Skip To Content

既存サイトに参加

サイトには、ArcGIS Server が配置されます。 ArcGIS Server を既存のサイトに追加する目的でコンピューターにインストールした場合は、ArcGIS Server Manager の初回起動時に、そのサイトを指定することができます。

注意:

既存のサイトが HTTP のみを使用するように構成されている場合、「サイトへの ArcGIS Server コンピューターの追加」に記載されている手順に従って、新しいサーバー コンピューターをそのサイトに追加する必要があります。

[サイトに参加] 操作により、既存の ArcGIS Server サイトに新しいコンピューターが追加されます。 この操作は、新しいコンピューターへの移行のために一時的に行ったり、サーバー サイトのリソースと処理能力の向上のために恒久的に行ったりすることができます。 [サイトに参加] を使用して移行する場合は、新しいコンピューターと既存のコンピューターが一致している必要はありませんが、サイト内のすべてのコンピューターを保持する場合は、次の基準を満たすことをお勧めします。

  • 複数コンピューターのサイトを作成している場合、新しいコンピューターは、サイト内の他の ArcGIS Server コンピューターと同じオペレーティング システム プラットフォーム上で稼働している必要があります。 それぞれが 3 GHz プロセッサおよび 8 GB の RAM を搭載した Windows Server 2016 上で実行されている複数の ArcGIS Server コンピューターで構成されているサイトの場合、そのサイトに追加するコンピューターも同じオペレーティング システムとハードウェア仕様にする必要があります。 移行のためにコンピューターをサイトに一時的にのみ参加させる場合、それらのオペレーティング システムは異なっていてもかまいません。
  • サイト内の他の ArcGIS Server コンピューターとバージョン番号を一致させる必要があります。
  • サイト内の他の ArcGIS Server コンピューターと同じライセンスが適用されている必要があります。
  • サイトの構成ストアサーバー ディレクトリに対し、読み取り/書き込み権限がある必要があります。
  • サイト内の他のすべての ArcGIS Server コンピューターと同じ ArcGIS Server アカウントで ArcGIS Server を実行している必要があります。 ドメイン アカウント、またはすべてのコンピューター上で同じ名前とパスワードを持つローカル アカウントのいずれかを指定します。 このアカウントの詳細については、「ArcGIS Server アカウント」をご参照ください。
  • ArcGIS Server で使用されるポート」に示されているポートを通じて、サイト内の他のすべての ArcGIS Server コンピューターと通信できること。 これには、ファイアウォール設定の調整が必要になる場合があります。
  • サイト上のサービスが参照するすべてのデータを読み取ることができること。 これを確認する良い方法は、コンピューターがサイトに登録されているすべてのデータ ストレージの場所に対する権限を持つかどうかをチェックすることです。 これらの登録された場所の詳細については、「ArcGIS Server へのデータの登録方法」をご参照ください。

コンピューターをサイトに追加するには、次の手順に従います。

  1. ArcGIS Server Manager を開きます。 ブラウザーで ArcGIS Server Manager を開くための URL は https://gisserver.domain.com:6443/arcgis/manager です。また、インストール済みのショートカットを使用することもできます。

    ユーザー名とパスワードを求められた場合は、別のユーザーがこのコンピューターを既存のサイトにすでに参加させています。

  2. [既存サイトに参加] をクリックします。
  3. 参加させるサイトの URL を入力します。 URL の形式は通常、https://gisserver.domain.com:6443/ です。
  4. 参加させるサイトの管理者名とパスワードを入力します。 サイトを作成したときに使用したユーザー名およびパスワード (プライマリ サイト管理者) か、サーバー管理者が管理権限を付与した別の ArcGIS Server ユーザー アカウントを指定します。

    [次へ] をクリックします。

  5. 構成のサマリーを確認して、コンピューターをサイトに参加させる準備ができたら [完了] をクリックします。
  6. サイトにリレーショナル データ ストア タイプが登録されている場合、Windows サービスを再起動して、新規追加された各コンピューター上で ArcGIS Server を再起動する必要があります。 再起動後、追加された各コンピューター上で ArcGIS Server のすべての機能を利用できるようになります。

コンピューターがサイトに追加されます。

詳細:

サイトを作成したり、サイトにコンピューターを参加させたりする場合、<ArcGIS Server installation directory>\usr\logs\<machine name>\server[冗長] レベルでログが書き込まれます。サイトの作成またはコンピューターの追加に失敗した場合は、ログをテキスト エディターで開いて、問題に関する詳しい情報を確認できます。

サイトの作成または参加が完了すると、ログは <ArcGIS Server installation drive>\arcgisserver\logs に移動し、ログ レベルが [警告] に設定されます。ArcGIS Server アカウントに、このフォルダーに対する作成または書き込みの権限がない場合、サイトの作成またはサイトへの参加は失敗します。ドライブ全体へのフォルダーの作成権限を ArcGIS Server アカウントに付与しない場合は、このフォルダーを事前に手動で作成し、ArcGIS Server アカウントにフォルダーに対する書き込みの権限を付与することができます。