Skip To Content

ArcGIS Pro から印刷するためのカスタム レイアウトの共有

デフォルトの PrintingTools サービスの範囲外で ArcGIS Enterprise の印刷機能が必要な場合、自分のニーズを満たす ArcGIS Pro でカスタム レイアウトを作成できます。これらのレイアウトを Web ツールとしてポータルに共有するか、ジオプロセシング サービスとしてスタンドアロン ArcGIS Server サイト (使用している場合) に公開できます。印刷を可能にするジオプロセシング サービスは印刷サービスと呼ばれます。

デフォルトの PrintingTools サービスに付属するレイアウトを更新したり、新しいレイアウトの追加やこのサービスの再公開を行ったりしてはなりません。その代わりに、ArcGIS Pro[Web マップのエクスポート (Export Web Map)] スクリプト ツールを実行して、その結果を共有してください。Web マップ印刷の追加リソースとして機能します。

Web ツールをポータルで共有している場合、このチュートリアルの結果は、サイン インした ArcGIS Enterprise ポータルで共有され、Web ツールの基となる印刷サービスは、指定したフェデレーション ArcGIS Server に保存されます。

スタンドアロン サーバー サイトを共有している場合、このチュートリアルの結果は、ArcGIS Pro で実行した [Web マップのエクスポート (Export Web Map)] ツールと [レイアウト テンプレート情報の取得 (Get Layout Templates Info)] ツールに基づく印刷サービスです。

このトピックは、ArcMap からのカスタム レイアウトを使用する印刷サービスの公開に似ています。ただし、そのトピックでは ArcMap を使用して、印刷サービスをサーバー (スタンドアロンまたはポータルとフェデレートされたサーバー) に公開します。このトピックでは ArcGIS Pro を使用して、Web ツールをポータルと共有するか、印刷サービスをスタンドアロン サーバーに公開します。

カスタム レイアウトの作成

カスタム レイアウト テンプレートを作成する場合は、ArcGIS Pro で作成できます。詳細については、「ArcGIS Pro のレイアウト」をご参照ください。新しいレイアウトをフォルダーに保存します。[共有] タブの [名前を付けて保存] グループで、[レイアウト ファイル] をクリックします。または、[カタログ] ウィンドウで該当するレイアウトを右クリックして、[レイアウト ファイルとして保存] を選択します。

レイアウトを準備する際の考慮事項

ArcGIS Pro ポータルで使用されるレイアウトを ArcGIS Enterprise で作成するときは、次に示すいくつかのベスト プラクティスに従うようにしてください。

  • レイアウトに複数のマップ フレームがある場合、Web ツールが使用するマップ フレームを特定し、それに WEBMAP_MAP_FRAME (大文字と小文字は区別されます) という名前を付けます。印刷サービスは、そのように名付けられたマップ フレームを使用します。
  • タイトル、作成者の名前などのダイナミック テキストを挿入します。ダイナミック テキストの詳細については、「ダイナミック テキストとは」 を ArcGIS Pro ドキュメントでご参照ください。それを行うには、次の手順を実行します。
    1. リボンの [挿入] タブで、[テキスト] グループの [テキスト] コマンドを選択します。
    2. 新しいテキスト エレメントを配置するレイアウト上の位置をクリックします。
    3. テキスト エレメントの [プロパティ] ページを開きます。
    4. 以下のタグのいずれかを選択したエレメントの [テキスト] プロパティに挿入します。

      titleText

      <dyn type="layout" property="metadata" attribute="title" emptyStr=""/>

      authorText

      <dyn type="layout" property="metadata" attribute="contactname" emptyStr=""/>

      copyrightText

      <dyn type="layout" property="metadata" attribute="credits" emptyStr=""/>
  • [ダイナミック テキスト] ドロップダウンの [システム] カテゴリから [現在の時間] ダイナミック テキスト エレメントを追加することもできます。これは、[挿入] リボンの [テキスト] グループにもあります。
  • カスタム テキスト エレメントを挿入する場合は、{parcel-id} など、テキスト エレメントを追加し、開き中括弧と閉じ中括弧のセット内にエレメントの名前を埋め込みます。
  • 縮尺記号を挿入する場合、[中心で計算] オプションを選択することをお勧めします。赤道に沿った位置ではなく、マップ フレームの中心を使用してマップ縮尺が計算されます。このオプションは、縮尺テキスト (1:3,000 など) にはお勧めしません。
注意:

レイアウトに [ユーザー] ダイナミック テキストを挿入しないでください。この動的テキストには、印刷サービスに関する機密情報が読み込まれます。

ArcGIS Server へのレイアウト テンプレート フォルダーの登録

レイアウト テンプレートを含むフォルダーには ArcGIS Server (ポータルとフェデレートされたサーバーまたはスタンドアロン サーバー) からアクセスできる必要があります。サーバーがフォルダーにアクセスできる場合は、サーバーに登録できます。アクセスできない場合は、Web ツールの共有時または印刷サービスの公開時にフォルダーのコンテンツを ArcGIS Pro からサーバーにコピーします。

