Skip To Content

ルート検索サービスの公開

[ルート検索サービスの公開] ユーティリティを使用すると、ネットワーク データセットに基づく道順、ルート案内、および物流サービスを ArcGIS Server サイトに公開できます。 これらのサービスを使用して、交通ネットワーク上のルート検索、最寄り施設の検出、到達圏、ロケーション アロケーション、OD コスト マトリックス、または配車ルート解析を行うことができます。

ArcGIS Server サイトがポータルとフェデレートされている場合、このサービスはポータルのユーティリティ サービスとして構成されます。 公開されたサービスを ArcGIS ProArcGIS DesktopArcGIS Enterprise ポータルの Map Viewer Classic などのクライアント アプリケーションで使用して、ルート案内を取得したり、解析を実行したりすることができます。

このサービスは、ArcGIS Online で使用できるルート案内やルート検索サービスと類似していますが、独自のネットワーク データセットに基づいており、ArcGIS Enterprise 内で実行されます。

ライセンス:

このユーティリティを使用するには、ArcGIS Server サイトが ArcGIS Network Analyst extension ライセンスを保有している必要があります。

ヒント:

このユーティリティで作成されるサービスは、ArcGIS Server バージョン 10.8 で大幅に改善されています。 既存の ArcGIS Server サイトを以前のバージョンからアップグレードする場合は、サーバー サイトの以前のバージョンでこのツールによって作成された既存のルート検索サービスを削除し、このツールの最新バージョンを使用してルート検索サービスを再公開することをお勧めします。

データ要件

このユーティリティは、ArcGIS StreetMap Premium の一部として使用できるネットワーク データセットで使用するか、ファイル ジオデータベース、エンタープライズ ジオデータベース、またはモバイル マップ パッケージに保存された独自のネットワーク データセットで使用することができます。 ユーティリティを実行する前に、ArcGIS Server サイトに参加しているすべてのコンピューター (の同じディレクトリ パス) にネットワーク データセットをコピーする必要があります。 ネットワーク データセットがエンタープライズ ジオデータベースに保存されている場合、サーバー サイトのすべてのコンピューターからそのエンタープライズ ジオデータベースにアクセスできなければなりません。

ヒント:

ファイル ジオデータベース ベースまたはモバイル マップ パッケージ ベースのネットワーク データセットは、お使いのサーバー サイト内のすべてのコンピューターがアクセスできる共有場所に配置できますが、サービス実行時に最高のパフォーマンスを得るには、ネットワーク データセットを各コンピューターのローカルにコピーすることをお勧めします。

ArcGIS StreetMap Premium データがライセンスされている場合、このユーティリティを実行する前に、各コンピューターに適切なデータ ライセンスをインストールする必要があります。 Linux または にデータ ライセンスをインストールする手順に従ってください。

このユーティリティは、ArcGIS StreetMap Premium 2015 リリース 1 以降のネットワーク データセットをサポートしています。

レガシー:

古いバージョンの ArcGIS StreetMap Premium ネットワーク データセット (SDC 形式のネットワーク データセットを含む) はサポートされていません。

独自のネットワーク データセットを使用している場合は、次の条件を満たす必要があります。

  • 少なくとも 1 つの時間ベースのコスト属性と 1 つの距離ベースのコスト属性が存在する
  • 少なくとも 1 つの移動モードを定義している
  • ルート案内をサポートしている

StreetMap Premium for ArcGIS モバイル マップ パッケージなどのモバイル マップ パッケージからネットワーク データセットを使用する場合は、まず、[パッケージの抽出 (Extract Package)] ジオプロセシング ツールを実行して、モバイル マップ パッケージの中身をローカル フォルダーに抽出し、その後で [ルート検索サービスの公開] ユーティリティを実行します。

パラメーター

ArcGIS Server サイトでネットワーク データセットを正しく設定したら、次のパラメーターを使用して [ルート検索サービスの公開] ユーティリティを実行できます。

パラメーター詳細

-u

ArcGIS Server サイトの公開者または管理者権限を持つユーザーのユーザー名。 サイトがポータルにフェデレートされている場合、ユーザーは必ずポータル ユーザーで、Web ツールとサーバーベース レイヤーを公開できる管理者権限または公開者権限を持っています。 サイトがフェデレートされていない場合、ユーザーは必ず管理者権限を持っています。 サイトが Web 層認証を使用するように構成されている場合、プライマリ サイト管理者のアカウントや、ポータルの初期管理者アカウントなどの組み込みユーザーを指定します。

-p

-u パラメーターで指定するユーザーのパスワード。

-s

ArcGIS Server を実行しているコンピューターの完全修飾ドメイン名 (gisserver.domain.com など) または ArcGIS Server サイトのローカル URL (https://gisserver.domain.com:6443/arcgis)。

-P

ArcGIS Server サイトのフェデレート先である Portal がインストールされているコンピューターの完全修飾ドメイン名 (gisportal.domain.com など)。 この値には、ポータルのローカル URL (https://gisportal.domain.com:7443/arcgis) を設定することもできます。このオプションの値は、ルート検索サービスをホストする ArcGIS Server サイトがポータルとフェデレートされている場合にのみ必要です。

-n

ネットワーク データセットの絶対パス。

ネットワーク データセットがファイル ジオデータベース内にある場合、-n オプションの値にファイル ジオデータベースへのパス、ネットワーク データセットの名前、ネットワーク データセットを含むフィーチャ データセットの名前を含める必要があります。 たとえば、このオプションの値は、Windows では c:\data\Streets.gdb\Routing\Routing_ND、Linux では /data/Streets.gdb/Routing/Routing_ND となります。ここで、Streets.gdbRouting という名前のフィーチャ データセット内にある、Routing_ND という名前のネットワーク データセットを持つファイル ジオデータベースです。

