Skip To Content

ArcGIS Enterprise on Amazon Web Services とは何ですか?

ArcGIS Enterprise on Amazon Web Services (AWS) は、ArcGIS Enterprise のコンポーネント (ArcGIS ServerPortal for ArcGISArcGIS Data Store) を AWS 上にデプロイできる AMI (Amazon Machine Images) を提供します。ArcGIS Enterprise のコンポーネントは Amazon のハードウェア上で実行され、Web サービスを介して管理されます。

Esri デプロイメント ツールを使用して AWS にデプロイする場合は、次のような利点があります。

  • インストールが不要 - ArcGIS ソフトウェアを自分でインストールする必要がありません。 代わりに、ArcGIS Enterprise Cloud Builder Command Line Interface for Amazon Web ServicesAmazon Web Services CloudFormation のサンプル テンプレートを使用して、AWSArcGIS Server サイトまたは ArcGIS Enterprise のデプロイメントを作成できます。 サイトを作成したら、すぐに接続して ArcGIS Desktop クライアントまたは ArcGIS Enterprise ポータルからサービスの公開を開始できます。

  • 需要に応じて拡張可能 - 特定のトリガー (CPU の使用率など) に応答して ArcGIS Server コンピューターを追加するようにサイトを構成できます。 新しいサーバーは数分で作成でき、突発的なトラフィックの増加にも適切に応答できます。 不要になったインスタンスは破棄して、追加費用の発生を抑えることができます。

  • ハードウェア インフラストラクチャの保守が不要 - ArcGIS Enterprise on Amazon Web Services のデプロイメントに特別なハードウェアは必要ありません。必要なのは、インターネット接続だけです。 デプロイメントを作成した後は、Amazon から提供される Web アプリケーションの AWS Management Console を使用して、リソースを詳細に管理できます。 Microsoft Windows リモート デスクトップ接続または SSH を使用してデプロイメント内の Amazon Elastic Compute Cloud (EC2) インスタンスにログインし、データ、サービス、およびアプリケーションを微調整できます。

    クラウド環境に配置することで、必要に応じた適切な数だけのコンピューター リソースを使用することができます。ハードウェアやその他の情報テクノロジ (IT) インフラストラクチャを長期的に購入する必要はありません。

このヘルプについて

このヘルプ セクションでは、Amazon Web Services での ArcGIS Enterprise または ArcGIS Server サイトのデプロイ方法を重点的に取り上げています。 AWS 上のデプロイメントの保守およびサイズの変更に関するトピックについても説明します。

ArcGIS Server、エンタープライズ ジオデータベース、ArcGIS Enterprise ポータル、または ArcGIS Data Store に関する一般情報が必要な場合は、ArcGIS ServerPortal for ArcGIS、または ArcGIS Pro ヘルプの該当するセクションをご参照ください。 ArcGIS Server ヘルプには、サービスの公開方法、セキュリティ ユーザーとセキュリティ ロールの構成方法、Web アプリケーションの作成方法が記載されています。 Portal for ArcGIS の管理ガイドにはポータルの実装方法および ArcGIS Data Store の実装方法が記載されており、Portal for ArcGIS ユーザー ヘルプにはポータルの使用方法が記載されています。 ArcGIS Pro ヘルプには、ジオデータベースの作成方法と管理方法が記載されています。

このヘルプ システム全体を通して、適切な箇所に他のヘルプへのリンクが設定されています。


このトピックの内容
  1. このヘルプについて