詳しい手順については、ArcGIS Pro ヘルプの「登録済みデータ ストアの管理」をご参照ください。

カスタム ツールの準備

準備ができたら、カスタム レイアウト テンプレートを含むフォルダーを使用して、[Web マップのエクスポート (Export Web Map)] スクリプト ツールを実行します。次に、[レイアウト テンプレート情報の取得 (Get Layout Templates Info)] スクリプト ツールを実行して、同じフォルダーを参照します。

  1. [ジオプロセシング] ウィンドウで、[Toolboxes] > [Server Tools] > [印刷] の順に選択します。
  2. [Web マップのエクスポート (Export Web Map)] ツールをダブルクリックして開きます。
  3. [JSON としての Web マップ] パラメーターは # のままにします。

    印刷可能な画像を取得するために、このサービスのユーザーは、このパラメーターでユーザー独自の Web マップの JSON を送信します。ArcGIS Web API、ArcGIS Enterprise アプリ テンプレート、および Web AppBuilder for ArcGIS の印刷ウィジェットは、この JSON を生成します。

  4. [出力ファイル] パラメーターはそのままにします。

    このツールをサーバーに公開すると、出力がサーバー ジョブ ディレクトリに格納されます。

  5. [レイアウト テンプレート フォルダー] パラメーターでは、[参照] ボタンをクリックし、レイアウトが保存されているフォルダーを参照します。
    ヒント:

    ArcGIS Enterprise にインストールされている基本レイアウトだけを参照する場合は、このパラメーターを空白のままにしておきます。

  6. 必要に応じて、[レイアウト テンプレート] ドロップダウン リストからレイアウトを選択します。

    これが、ユーザーによるサービス実行時のデフォルトのレイアウトになります。

  7. [実行] をクリックして、ツールを実行します。
  8. [Toolboxes] > [Server Tools] > [印刷] の順に選択し、[レイアウト テンプレート情報の取得 (Get Layout Templates Info)] スクリプト ツールをダブルクリックして、これを開きます。
  9. [レイアウト テンプレート情報の取得 (Get Layout Templates Info)] スクリプト ツールでは、[レイアウト テンプレート情報の取得] タスクを印刷サービスに追加できます。このタスクでは、レイアウト ページのサイズとマップ フレームのサイズが提供されます。また、以下のレイアウト エレメントが使用できるかどうかも表示されます。

    • 凡例
    • タイトル テキスト
    • 著作権情報テキスト
    • 作成者テキスト
    • カスタム テキスト エレメント

  10. ステップ 5 で [Web マップのエクスポート (Export Web Map)] ツールの実行中に指定したのと同じレイアウト テンプレート フォルダーを選択します。[実行] をクリックして、スクリプトを実行します。

カスタム レイアウトを使用して 2 つのジオプロセシング ツールを実行したので、その結果を ArcGIS Enterprise で共有できます。次に行うワークフローは、ArcGIS Enterprise ポータル (1 つ以上のフェデレーション サーバー サイトがある) またはスタンドアロン サーバー サイトを使用しているかどうかによって異なります。

ArcGIS Enterprise ポータルでの印刷 Web ツールの共有

ArcGIS Enterprise ポータルを使用している場合、ジオプロセシング ツールの結果を Web ツールとしてポータルで共有するには、次の手順を実行します。

  1. リボンの [解析] タブで [履歴] をクリックするか、[カタログ] ウィンドウで [履歴] タブをクリックします。[Web マップのエクスポート (Export Web Map)] の結果を右クリックし、[共有] > [Web ツール] の順に選択します。

    [Web ツールとして共有] ダイアログ ボックスが表示されます。

  2. [解析] オプションを使用して、考えられる問題を特定します。
  3. ダイアログ ボックスの [一般] タブで、必要に応じて、[アイテムの詳細] (名前、概要、タグ) のデフォルトを置き換えます。上記のとおりにレイアウト テンプレート フォルダーをサーバーに登録した場合、[登録済みデータを参照] オプションを選択します。それ以外の場合は、[すべてのデータをコピー] を選択します。Web ツールを保存するポータル フォルダー、フェデレーション ArcGIS Server、および元のジオプロセシング サービスを保存するサーバー フォルダーを指定します。その後、この Web ツールの共有オプションを設定します。
  4. [構成] タブに切り替えます。[パラメーター] セクションで、このツールの [実行モード] を指定します。ほとんどの場合、[同期] を指定します。リクエストの処理に数秒以上かかると予測される場合は、[非同期] を選択します (大きく詳細なマップの印刷など)。その後、ツールのログの [メッセージ レベル] を設定します。

    メモ:
    [非同期][実行モード] がある印刷サービスは、Web AppBuilder for ArcGIS アプリでは使用できません。

  5. [コンテンツ] タブに切り替えます。[ツールの追加] をクリックして、[レイアウト テンプレート情報の取得] の結果を追加します。

    実行した両ツールがこのツールに組み込まれました。

  6. [共有] をクリックして、Web ツールを共有します。
  7. Web ツールが正しく公開されていることを確認します。Web ツールは ArcGIS Enterprise ポータルに存在し、元のジオプロセシング サービスは ArcGIS Server Manager に存在します。

