Skip To Content

マップ サービスのクライアント

ArcGIS Server に公開されたサービスはローカル クライアントと Web クライアントで使用できます。マップ サービスが公開する多くのケーパビリティにより、マップ サービスはさまざまな Esri およびサードパーティ クライアント アプリケーションで使用することができます。これには、ArcGIS EnterpriseArcGIS OnlineArcGIS API for JavaScriptArcGIS EarthArcGIS Desktop などの Esri クライアントが含まれるほか、Google Earth、OGC、Autodesk AutoCAD アプリケーションなどのサードパーティ クライアントが含まれます。

Esri クライアント アプリケーション

以下では、マップ サービスのケーパビリティを使用できる Esri クライアント アプリケーションについて説明します。

ArcGIS Enterprise

ArcGIS Enterprise ポータルでは、指定ユーザーおよびオプションとしてインターネット上のユーザーが、 Map Viewerで使用できるようにした GIS コンテンツを表示して操作できます。

ArcGIS Server サイトが ArcGIS Enterprise ポータルとフェデレートされている場合は、ArcMap から公開されるすべてのマップ サービスが自動的にポータルで共有されます。ArcGIS Pro ユーザーは、ArcGIS Server マップ サービスを利用する Web マップをポータルで直接共有できます。

スタンドアロンの ArcGIS Server サイトがある場合は、マップ サービスを外部サービスとして追加することで ArcGIS Enterprise ポータルで使用することができます。詳細については、「セキュリティで保護されたサービスへの接続」をご参照ください。

ArcGIS Online

ArcGIS OnlineMap Viewerを使用すると、ArcGIS Server サイトでホストされているマップ サービスを利用する Web マップおよびアプリを構築して共有することができます。また、利用可能なベースマップ、データ、および事前構成されたテンプレートや Web AppBuilder for ArcGIS などのアプリケーションを利用して、コンテンツを共有できます。コンテンツの作成の詳細

ArcGIS Desktop アプリケーション

  • ArcMap
  • ArcGIS Pro

ArcGIS Maps for Office

ArcGIS Maps for Office は、アドイン ソフトウェアを使用して、Microsoft Office にマップ機能を提供します。このアドインと Microsoft Office コンポーネントを使用して、GIS Server に常駐するマップ サービスを参照、表示、および操作するマップを作成することができます。ArcGIS Maps for Office は、Esri Web サイトからダウンロードできます。

ArcGIS Maps for SharePoint

ArcGIS Maps for SharePoint では、組織のデータを地理空間に表示できる、対話的で構成可能なマッピング コンポーネントが提供されます。ArcGIS Maps for SharePoint には Web Map Part コンポーネントが含まれており、これを使用して GIS サーバー上にあるマップ サービスの参照、表示、対話的操作が可能になります。

詳細については、「ArcGIS Maps for SharePoint の概要」をご参照ください。

ArcGIS Earth

ArcGIS Earth を使用すると、世界中のあらゆるテレイン、海洋、および山脈を探索し、地球儀上に 3D でデータを視覚化できます。ArcGIS Earth は、さまざまな 2D および 3D マップ データ形式に対応し、データの表示、スケッチの作成、距離および面積の測定、アノテーションの追加により、ストーリーを伝えることができます。

Explorer for ArcGIS

組織内のすべてのユーザーは、Explorer for ArcGIS を使用して、デバイス上のマップ サービスを検索、解析、および共有することができます。データの視覚化、マップ上での場所とフィーチャの検索、マップ上でのスケッチによる重要なフィーチャのハイライト表示、他の Explorer for ArcGIS ユーザーとのマップの共有、および対話型マップ プレゼンテーションを使用してストーリーを伝えることが可能です。

ArcGIS API for JavaScript アプリケーション

ArcGIS API for JavaScript を使用すると、マップ サービスを使用するインターネット アプリケーションを作成することができます。ArcGIS API for JavaScript には、概念のヘルプ、サンプル、および API リファレンス トピックを含む詳細なドキュメントが用意されているため、快適にプログラミングすることができます。詳細については、ArcGIS API for JavaScript のホーム ページをご参照ください。

ArcGIS Runtime SDK

開発者は ArcGIS Runtime SDK を使用して、一般的に使用されるさまざまなプラットフォームおよびデバイスにネイティブ アプリを構築して配置します。詳細については、ArcGIS for Developers サイトをご参照ください。

サードパーティ クライアント アプリケーション

次に示すサードパーティ クライアントはマップ サービスのケーパビリティを使用できます。

  • Google Earth (KML として)
  • Web Coverage Service クライアント アプリケーション (OGC WCS として)
  • Web Feature Service クライアント アプリケーション (OGC WFS として)
  • Web Map Service クライアント アプリケーション (OGC WMS として)
  • Web Map Tile Service クライアント アプリケーション (OGC WMTS として)
  • Web Processing Service クライアント アプリケーション (OGC WPS として)
  • AutoCAD (ArcGIS for AutoCAD プラグイン アプリケーションとして)