Skip To Content

Amazon Web Services上のジオデータベースにデータを読み込む方法

オンプレミスで格納されたデータからサービスを公開して、データがクラウドにコピーされるようにすることができます。また、データをAmazon Web Services (AWS)上のジオデータベースにコピーすることもできます。このためには、次のセクションで説明する方法を使用します。

メモ:

クライアント、データ ソース、および ArcGIS Enterprise同じ場所に配置されていない場合、オンプレミスのコンポーネントとクラウドの間でデータが送信されると、パフォーマンスが低下する可能性があります。

複製

オンプレミス コンピューター上の ArcGIS Server のインストールから AWS 上の ArcMap サイトに接続し、ローカル エンタープライズ ジオデータベースと AWS 上のエンタープライズ ジオデータベースの両方を登録して、AWS 上のジオデータベースのジオデータ サービスを公開し、このサービスを介してローカル ジオデータベースから AWS 上のジオデータベースにデータを複製することができます。

詳細については、ArcGIS Server ヘルプの「ジオデータ サービスの構成に関する提案」をご参照ください。

公開

Esri 10.7 または 10.6 以前の CloudFormation テンプレートを使用してスタンドアロンの ArcGIS Server サイトを作成するときに、ジオデータベースが作成され (egdb) 、ArcGIS Server サイトの管理されたデータベースとして登録されます。フィーチャまたは WFS-T サービスを公開すると、データのコピーが管理されたデータベースに移動します。フィーチャまたは WFS-T サービスを削除すると、対応するデータが管理されたデータベースから削除されます。

ArcGIS Enterprise の配置には ArcGIS Data Store が含まれます。ArcGIS Data Store によって構成されたリレーショナル データ ストアは、ArcGIS Server サイトの管理されたデータベースとして機能します。ホスト フィーチャ レイヤーを配置のポータル コンポーネントに公開すると、リレーショナル データ ストアにデータがコピーされます。

Esri 提供の CloudFormation テンプレートを使用して ArcGIS Enterprise を配置すると、タイル キャッシュ データ ストアも作成されます。これにより、ホスト シーン レイヤーをポータルに公開できるようになり、データがタイル キャッシュ データ ストアにコピーされます。

クラウドに移動するデータの読み込み

必要に応じて、データを物理的に AWS に移動し、配置のジオデータベースに読み込むことができます。

最初に、データを Amazon Web Services に移動します。

ソース データを AWS に移動した後、Amazon Elastic Compute Cloud (EC2) がインストールされている ArcGIS Pro インスタンスにログインし、AWS のソース データとジオデータベースに接続して、データをジオデータベースに読み込みます。Esri Microsoft Windows Amazon Machine Image を使用して配置を作成した場合は、ArcGIS Pro が含まれています。配置が Ubuntu 上にある場合は、Windows EC2 インスタンスを起動し、そのインスタンス上に ArcGIS Pro を構成して次の手順を実行する必要があります。

ArcGIS Pro で次の操作を行うことができます。

  • AWS に転送したソース ファイル (ファイル ジオデータベースなど) からデータをコピーして、AWS のエンタープライズ ジオデータベースに貼り付けます。詳細については、ArcGIS Pro ヘルプの「ジオデータベースへのフィーチャ データセット、フィーチャクラス、テーブルのコピー」をご参照ください。
  • 空のフィーチャクラスまたはテーブルを作成し、AWSにアップロードしたソース XML レコード セット ドキュメントを使用して、データをフィーチャクラスまたはテーブルに読み込みます。
  • ジオプロセシング ツールを使用して、AWSに移動したソース シェープファイル、フィーチャクラス、テーブル、ラスター、または XML ワークスペース ドキュメントをインポートします。

Amazon Web Services インスタンスにファイルやその他のソース データを転送する方法については、「AWS へのデータの転送方法」をご参照ください。