Skip To Content

セキュリティで保護されたサービスを含むマップの印刷

PrintingTools サービスを使用して、セキュリティで保護されたサービスを含むマップを印刷できます。

Web 層認証

ArcGIS ServerArcGIS Enterprise ポータルとフェデレートされ、ポータルの ArcGIS Web Adaptor のみが Web 層認証 (IWA、PKI、Basic など) を使用している場合、セキュリティで保護されたサービスの印刷は正常に機能します。 これは、Web 層認証システムを使用しない配置にも該当しますが、

ArcGIS Server サイトの Web Adaptor が Web 層認証を使用する場合は、PrintingTools サービスとカスタム印刷サービスは、サイトのサービスを印刷できません。 この制限は、フェデレーションおよびスタンドアロン両方の ArcGIS Server サイトに該当します。

短期間有効なトークン

短期間有効なトークン (デフォルト) を使用してサービスをセキュリティで保護する場合、ユーザーは Web アプリケーションを開くときに名前とパスワードを入力するように求められます。 ユーザーがマップの印刷をリクエストすると、トークンが PrintingTools サービスに渡されます。

サービスへの認証情報の埋め込み

セキュリティで保護されたサービスを含む独自の印刷サービス公開する場合、場合によっては、印刷サービスに認証情報を埋め込む必要があります。この情報は、セキュリティで保護されたサービスからマップを要求するときに使用できます。 このセクションの最後にこの手順について詳しく説明しています。

Web アプリケーション コードに長期間有効なトークンを埋め込んだ場合は、認証情報を PrintingTools サービスに渡すことはできません。 サーバーの構成に関係なく、以下の手順に従って、印刷サービスに認証情報を埋め込む必要があります。

Web サーバー層でセキュリティを適用し、ArcGIS ServerArcGIS Enterprise ポータルとフェデレートされている場合、PrintingTools サービスによるマップの印刷はデフォルトでサポートされているため、特に手順を実行する必要はありません。 ただし、ArcGIS Server を単独でインストールし、Web サーバー層でセキュリティを適用している場合は、認証情報を埋め込む必要があります。

注意:

セキュリティへの影響を十分に把握しないままで、カスタムの印刷サービスに認証情報を埋め込むことはお勧めしません。 認証情報が埋め込まれた独自の印刷サービスを公開する場合は、ArcGIS Server セキュリティ ルールを適用して、サービスにアクセスできるユーザーを制限することをお勧めします。 これにより、匿名ユーザーは、セキュリティで保護されたサービスを表示する印刷可能なマップ イメージを生成できなくなります。 セキュリティの設定方法の詳細については、「サービスへのアクセスの制限」をご参照ください。

注意:

ArcGIS Pro からカスタム印刷サービスに認証情報を埋め込むには、ArcPy の ImportCredentials 関数を使用します。