Skip To Content

ArcGIS Server および ArcPy

ArcGIS には、Python を使用してデータ ストア アイテムを管理しサービス定義を公開するために使用できる ArcPy サイト パッケージが用意されています。ArcPy では、Python を使用して ArcGIS Server コンピューターからジオプロセシング ツールを実行することもできます。

ArcPy は、ArcGIS REST API のサーバー管理操作を補足します。 たとえば、ArcPy を使用すると、マップ ドキュメントをサービス定義に変換してサーバーにアップロードしたり、マップ ドキュメント内のレイヤーのパスを変更したり、レイヤーをさらに追加してサービスを公開したりすることができます。

ArcGIS Server では次の用途で ArcPy を使用できます。

  • データベースとフォルダーを ArcGIS Server に登録します。
  • マップ ドキュメントを解析し、サービス定義の作成に使用します。
  • 画像またはジオプロセシング モデルの結果を解析し、サービス定義の作成に使用します。
  • ArcGIS Server サービスとしてサービス定義を公開します。
  • フォルダー内のすべてのサービス定義を ArcGIS Server に公開します。

ヒント:

ArcGIS Server 10.9.1 での Python 3 のインストールの場所は <arcgis_server_installation_directory>/arcgis/server/tools/python3 です。

ArcGIS Server 10.9.1 で ArcMap Runtime Support (および、結果として Python 2.7) を有効化した場合、Python 2.7 のファイルは、ArcGIS Server コンピューター上の <arcgis_server_installation_directory>/arcgis/server/tools/python にあります。

ArcGIS Server 10.9.1 は、Python 2.7 のインストールが含まれる最後のリリースです。

ドキュメントのこのセクションには、ArcGIS Server でさまざまなタスクを実行する ArcPy コードの例が用意されています。

パッケージのバージョンが競合していない限り、ArcPy を既存の Python 3 環境に追加できます。 ArcPy を追加するには、conda を使用して、Anaconda Cloud 上の Esri チャンネルから ArcPy をインストールします。 conda プロンプトから、適切なリリース番号を指定して次のコマンドを実行します。

conda install arcgis-server-py3=10.9.1 -c esri