Skip To Content

Server Manager を使用した ArcGIS 組織とのサービスの共有

ArcGIS Server Manager を使用すると、ユーザーが所有するサービス (ArcGIS Online または ArcGIS Enterprise ポータル) をアイテムとして ArcGIS 組織と共有できます。公開時または公開後にサービスを共有できます。開始するには、下記のセクションの手順に従います。

公開中の共有権限の構成

公開時にアイテムの共有方法を構成できます。これを行うには、次の手順に従います。

  1. サービス定義ファイルを作成します。Server Manager で実行できる操作は、サービス定義ファイル (*.sd) をサーバーに公開することだけです。このファイルを公開することでサービスが提供されます。すべての手順については、「ArcMap でのサービス定義の作成」をご参照ください。
  2. ArcGIS 組織への ArcGIS Server Manager の接続」の手順に従って、組織に Server Manager を接続します。
  3. Server Manager で、[サービス] > [サービスの管理] > [サービスの公開] の順にクリックします。
  4. [参照] ボタンをクリックして公開するサービス定義を選択するか、そのパスを入力します。参照できるのは、ArcGIS Server Manager を実行しているコンピューターのファイル システムだけです。別のコンピューター上の場所を参照する場合は、ドライブをマッピングしてから参照する必要があります。[次へ] をクリックします。
  5. 必要に応じて、サービスの新しい名前を入力し、サービスが作成されるサーバー上のフォルダーを指定します。120 文字を超える名前や、英数字とアンダースコア (_) 以外の文字が含まれる名前を使用することはできません。
  6. [サービスをアイテムとして共有] をクリックします。アイテムがサービスとして共有されます。[次へ] をクリックします。
  7. アイテムの共有方法を指定して [次へ] をクリックします。
    • [マイ コンテンツ] - このオプションを選択すると、「マイ コンテンツ」という個人用のワークスペースでのみサービスが参照されます。他のユーザーは、アイテムにアクセスできません。
    • すべての人に公開 (パブリック) - このオプションを選択すると、サービスが公開されます。つまり、Web 上のユーザーを含め、すべてのユーザーがサービスにアクセスしてデータを参照できます。
    • [以下のグループのメンバー] - 自分が属しているグループとしか共有せずに、サービスをセミプライベートにしておくことができます。このオプションを選択すると、現在、自分が属しているグループがリスト表示されます。
    • <組織名> - アイテムを組織に追加している場合に、組織名がオプションとして表示されます (例: [My Portal for ArcGIS])。このオプションを選択すると、アイテムを組織内のすべての認証済みユーザーと共有できます。
  8. 必要に応じて、サービス定義のケーパビリティを有効または無効にします。[Publish] をクリックします。

公開後の共有権限の構成

サービスをすでに公開している場合、その共有権限をいつでも有効化したり調整したりできます。これを行うには、次の手順に従ってください。

備考:

共有する前に、自分がサービスの所有者であることを確認します。

  1. ArcGIS 組織への ArcGIS Server Manager の接続」の手順に従って、組織に Server Manager を接続します。
  2. Server Manager で、[サービス] > [サービスの管理] の順にクリックします。
  3. [サービスの管理] モジュールで、更新するサービスを選択し、以下のいずれかを実行します。
    • サービスが共有されている場合は、[共有] ボタン 共有 をクリックします。
    • サービスがアイテムとしてまだ共有されていない場合は、[未共有] ボタン 未共有 をクリックします。
  4. [共有構成の編集] ダイアログ ボックスで、必要に応じて共有権限を有効化したり調整したりします。
  5. [保存] をクリックします。