ネットワーク データセットがモバイル マップ パッケージ内にある場合、-n オプションの値に、モバイル マップ パッケージが抽出されたフォルダーから SQLite データベースへのパス、ネットワーク データセットの名前、ネットワーク データセットを含むフィーチャ データセットの名前を含める必要があります。 たとえば、このオプションの値は、Windows では c:\street_data\p14\northamerica.geodatabase\Routing\Routing_ND、Linux では /data/street_data/p14/northamerica.geodatabase/Routing/Routing_ND となります。ここで、northamerica.geodatabaseRouting という名前のフィーチャ データセット内にある、Routing_ND という名前のネットワーク データセットを持つ SQLite ジオデータベースです。

ネットワーク データセットがエンタープライズ ジオデータベース内にある場合、-n オプションの値にデータベース接続ファイルへのパス、ネットワーク データセットの名前、ネットワーク データセットを含むフィーチャ データセットの名前を含める必要があります。 たとえば、このオプションの値は、Windows では c:\street_data\egdb.sde\Routing\Routing_ND、Linux では /street_data/egdb.sde/Routing/Routing_ND となります。ここで、egdb.sdeRouting という名前のフィーチャ データセット内にある、ネットワーク データセット Routing_ND を持つエンタープライズ ジオデータベースの接続ファイルです。

-o

ユーティリティがサービス用のサービス定義ファイルを作成するフォルダーへのパスと、実行内容と発生したエラーの詳細を含む publishroutingservices.log という名前のログ ファイルへのパス。

-f

ArcGIS Server サイトのすべてのルート検索サービスを作成するために使用されるフォルダー名。 デフォルト値は Routing です。

-e

複数のネットワーク データセットの範囲を含む、入力フィーチャクラスのフィーチャの範囲への絶対パス。 このオプションは、複数のネットワーク データセットを使用する必要があるサービスを公開する場合に限り指定してください。 このオプションを使用したルート検索サービスの設定方法の詳細は、 Esri Professional Services までお問い合わせください。

-S

サービスに含める解析のリスト。 有効な選択肢は、RouteClosestFacilityServiceAreaOriginDestinationCostMatrixLocation-Allocation、および VehicleRoutingProblem です。 このオプションの値は、有効な選択肢のカンマ区切りのリストとして指定されます。 選択肢の値は、大文字と小文字が区別されます。 デフォルト値は、すべての解析のサービスの作成です。

-c

サービスの追加構成を含むファイルの名前を含む絶対パス。

この構成ファイルを使用して、サービス インスタンスの最小数と最大数など、ルート検索サービスの特定のプロパティを指定できます。 ArcGIS Server インストール ディレクトリ内の framework/runtime/ArcGIS/Resources/ArcToolBox/Services/routingservices フォルダーには、サポートされているすべての設定を示す 2 つのサンプル構成ファイル (publishroutingservices.json および publishroutingservices_dedicated.json) が含まれています。 ツールはデフォルトで publishroutingservices.json ファイルを使用します。

-d

このオプションを指定すると、すべての解析を対象にしてそれぞれの専用サービスが作成されます。 これは、高度なオプションです。 このオプションを指定すると、ArcGIS Server サイトで使用されるコンピューティング リソースやメモリ リソースが大幅に増えます。 このオプションは、特化された ArcGIS Server サイトでのみ推奨されます。

このオプションを使用する場合、-c オプションで publishroutingservices_dedicated.json ファイルと同様の構成ファイルを指定する必要があります。

-h

ユーティリティのヘルプを出力します。

次の例は、ポータルとフェデレートされている ArcGIS Server サイト上で [ルート検索サービスの公開] ユーティリティを呼び出す方法を示しています。

注意:

このユーティリティでサポートされているいずれかのパラメーターの値に @ 文字が使用されている場合は、コマンド ラインでパラメーター値を指定することができません。 代わりに、パラメーターをファイルに保存して、ファイルからパラメーターを渡す必要があります。

ArcGIS Server 上にルート検索サービスを公開します。 この例では、ArcGIS Server のインストール場所が /arcgis/server であることを前提としています。

/arcgis/server/tools/publishroutingservices/publishroutingservices -s gisserver.domain.com -P gisportal.domain.com -u admin -p secret -o /data/routing-services/service-definitions -n /data/Streets.gdb/Routing/Routing_ND
ファイルからのパラメーター入力

ファイルからパラメーターを入力してユーティリティを呼び出すことができます。 ユーティリティを自動プロセスの一部として実行している場合や、コマンド ラインですべてのオプションを入力したくない場合は、この方法が有効です。 ファイルからパラメーターを指定するには、テキスト ファイルを作成して 1 行ごとに各オプションを指定します。 パラメーターの名前と値は、= 記号を使用して区切ります。 以下は、さまざまなオプションを指定したファイル例です。

-u=admin
-p=secret
-s=gisserver.domain.com
-P=gisportal.domain.com
-o=/data/routing-services/service-definitions
-n=/data/Streets.gdb/Routing/Routing_ND

上記の tool-params.txt ファイルを使用してツールを実行するには、ツールを呼び出し、@ 記号を使用してファイルへのパスを指定します。

注意:

パラメーターが記述されたファイルに余分な改行や余白が含まれていないことを確認してください。

/arcgis/server/tools/publishroutingservices/publishroutingservices @/data/tool-params.txt

このトピックの内容
  1. データ要件
  2. パラメーター