Skip To Content

ArcGIS Server のコンポーネント

ArcGIS Server で提供されている GIS リソースは、「サービス」と総称されています。 ArcGIS ServerArcGIS Server サイトの目的は、サービスへのリクエストを受信し、そのリクエストを実行し、必要としているクライアント アプリケーションに結果を送信することです。 ArcGIS Server は、サービスを管理できるツール セットを提供します。

サービスを効率的に実行し、アプリケーションのニーズを満たすことができるサイトを構築できるようにするために、ArcGIS Server サイトがどのように設定されているかを理解すると効果的です。 このトピックでは、ArcGIS Server サイトのコンポーネントを紹介します。

ArcGIS Server サイト アーキテクチャ

ArcGIS Server サイトには次のコンポーネントがあります。

  • ArcGIS Server - ArcGIS Server コンピューターは、Web サービスへのリクエストを実行します。 マップの描画やツールの実行、データの検索を行うとともに、サービスで行うことができる他のすべてのアクションを実行します。 ArcGIS Server は、1 つのコンピューターで構成することも、複数のコンピューターを組み合わせて構成することもできます。 これらのコンピューターはすべて同じデータおよび構成情報にアクセスするため、GIS サーバーを構成するコンピューターの数は必要に応じて増減できます。

    ArcGIS Server コンピューターは一般的な Web プロトコルである HTTP を使用してサービスを公開します。 ArcGIS Server をインストールすると、アプリで使用できる一連の Web サービスにアクセスできます。 Web アプリケーションのホストなどの追加機能のために、エンタープライズ Web サーバーで ArcGIS Server コンピューターを構成することができます。

  • ArcGIS Web Adaptor - ArcGIS Server コンピューターと既存のエンタープライズ Web サーバーを統合するために、ArcGIS Web Adaptor をインストールできます。 Web Adaptor は、共通の URL を使用して (選択したポートおよびサイト名で) Web サービス リクエストを受け取り、それをサイト内のさまざまな ArcGIS Server コンピューターに送ります。

    あるいは、HTTP ロード バランサー、ネットワーク ルーター、またはサードパーティ製の負荷分散ソフトウェアなど、他のタイプの「Web ゲートウェイ」テクノロジを使用してサイトを公開することもできます。 場合によっては、ArcGIS Web Adaptor を既存の負荷分散ソリューションと並行して使用するのが適切なこともあります。

  • Web サーバー - Web サーバーは、Web アプリケーションをホストし、オプションのセキュリティおよび負荷分散機能を ArcGIS Server サイトに提供できます。 GIS サービスの基本的なホスティングのみが必要な場合は、ArcGIS Server のインストール後に作成するサイトを使用できます。

    単なるサービスのホスティングを超える機能が必要な場合、または組織の既存の Web サーバーを使用したい場合は、ArcGIS Web Adaptor をインストールできます。 ArcGIS Web Adaptor をインストールすると、ArcGIS Server サイトに、IIS、WebSphere、WebLogic およびその他の Web サーバーを統合することができます。

  • データ サーバー - 各 GIS サーバーにデータを直接配置したり、共有ネットワーク フォルダーやエンタープライズ ジオデータベースなどの中央データ リポジトリからデータにアクセスしたりすることができます。 どちらの方法を選択しても、データには ArcGIS Server サイトでサービスとして公開されているすべての GIS リソースが含まれます。 これらのリソースには、マップ、ロケーター、ジオデータベースなどが含まれます。

上記のコンポーネントの詳細については、「ArcGIS Server サイトの詳細」をご参照ください。

管理者とユーザー

上述したソフトウェア コンポーネントは、データを作成し、サービスを管理し、サービスを使用するユーザーがいなければ何の役にも立ちません。 さらに広い範囲で ArcGIS Server サイトを見ると、次のように GIS サービスを使用するコンテンツ作成者、サーバー管理者、アプリケーション開発者、アプリケーションのエンド ユーザーが含まれます。

  • ArcGIS Server サイト管理者 - ArcGIS Server サイトには、ソフトウェアをインストールし、Web アプリケーションを構成し、パフォーマンスの最適化のためにサイトを調整する担当者が必要です。 ArcGIS Server サイト管理者は、ArcGIS Server Manager を使用してサイトを管理することができます。 管理者は、ArcGIS REST API を使用して管理タスクを自動化するために、開発者から支援を受けるか、自分でスクリプト作成スキルを身に付けます。

  • ArcGIS Pro コンテンツ作成者および公開者 - マップ、ジオデータベースなど、サイトに公開される GIS リソースは、ArcGIS Pro コンテンツ作成者が作成します。 これらの作成者は ArcGIS Pro 内部からコンテンツを共有または公開します。

  • アプリケーション開発者 - アプリケーション開発者は、Web、モバイル、およびデスクトップ ユーザーが専用のアプリを通じて ArcGIS Server サイトのサービスを利用できるようにします。 これを行うために、高度のプログラミング スキルは必要ありません。 事前設定されたビューアー、テンプレート、ウィジェット、サンプルを使用して、見栄えの良い Web アプリケーションを作成し、一般的なマップのナビゲーションおよび検索機能を実行することができます。 さらに経験を積んだ開発者は、サーバー オブジェクト エクステンションを含む幅広い API を利用できます。

  • クライアント アプリケーション ユーザー - Web、モバイル、およびデスクトップ アプリケーションはサービスに接続できます。 これらのアプリケーションのエンド ユーザーは GIS データと解析を ArcGIS Server サイトに頼っていますが、サイトの詳細やどのようなサービスが利用可能かを認識していない可能性があります。 ArcGIS Server サイトにアクセスしているエンド ユーザーの数、およびその使用パターンを詳細に把握しておくと、配置の規模と範囲を計画するときに役立ちます。

  • その他 - 他の多くのユーザーが ArcGIS Server サイトを使用したり、直接影響を与えたりする可能性があります。 これには、サイトのセットアップとアーキテクチャを調整する IT 管理者や、サイトの要件を設定する GIS マネージャー、およびデータを作成する GIS 技術者が含まれます。 これらの担当者は、このサイトを毎日使用することはないかもしれませんが、このヘルプ システムに含まれている ArcGIS Server サイトの基礎とベスト プラクティスを学ぶことが必要になる場合があります。


このトピックの内容
  1. 管理者とユーザー