータルにサイン インできます。

自分の EC2 インスタンス上で ArcGIS GeoEvent Server を構成した場合、ライブ データ フィードをストリーミングできます。 詳細については、「ArcGIS GeoEvent Server のヘルプ」をご参照ください。

ジオデータ サービスを介したデータの複製

オンプレミス コンピューター上の ArcMap のインストールから AWS 上の ArcGIS Server サイトに接続し、ローカル エンタープライズ ジオデータベースと AWS 上のエンタープライズ ジオデータベースの両方を登録して、AWS 上のジオデータベースのジオデータ サービスを公開し、このサービスを介してローカル ジオデータベースから AWS 上のジオデータベースにデータを複製できます。

詳細については、ArcGIS Server のヘルプにある「ジオデータ サービスの構成に関する提案」をご参照ください。

AWS へのデータの移動

場合によっては、データを AWS に移行して、ArcGIS Pro のライセンス済みコピーを含む Esri Amazon Machine Image (AMI) から作成した AWS インスタンスの 1 つに公開者がログオンできるようにし、そのインスタンスで公開者がマップを作成しデータを公開できるようにすることが必要になります。 これは、以下の状況において必要になります。

  • ソース データは AWS に格納します。
  • オンプレミスのソースからクラウド内の ArcGIS Server サイトにデータを公開するのは処理を遅くする可能性があり、多くの場合に推奨されないため、ソース データのサブセットを AWS に移動して公開します。

AWS 上のデータの格納場所

データを AWS に転送する必要がある場合、GIS データはいくつかの場所に格納できます。 次のオプションはいずれも Amazon からの請求が発生し、その内容が変更される場合があるため、選択の前によく調べてください。 自分の ArcGIS Server サイトと同じ AWS リージョンにデータを格納する。

  • Amazon EBS (Elastic Block Store) ボリューム - EBS ボリュームは、EC2 インスタンスにアタッチしてデータ格納領域を追加できる仮想ディスク ドライブです。 Esri AMI から起動するインスタンスにはルート ボリュームが含まれています。 AWS Management Console を使用して、事前設定された独自の EBS ボリュームを追加できます。

    AWS ドキュメントの「EBS の概要」をご参照ください

  • Amazon Simple Storage Service (S3) - Amazon S3 は、クラウド内のデータ格納専用に設計された Amazon サービスです。 このストレージ オプションを利用すると、データの障害や損失が発生する可能性が最も低くなります。 S3 は、データ バックアップ用の場所、オンプレミスの配置と EBS ボリュームの間のデータ転送用の中間地点、または AWS 上の ArcGIS Server サイトに登録する、マップおよびイメージ キャッシュまたはビッグ データ ファイル共有の場所として使用できます。

    AWS ドキュメントの「S3 の概要」をご参照ください

  • EC2 インスタンス - EC2 インスタンスのルート ボリュームへデータを直接転送できます。

クラウドにデータを転送する方法

オンプレミスの配置からクラウドへのデータの転送には時間がかかり、場合によっては情報テクノロジ (IT) セキュリティ スタッフと協力して作業を行う必要があります。 多くの場合、クラウド内の場所へのデータのエクスポートは、ローカル ネットワーク内での一般的なデータ転送と比べて低速で安全ではありません。

データをクラウドに転送する際にはさまざまな方法を利用できますが、機密データを扱う場合は IT スタッフと協力して作業を行い、選択した方法が安全であること、および組織で承認されていることを確認します。 利用できる方法のいくつかを以下に示します。

  • サービスの公開時にデータをコピーします。

    サービスを公開するときに、そのサービスのデータを ArcGIS Server サイトにコピーできます。 データはサービス定義ファイル (*.sd) にパッケージ化され、ArcGIS Server サイトのアップロード ディレクトリに転送された後、最終的に ArcGIS Server の入力ディレクトリに展開されます。 マップまたはその他のリソースで使用する範囲とデータセットを制限していない場合は、この処理に長い時間がかかり、大量のデータ転送が発生する可能性があります。

    このオプションでは、サービス間でデータを共有することはできません。また、クラウドとオンプレミスの配置の間でデータを同期することもできません。

  • AWS にジオデータベースを作成し、スタンドアロンまたはフェデレートされた ArcGIS Server サイトの管理されたデータベースとして登録します。

    フィーチャ サービスを ArcGIS Server サイトに公開すると、管理されたデータベースにデータがコピーされます。

    前のオプションと同様に、このオプションでは、サービス間でデータを共有することはできません。また、クラウドとオンプレミスの配置の間でデータを同期することもできません。

  • リモート デスクトップ接続を使用して、データをコピーして貼り付けます。

    Microsoft Windows のリモート デスクトップ接続を使用すると、ファイル システムのリダイレクトを許可して、ローカル ドライブをリモート コンピューターにマップできます。 リモート デスクトップを介して Windows 上の EC2 インスタンスにログインすると、Windows エクスプローラーを開いて、データをローカル ドライブから EBS ボリュームにコピーできます。

