Skip To Content

ArcGIS GIS Server のケーパビリティとエクステンション

Esri は、ArcGIS Enterprise に含まれる基本の ArcGIS GIS Server にさまざまなエクステンションを提供しています。 これらのエクステンションにより、サーバー配置の機能が拡張または深化します。

ArcGIS Enterprise 基本配置の構成要素や ArcGIS Server の追加ライセンス ロールなどについては、「ArcGIS Enterprise とは」をご参照ください。

ArcGIS GIS Server は、ArcGIS Enterprise の配置に対して基本的なマッピング、解析、および管理機能を提供します。 ArcGIS GIS Server を使用して、接続または切断された配置に対してサービスを公開し、レイヤーをホストして、Living Atlas of the World コンテンツを提供します。 ArcGIS GIS Server は、OGC Web サービスおよびカスタム ジオプロセシング モデルをサポートします。 これは、ArcGIS Enterprise の基本配置にホスティング サーバーを配置するために必要なライセンス ロールでもあります。

機能

ArcGIS GIS Server には 3 つのエディションがあります。 エディションの順に追加の機能が提供されます。 同一の ArcGIS GIS Server ライセンス エディションをサイトの各コンピューターに適用する必要があります。

  • Basic - Basic エディションの ArcGIS GIS Server では、ジオデータベース管理機能の他に、マップの視覚化およびクエリ用のフィーチャ サービスを公開する (ただし編集しない) 機能も利用できます。 ジオメトリ サービス、およびジオデータ サービスを公開する機能も利用できます。 このエディションのライセンスが付与されたサーバーは、ポータルとフェデレートしたり、ホスティング サーバーとして指定することができません。
  • Standard - Standard エディションでは、Basic エディションのすべての機能に加えて、ArcGIS GIS Server で提供されるすべての GIS Web サービス タイプを利用できます。 これにより、Web でマップを利用できるようにしたり、フィーチャ サービスを使用した Web ベースの編集をサポートしたり、ArcGIS Desktop Standard に含まれる任意のツールからジオプロセシング サービスを公開したりすることができます。 Schematics ケーパビリティは含まれていますが、他のいくつかのエクステンションは有償となります。 最後に、マップ、アプリ、その他の地理情報を、ArcGIS Enterprise ポータルを通じて組織内のすべてのユーザーと共有することができます。
  • Advanced - Advanced エディションでは、Standard エディションのすべての機能に加えて、ArcGIS Desktop Advanced に含まれるすべてのツールからジオプロセシング サービスを公開する機能を利用できます。 また、空間統計モデルと空間解析ツール用の追加機能も Advanced エディションに含まれています。 他のすべてのエクステンションは、必要に応じて購入できます。

機能とエクステンション

使用できる機能とエクステンションは、購入した ArcGIS GIS Server ライセンス エディションによって異なります。 たとえば、一部の機能は、お使いのエディションにデフォルトで付属しています。 また、エクステンションとして購入できる機能もあります。 各機能を使用するためにどのライセンス エディションが必要であるかについて、次に示します。 ArcGIS GIS Server Basic では、エクステンションを使用できません。

スケマティック データセットのサービス提供

Schematics サービスでは、一連のスケマティック情報を組織内外のユーザーと共有できます。 Schematics では、次の操作を行うことができます。

  • ダイアグラムを自動的に生成し、物理ネットワークおよび論理ネットワーク (ソーシャル ネットワークなど) を管理できます。
  • 電力、交通信号、配送ルート、コンピューターなど、あらゆる種類のネットワークを表示できます。

Schematics は、SOE (サーバー オブジェクト エクステンション) として ArcGIS Server に付属しています。 これにより、ArcMap で作成したスケマティック コンテンツを公開し、そのコンテンツをクライアント アプリケーションから Web 上で利用することができます。

詳細については、「ArcMap での Schematics」および「Schematics サービス」をご参照ください。

3D サービスと埋め込み 3D 解析ツールの共有

ArcGIS GIS Server Advanced エディションには、3D データ解析機能とサーフェス生成機能が組み込まれています。

  • 3D データを操作して、2D では得られない洞察を得ることができます。 3D のフィーチャ、テレイン、サブサーフェス、ボリュームのビューを得るために、ラスター、ベクター、および LIDAR データを視覚化します。
  • テレインの解析、サブサーフェス フィーチャや大気フィーチャのモデル化、サイト選択の最適化など、複雑なサーフェス解析、ボリューム解析、および表示解析を実行するツールにより、真の 3D 空間で GIS データを解析します。
  • ArcGIS 3D Analyst エクステンション for Desktop で高度なツールおよびモデルを作成し、GIS Server を使用してそれらのサービスをデスクトップ、モバイル、および Web アプリケーションで共有します。

