Skip To Content

複数のコンピューターによる配置の構成

ArcGIS Server は、1 台のコンピューターから多くのコンピューターまでの配置に対応できる、スケーラブルなアーキテクチャに基づいています。 システムにアクセスするユーザーの数に対して適切なパフォーマンス レベルを達成できるように、ArcGIS Server の分散インストールの検討が必要となる場合があります。

ArcGIS Server サイトのすべてのコンピューターに ArcGIS Server コンポーネントがインストールされています。 最初に設定する ArcGIS Server コンピューターで、サイトを作成する必要があります。 その後は、追加の ArcGIS Server コンピューターをサイトに加えることができます。 サイト内の各 ArcGIS Server のバージョン番号を同じにし、完全に同じバージョンのライセンスを各サーバーに適用する必要があります。

サイトを作成するときに、重要なファイルとサイトの構成情報を格納する場所を決めます。 このディレクトリは構成ストアと呼ばれます。 サイトには、サービス出力ファイル、ジオプロセシング ジョブ情報、サービス定義、キャッシュ タイル、およびその他のアイテムを格納するサーバー ディレクトリが存在します。 コンピューターをサイトに追加するときには、構成ストアとサーバー ディレクトリを指すように設定します。 複数コンピューターのサイトでは、構成ストアとサーバー ディレクトリを共有し、他の ArcGIS Server コンピューターがそれらにアクセスできるようにしなければなりません。

構成ストアを、フォールト トレラントなファイル サーバーのような ArcGIS Server に依存しないコンピューターまたはディスク上に配置することもできます。 これで、コンピューターをサイトに追加したり、サイトから削除したりする際に、どのコンピューターに構成ストアをインストールしたかを気にする必要がなくなります。 これは、自動スケーリング メカニズムによって、構成ストアを持つのがどのコンピューターかを認識することなくサイトに対するコンピューターの追加と削除が行われる可能性があるクラウド配置においては特に重要です。

以下の手順により、複数のコンピューターによる ArcGIS Server 配置の構成方法を説明します。 サイトはコンピューター A で作成され、コンピューター B がそのサイトに追加されます。

すでに 1 台のコンピューターで ArcGIS Server を実行していて、サイトを拡張しようとしている場合は、「サイトへの ArcGIS Server コンピューターの追加」をご参照ください。

  1. 両方のコンピューターで、「ArcGIS Server で使用されるポート」で説明されているポートを開くようにファイアウォールを調整します。
  2. コンピューター A と B に ArcGIS Server をインストールします。 ArcGIS Server のインストール バージョンは各コンピューターで揃える必要があります。 両方のインストールで同じ ArcGIS Server アカウントを入力します。 ドメインまたはアクティブ ディレクトリ アカウントを使用することをお勧めします。ローカル アカウントを選択した場合は、同じ名前とパスワードの組み合わせが両方のコンピューターに存在している必要があります。 指定したアカウントは、管理者グループの一員である必要はありませんので注意してください。 ArcGIS Server アカウントの指定については、「ArcGIS Server アカウント」をご参照ください。
    注意:

    ArcGIS Server をインストールしたコンピューターが複数のネットワーク インターフェイス コントローラー (NIC) カードを搭載している場合、サーバーのネットワーク通信を処理する NIC カードを指定することができます。 これを行うには、次のワークフローに従います

  3. Enterprise ライセンスで、コンピューター A とコンピューター B の ArcGIS Server を認証します。 これには、各コンピューターで [ソフトウェア認証ウィザード] を実行する必要があります。 [ソフトウェア認証ウィザード] は、ArcGIS Server のインストールの最後に起動されます。 ソフトウェア認証ウィザードは、[スタート] メニューをクリックし、[すべてのプログラム] > [ArcGIS] > [ソフトウェア認証] の順に選択してアクセスすることもできます。 各コンピューターに同じバージョンのライセンスを適用する必要があります。
  4. ネットワーク上で 2 つのディレクトリを作成し、共有します。 1 つは構成ストア用、もう 1 つはサーバー ディレクトリ用です。 これらの 2 つのディレクトリに対する読み取り/書き込み権限を ArcGIS Server アカウントに割り当てます (必ず Windows エクスプローラーの [共有] タブと [セキュリティ] タブの両方で実行します)。
    注意:

    非表示になっているか、特殊文字 (たとえば、「$」) を使用している共有ネットワーク ディレクトリは、ArcGIS Server ではサポートされません。

    • サイトを作成するときに使用するコンピューター上にディレクトリを配置する場合でも、手動でディレクトリを作成して共有し、ネットワーク (UNC) パスを通じて参照しなければなりません。
    • ArcGIS Server アカウントがコンピューター上に存在しない場合 (構成ストアとサーバー ディレクトリをファイル サーバーに配置した場合) には、配置したその他すべてのコンピューターで使用したものと同じ名前とパスワードを使用して、ArcGIS Server アカウントを作成する必要があります。
  5. コンピューター A で ArcGIS Server Manager を開き、[新規サイトの作成] をクリックします。
  6. サイトを作成するには、プライマリ サイト管理者としてユーザー名とパスワードを定義する必要があります。 ユーザー名とパスワードを選択して [次へ] をクリックします。
    注意:

    この名前とパスワードは ArcGIS Server でのみ認識されます。これはオペレーティング システムのアカウントではないため、ユーザー ストアのユーザー アカウントとは別に管理されます。 プライマリ サイト管理者は、ArcGIS Server サイトに無制限にアクセスできます。 このアカウントは一般に ArcGIS Server サイトを作成し、セキュリティを設定および管理するために使用されます。 プライマリ サイト管理者アカウントと、ArcGIS Server のインストールの際に指定した ArcGIS Server アカウントを混同しないようにしてください。

  7. 上記で設定したサーバー ディレクトリおよび構成ストア フォルダーへのパスを入力し、[次へ] をクリックします。

    UNC パス (たとえば、\\myserver\config-store) を使用し、サイト内のすべてのコンピューターがこの場所を参照できるようにします。

  8. サマリーを確認し、[完了] をクリックしてサイトを作成するか、変更が必要な場合には [戻る] をクリックします。
  9. サイトを作成するときに選択したプライマリ サイト管理者アカウントのユーザー名とパスワードを入力して、[ログイン] をクリックします。
  10. [サイト] > [サーバー構成] > [コンピューター] の順にクリックします。
  11. [コンピューター] モジュールで、[コンピューターの追加] をクリックします。
  12. [コンピューターの追加] ウィンドウにコンピューター B の名前を入力します。コンピューターの名前は、正確に入力する必要があります。「localhost」は使用できません。

    コンピューター B の URL は自動的に入力されます。

  13. [追加] をクリックして、コンピューター B をサイトに追加します。
    注意:

    手順 10 ~ 13 は、コンピューターをサイトに追加する方法を示しています。 また、コンピューター B で ArcGIS Server を開き、[既存サイトに参加] をクリックして、コンピューター B をサイトに追加することもできます。 手順を追った説明については、「既存サイトに参加」をご参照ください。

  14. データをサイトに登録することを検討してください。 データ登録により、ArcGIS Server がアクセス可能であることがサーバー管理者によって確認されている場所のリストがサーバーに提示されます。 データ登録は、複数のコンピューターにわたって公開するときに、データ パスの調整を ArcGIS Server が認識するためにも役立ちます。 登録されていない場所からデータを参照するサービスを公開しようとすると、公開を実行している間にデータがサーバーにコピーされます。 詳細については、「ArcGIS Server へのデータの登録について」をご参照ください。
  15. マップ サービスをサイトに公開します。 公開の後に、ArcGIS Server Services Directory で [View In: ArcGIS JavaScript] オプションを使用してマップ サービスに対するリクエストを作成します。 次に、ArcGIS Server Administrator Directory で、[services][(使用しているサービス.MapServer)][statistics] の順に移動します。 各コンピューターが受け取ったリクエスト数に関する統計情報が表示されるはずです。
  16. ArcGIS Web Adaptor をインストールして構成します。 ArcGIS Web Adaptor は、組織の Web サーバーと ArcGIS Server サイト間のリンクを提供します。 これにより、受信したリクエストに対して使用するポート、アドレス、認証設定を選択できます。 外部のユーザーが ArcGIS Server Manager と ArcGIS Server Administrator Directory にアクセスすることを防ぐこともできます。

    詳細については、「ArcGIS Web Adaptor について」をご参照ください。

    ヒント:

    アップグレード後の ArcGIS Server でのセキュリティのベスト プラクティスとして、serverScan.py スクリプトを使用してチェックすることをお勧めします。

サーバーと ArcGIS Enterprise の統合

スタンドアロン ソフトウェアとして配置することもできますが、ArcGIS ServerArcGIS Enterprise ポータルを統合することで、組織サイトで効率的なワークフローを実現できます。 ポータルで ArcGIS Server を活用するには、3 つの方法があります。

  1. 1 つ以上の ArcGIS Server サイトをポータルと統合して、セキュリティおよび共有モデルを統合することができます。
  2. ポータルのホスティング サーバーとして機能するフェデレーション ArcGIS Server サイトを割り当てることで、ユーザーは Web サービスとして、データおよびマップを幅広い利用者に公開することができます。
  3. ポータルの統合有無にかかわらず (ユーザー独自のサーバーであっても)、ArcGIS Server サイトの個々のサービスをポータルに登録できます。

サーバーと ArcGIS Enterprise との統合の詳細

ArcGIS Pro でのサーバーへの接続

サービスの公開作業の大半は ArcGIS Pro で行われます。ここでは、マップ、ツール、その他のコンテンツの作成も行われます。

GIS サーバーへの接続」では、ArcGIS ProArcGIS Server 間の 3 つのタイプの接続、つまり、ユーザー接続、公開者接続、および管理者接続について説明します。

ArcGIS Pro で、ArcGIS Server サイトへのユーザー接続を作成できます。 ユーザー接続を使用すると、デスクトップ アプリケーション内からサーバー サイトの接続を参照して、その接続をマップに追加できます。 ユーザー接続のみでは、サーバーに公開したり、管理設定の変更を行ったりすることはできません。

また、ArcGIS Enterprise ポータルに接続して、Web マップ、Web レイヤー、他の GIS コンテンツを共有することもできます。 共有プロセスは、ポータルのコンテンツを強化するフェデレートされた ArcGIS Server サイトに 1 つ以上のサービスを公開します。 ポータルとフェデレートされている場合は、サーバーとの直接接続を確立する必要はありません。 10.6 以降のバージョンで、スタンドアロンの ArcGIS Server サイトを所有する場合、ArcGIS Pro から公開者接続を作成して、サービスを公開できます。