    リモート デスクトップ接続を使用して機密データを転送する場合は、セキュリティの追加レイヤーが設定されていることを確認してください。 古いバージョンのリモート デスクトップ接続には、サーバーを装ったコンピューターがデータへのアクセス権を取得できるようにするセキュリティの脆弱性 (中間者攻撃とも呼ばれます) が存在することが知られています。

    注意:

    コピーおよび貼り付けでは、データの転送が完了するまでに時間がかかる場合があります。 貼り付けの処理が完了する前に、別のファイルやデータをコピーしないでください。 処理が完了する前にコピーを行うと、貼り付けが途中で終了し、初めからやり直す必要があります。

  • S3 クライアント ユーティリティを使用します。

    Amazon S3 は、データをオンプレミスの配置から EBS ボリュームに移動する際の中間地点として使用できます。 データを S3 に転送するには、AWS Management Console を使用するか、S3 とコンピューターの間でファイルを移動できるように設計されたサードパーティ製のアプリケーションを使用できます。 データを S3 に転送した後、EC2 インスタンスで同じユーティリティを使用して、データを S3 からインスタンスに転送できます。

  • 独自の Web サーバーから提供されたデータにアクセスします。

    HTTP を介して Web 上で利用可能なデータは、EC2 インスタンスからもアクセスできます。 組織内に Web に公開されたサーバーがある場合は、このサーバーにデータを配置して、EC2 インスタンスからデータをダウンロードできます。 この方法の利点は、Web サーバーでセキュリティを構成して、データをダウンロードできるユーザーを制限し、SSL を使用してトランザクションを暗号化できることです。

  • FTP を有効にします。

    FTP (File Transfer Protocol) を有効にして、ファイルを直接 EC2 インスタンスにアップロードできます。 標準的な FTP は情報を暗号化せず、パスワードをプレーン テキストで送信することに注意してください。 FTP を安全に使用するには、セキュリティ対策を追加する必要があります。たとえば、SSL を使用して FTP セッションを暗号化したり、FTP を通してインスタンスにデータを転送できるユーザーを制限したり、最初のデータ転送が終わった後に FTP を無効にしたりします。 一部のサードパーティ製品は、セキュリティで保護された FTP 接続を設定できるように設計されています。

  • AWS ツールを使用します。

    大量のデータを AWS に転送する必要がある場合は、持ち運び可能なストレージ デバイスにデータを保存して Amazon に送り、データを直接 S3 に読み込むよう有償で Amazon に依頼する方が、時間がかからずコストも小さくなる場合があります。Amazon は、このサービスを AWS Snowball として提供しています。

Amazon は、さまざまなソリューション プロバイダーと提携しており、これらのプロバイダーのいくつかは、データ転送、ストレージ、およびセキュリティのソリューションを提供しています。 これらの企業が自社のクラウド戦略に役立つかどうかを判断するには、「AWS パートナー ソリューション ファインダー」をご参照ください。 Esri はこれらのプロバイダーの 1 つで、Amazon クラウドに ArcGIS を配置するためのさまざまなプロジェクトおよび実装サービスを提供しています。

データの転送時間に影響を与える要素

データ転送オプションのパフォーマンスは、AWS リージョンとの物理的な近接性、時間帯、およびインターネット接続の品質に基づいて変化します。

クライアント、データ ソース、および ArcGIS Enterprise同じ場所に配置されていない場合、オンプレミスのコンポーネントとクラウドの間でデータが送信されると、パフォーマンスが低下する可能性があります。

GIS データセット (特に画像やマップのキャッシュ) は大容量を消費する可能性があるため、転送の前に圧縮を行ってファイル サイズを小さくするかファイルの総数を少なくし、転送をより効率的に行う必要があります (特に、マップ キャッシュの場合)。 一部の S3 クライアント ユーティリティでは、転送可能な 1 ファイルあたりのサイズや、格納できるファイルの総数が制限されています。 また、一部の圧縮プログラムには、圧縮可能なデータの量に制限があります。 データ転送オプションを選択する際には、圧縮にかかる時間と必要な操作も考慮する必要があります。

最後に、S3 を使用する場合は、作成できるバケットの数に関する制限と、S3 バケットに関するその他の制限について注意してください。 これらは、Amazon の「Bucket Restrictions and Limitations」に記載されています。

データ パスの整合性の維持

データを新しい場所に移動する際は常に、そのデータを参照しているパスの更新が必要かどうかにも注意する場合があります。 これは、大量のデータ レイヤーをさまざまなパスで参照しているマップ ドキュメントで重要です。

Amazon Elastic Compute Cloud のデータの場所を ArcGIS Server サイトに登録すると、公開後に壊れたデータ パスを修正する作業を減らすことができます。 詳細については、ArcGIS Serverのヘルプにある「Server Manager を使用してデータを ArcGIS Server に登録する」をご参照ください。

データ接続の修復が必要とならないように、マップ ドキュメントで相対パスを使用し、マップとデータを共通のフォルダーに格納する方法もあります。