詳細については、「ArcGIS 3D Analyst エクステンション とは」をご参照ください。

空間統計モデルのサービス提供

ArcGIS GIS Server Advanced エディションでは、GIS のモデル化と視覚化向けの統計的に有効な予測サービスを共有できます。

  • 統計モデルを使用して、ランダムなトレーニング データやテスト データのサブセットを作成し、データ異常の割り出し、空間データの調査、より正確な結果の生成に役立てることができます。
  • 大気データの解析、石油や採鉱の調査、環境解析、精密農業、魚や野生動物の研究など、実世界の問題を調べます。
  • ArcGIS Geostatistical Analyst エクステンション for Desktop で高度なツールおよびモデルを作成し、GIS Server を使用してそれらのサービスをデスクトップ、モバイル、および Web アプリケーションで共有します。

詳細については、「Geostatistical Analyst エクステンションのクイック ツアー」をご参照ください。

Spatial Analyst ツールとサービスの共有/埋め込み

ArcGIS GIS Server Advanced エディションには、Spatial Analyst から提供される高度なラスター データ解析機能とサーフェス生成機能が付属しています。

  • Spatial Analyst は、150 を超えるツールと機能を提供します。これらのツールと機能を、適地選定モデリング、距離と方向の計算、水文モデリングなどのリアルタイム解析のために Web アプリケーションに埋め込むことができます。
  • ArcGIS Spatial Analyst 10.8.1 for Desktop で高度なツールおよびモデルを作成し、GIS Server を使用してそれらのサービスをデスクトップ、モバイル、および Web アプリケーションで共有します。

詳細については、「ArcGIS Spatial Analyst エクステンション のクイック ツアー」をご参照ください。

ArcGIS Data Interoperability エクステンション

ArcGIS Data Interoperability エクステンション を使用すると、ほとんどすべてのデータ形式またはデータ モデルを利用するマップ サービスおよびジオプロセシング サービスを共有できます。

  • 複数のデータ ソースを組み合わせ、アプリケーション内に Spatial ETL (抽出/変換/読み込み) 機能を作成します。
  • 非標準のデータ形式を直接読み取り、書き込んで、ジオメトリまたは属性の変換を作成することで、複雑なモデリングをサポートします。 CAD、OGC、XML、JSON、RSS、DBMS、CSV など、385 を超えるデータ形式のサポートを追加します。コーディングは不要です。
  • ArcGIS Data Interoperability エクステンション for Desktop でマップまたは Spatial ETL ツールを作成し、ArcGIS Data Interoperability 10.9 for Server を使用して、アプリケーション内でフォーマット サポート機能または Spatial ETL 機能を公開します。

詳細については、「Data Interoperability extension とは」をご参照ください。

ArcGIS Data Reviewer エクステンション

ArcGIS Data Reviewer エクステンションでは、Web クライアント アプリケーションおよびモバイル クライアント アプリケーションを通じて、データ品質ワークフローを提供できます。

  • Web サービスを活用し、データ品質制御のワークフローを組織全体にわたって拡張します。
  • データ品質要件を満たさないデータを自動的に検出することで、意思決定のリスクを削減します。
  • データ品質に関する顧客からのフィードバックを収集、管理するための使いやすいツールを配置することで、公開済みの Web サービスの品質を改善します。
  • 複数のレポート プラットフォームにわたって新しい方法でデータの品質を記録および報告します。

詳細については、「ArcGIS Data Reviewer Server とは」をご参照ください。

ArcGIS Maritime エクステンション

ArcGIS Maritime では、ENC (Electronic Navigational Chart)、AML (Additional Military Layer) や IENC (Inland Electronic Navigational Chart) などのその他の S-57 プロダクト、および暗号化された ENC (S-63) を Web 上で公開および提供できます。

  • 視覚化と解析のために、Web ブラウザー、モバイル デバイス、GIS アプリケーション (たとえば、ArcGIS DesktopArcGIS Online、任意の OGC 準拠 Web アプリケーション) など、どこからでも S-57 データセットにアクセスします。
  • 特定のプロダクトにズームしたり、ENC のカタログ全体を国別または地域的別に同時に視覚化したりします。
  • 対話形式でデータを検索したり識別したりして、ナビゲーション補助や場所などの特定のフィーチャを検出します。
  • (使い慣れた外観と操作性のために) 使用される標準 S-52 シンボルのフィーチャの配色、シンボル、および安全コンター値を変更できます。
  • 他の空間地理情報と組み合わせて解析したり、緻密な対話型マップを作成したりできます。
  • WMS サービスまたは ArcGIS Server REST インターフェイスで S-63 暗号化 ENC を検索、レンダリング、および提供します。

ArcGIS Maritime for Desktop とともに使用して、チャート データやプロダクション ワークフローを管理します。また、ArcGIS Bathymetry for Desktop とともに使用して、測深データを管理します。 詳細については、「Maritime Chart サービスとは」をご参照ください。

ArcGIS Network Analyst エクステンション

ArcGIS Network Analyst エクステンションは、Web サービスを通じて高度なネットワーク解析機能を提供します。

  • マルチポイント最適化ルーティング、タイムセンシティブなターンごとのルート案内、到達圏の割り当て、最寄り施設への最速の固定ルートなど、強力なネットワーク解析ツールを配置します。
  • GIS の知識やスキルに関係なく、アナリスト、専門スタッフ、意思決定者など、より多くの人に高度なネットワーク モデリング機能を提供します。
  • デスクトップで高度なツールおよびモデルを作成し、ArcGIS Server を使用してそれらのサービスをデスクトップ、モバイル、および Web アプリケーションで共有します。