これで、ユーザーの新規 Web ツールが、ArcGIS Web API で提供される印刷ウィジェットとポータル マップ ビューアーで参照できるようになりました。Web ツールの URL は、ArcGIS Enterprise ポータルのアイテム ページから使用できます。

Web ツールは、フェデレーション ArcGIS Server サイトのカスタム印刷サービスを活用します。このサービスを ArcGIS Enterprise ポータルの印刷サービスとして指定できます。ArcGIS Server Manager を開き、サービスを見つけます。この URL (Web マップのエクスポート タスクを含む) をコピーして、[印刷][ユーティリティ サービス] ダイアログ ボックスに貼り付けます。

スタンドアロン サーバーへの印刷サービスの公開

10.6 以降のスタンドアロン ArcGIS Server サイトを使用している場合は、次の手順を使用して、印刷サービスを ArcGIS Pro からサーバーに公開できます。

  1. 管理者接続を ArcGIS Server サイトに追加します。ジオプロセシング サービスをスタンドアロン サーバーに公開するには、接続が管理者接続である必要があります。
  2. [カタログ] ウィンドウで、サーバー接続を右クリックし [公開] を選択します。[ジオプロセシング サービス] オプションを使用して、[選択した履歴アイテム] ウィンドウを起動します。リストから [Web マップのエクスポート] アイテムを選択し、[ジオプロセシング サービスの公開] ウィンドウを起動します。
  3. [解析] オプションを使用して、考えられる問題を特定します。
  4. ダイアログ ボックスの [一般] タブで、必要に応じて、[アイテムの詳細] (名前、概要、タグ) のデフォルトを置き換えます。上記のとおりにレイアウト テンプレート フォルダーをサーバーに登録した場合、[登録済みデータを参照] オプションを選択します。それ以外の場合は、[すべてのデータをコピー] を選択します。基となるジオプロセシング サービスを保存するサーバー フォルダーを指定します。その後、この Web ツールの共有オプションを設定します。
  5. [構成] タブに切り替えます。[パラメーター] セクションで、このツールの [実行モード] を指定します。ほとんどの場合、[同期] を指定します。印刷サービスがリクエストの処理に数秒以上かかると予測される場合は、[非同期] を選択します (大きく詳細なマップの印刷など)。その後、ツールのログの [メッセージ レベル] を設定します。
  6. [コンテンツ] タブに切り替えます。[ツールの追加] をクリックして、[レイアウト テンプレート情報の取得] の結果を追加します。

    実行した両ツールがこの印刷サービスに組み込まれました。

  7. [公開] をクリックして印刷サービスを公開します。
  8. 印刷サービスが正しく公開されていることを確認します。ArcGIS Server Manager に存在します。

これで、ユーザーの新規サービスが、ArcGIS Web API で提供される印刷ウィジェットで参照できるようになりました。印刷サービスの URL は、ArcGIS Server Services Directory にあります。

ArcGIS Enterprise ポータルにカスタム印刷サービスを登録するには、この URL (Web マップのエクスポート タスクを含む) をコピーして、[印刷][ユーティリティ サービス] ダイアログ ボックスに貼り付けます。ポータルは、印刷ユーティリティ サービスに対して、HTTPS を使用している URL のみを受け付けるので注意してください。

レイアウト テンプレートの更新

レイアウト テンプレート フォルダー内のレイアウトを更新する場合、該当するワークフローは、共有前にレイアウト テンプレート フォルダーをサーバーに登録しているかどうかで決まります (上記の「ArcGIS Server へのレイアウト テンプレートの登録」セクションを参照)。新しいレイアウトをフォルダーに追加するか、既存のレイアウトを更新するかも重要です。これは、作成したジオプロセシング タスクが実行時にレイアウト テンプレート フォルダーにあったレイアウトのリストを保持するためです。

共有前にレイアウト テンプレート フォルダーをサーバーに登録している場合、これは、サーバーがユーザーのレイアウトを認識できることを意味します。フォルダー内の既存のレイアウト ファイル (*.pagx) に対して更新を行うと、変更されたレイアウトがすぐに利用可能になります。ただし、サーバーは、共有後に追加される新しいレイアウトを認識しません。

したがって、次のいずれかに該当する場合には、上記のワークフローをやり直して、変更内容が ArcGIS Server ユーザーに表示されるように新しい Web ツールまたは印刷サービスを共有する必要があります。

  • Web ツールまたは印刷サービスを共有する前にレイアウト テンプレート フォルダーをサーバーに登録していません。つまり、公開時にレイアウトがサーバーにコピーされています。
  • Web ツールまたは印刷サービスを共有した後、新しいレイアウト テンプレートをフォルダーに追加して、ユーザーが使用できるようにします。