詳細については、「ネットワーク解析レイヤーの種類」および「ネットワーク解析サービス」をご参照ください。

ArcGIS Workflow Manager エクステンション

ArcGIS Workflow Manager では、Web サービスを使用して、プロジェクトのワークフローを整理、一元管理、および標準化できます。

  • 作業関連のすべての情報を標準化し、組織全体で整合性を維持します。
  • マルチユーザー ジオデータベース環境で、ワークフローを作成して適切なリソースに割り当てます。
  • スタッフやスケジュールなどを追跡しながら、自動タスクでユーザーの生産性を向上させて時間を節約します。
  • ArcGIS Workflow Manager for Desktop でプロジェクトのワークフローを作成して提供し、ArcGIS Server を使用してそれらのサービスをデスクトップ、モバイル、および Web アプリケーションで共有します。

ArcGIS Workflow Manager の Classic バージョンは引き続きサポートされますが、再設計された ArcGIS Workflow Manager Server を使用することをお勧めします。

ArcGIS Defense Mapping エクステンション

ArcGIS Defense Mapping では、適切な認証情報を持つ組織内外のすべてのユーザーが、セルフサービスの動的なオンライン マップ生成操作を実行できます。

  • データベース ドリブンの、防衛向けカートグラフィック運用および高品質レイアウトを標準化します。
  • リアルタイムのベクター カートグラフィにアクセスします。
  • 防衛基準に基づいて、使用に適したマップを作成します。
  • 高度なカスタム印刷サービスおよびエクスポート サービスを実現します。
  • Defense Mapping Desktop とともに使用して、GIS データ、マップ生成タスク、およびマップ生成プロダクトを作成し、その提供を簡素化します。

ArcGIS Defense Mapping の詳細

ArcGIS Production Mapping エクステンション

ArcGIS Production Mapping は、ビジネス ルール、ワークフロー、マップ ドキュメントやその他の運用情報を一元化された場所に保管することで、さまざまなオペレーションにわたる整合性を確保します。

  • 組織のどのユーザーにも、セルフサービスの動的なオンライン マップ生成を提供します。
  • データベース ドリブンのカートグラフィック運用および高品質レイアウトを標準化します。
  • カートグラフィックのルール、テンプレート、およびワークフローを構築できるセルフサービス マッピングで効率を向上させます。
  • Production Mapping Desktop とともに使用して、GIS データ、マップ生成タスク、およびマップ生成プロダクトを作成し、その提供を簡素化します。

ArcGIS Production Mapping の詳細

ArcGIS Roads and Highways エクステンション

ArcGIS Roads and Highways Server は、リニア リファレンスに向けた追加の REST サービス機能で、ArcGIS Server の既存のマップ サービスを拡張します。

  • Roads and Highways LRS ネットワークおよび登録されたイベント レイヤーをマップ サービスとして公開します。
  • ルートおよび計測の値を座標またはポリゴンに変換 (配置) し、座標の位置をルートおよびメジャーに変換します。
  • ルートまたは計測の値を整合チェックします。
  • メジャー値を、ある LRM から別の LRM に変換します。
  • Event Editor でリニア リファレンス機能を使用します。Event Editor は、ArcGIS Roads and Highways Server で公開されたイベント データに対して構成できる Web アプリケーションです。
  • ArcGIS Roads and Highways Desktop を使用してルートを追加および編集してから、Roadway Characteristics Editor を使用してマルチレイヤーのトランザクション イベント編集を実行し、オーバーラップ リタイアメントおよび一致イベントのマージをサポートします。

さらに、Roadway ReporterArcGIS Roads and Highways の機能を拡張します。Road Reporter は、マップ中心のユーザー エクスペリエンスで道路セグメント、道路の距離、および道路のログ レポートを作成できるようにする Web アプリケーションです。

詳細については、「ArcGIS Roads and Highways Server」をご参照ください。

ArcGIS Pipeline Referencing エクステンション

ArcGIS Pipeline Referencing Server は、既存の ArcGIS Server マップ サービスを拡張し、パイプラインの組織でのリニア リファレンスのための REST サービス機能を追加します。

  • LRS ネットワークおよび登録されたイベント レイヤーをマップ サービスとして公開します。
  • ルートおよび計測の値を座標またはポリゴンに変換 (配置) し、座標の位置をルートおよびメジャーに変換します。
  • ルートまたは計測の値を整合チェックします。
  • メジャー値を、ある LRM から別の LRM に変換します。
  • Event Editor でリニア リファレンス機能を使用します。Event Editor は、ArcGIS Pipeline Referencing Server で公開されたイベント データに対して構成できる Web アプリケーションです。
  • ArcGIS ProArcGIS Pipeline Referencing を使用してルートを追加および編集してから、Event Editor を使用してマルチレイヤーのトランザクション イベント編集を実行し、オーバーラップ リタイアメントおよび一致イベントのマージをサポートします。

詳細については、「ArcGIS Pipeline Referencing Server」をご参照ください。