Skip To Content

WFS サービス

OGC (Open Geospatial Consortium) の WFS (Web Feature Service) 仕様に 準拠するサービスを公開することができます。WFS は、Web 経由でジオグラフィック フィーチャを提供するためのオープン規格です。

WFS サービスを使用する理由

WFS サービスを通じてデータを提供すると、Web サービスを操作できるアプリケーションは、マップまたはエンタープライズ ジオデータベース内のジオグラフィック フィーチャにアクセスすることができます。マップのイメージを返す OGC WMS (Web Map Service) とは異なり、WFS サービスはジオメトリや属性を持つフィーチャを返すため、クライアントは地理空間解析でこのサービスを使用できます。また、WFS サービスは、ユーザーがデータの空間解析や属性検索を実行するためのフィルターもサポートします。

技術的な注意事項

  • 作成した WFS サービスは、WFS 1.1.0 および 2.0 仕様に準拠します。読み取り専用ベースで WFS 1.0.0 仕様もサポートします。
  • WFS サービスは GML (Geography Markup Language) を使ってフィーチャ データをエンコードします。GML は、XML を使って地理情報を表現するための手段です。ArcGIS Server WFS サービスで使用される GML は、シンプル フィーチャ プロファイルを使用します。

WFS サービスを作成する方法

WFS サービスを作成する方法には、マップから作成する方法とエンタープライズ ジオデータベースから作成する方法の 2 種類があります。

備考:

マップまたはエンタープライズ ジオデータベース内のフィーチャクラスが EPSG (European Petroleum Survey Group) コードで表せない空間参照を使用する場合は、そのフィーチャクラスの空間参照として WGS 84 が使用されます。不明な空間参照系を使用するマップまたはエンタープライズ ジオデータベース内のフィーチャクラスは、WFS サービスによって無視されます。

マップからの WFS サービスの作成

ArcMap ドキュメントを ArcGIS Server で公開して、WFS サービスを作成することができます。マップ ドキュメントをサービスとして公開する際には、[WFS] ケーパビリティをオンにします。これにより、WFS クライアントがサービスにアクセスするために使用できる URL が作成されます。マップから WFS サービスを作成する方法については、「チュートリアル: WFS サービスの公開」をご参照ください。

マップ ドキュメントは、WFS サービスで提供されるレイヤーの仕様にすぎません。サービスの目的はデータ内のフィーチャを提供することなので、シンボル表示、クエリ定義、フィールド エイリアスは、WFS サービスに渡されません。OGC 仕様を通じてマップのビジュアル プロパティを提供するには、WMS サービスを使用します。

マップ ドキュメントから WFS サービスを公開する際には、次の点に注意してください。

  • WFS サービスで編集用のトランザクション (WFS-T) をサポートするには、マップ内のすべてのレイヤーのソース データが同じエンタープライズ ジオデータベースに格納されている必要があります。複数ソースからのレイヤーはマップに格納できません。

  • レイヤーの名前は、WFS から返されるタイプ名になります。

  • WFS サービスとしてデータを公開する場合、データをエンタープライズ ジオデータベースに登録する必要があります。

  • WFS はフィーチャを操作するだけなので、マップ内のラスター レイヤーはサービスから除外されます。

  • WFS サービスでは、シンプル フィーチャだけがサポートされ、リレーションシップ クラス、結合、ネットワーク、ルールなどのジオデータベース機能はサポートされません。

WFS サービスを公開する以外の目的でソース マップ ドキュメントを使用する場合は、WFS サービスのソース ドキュメントとしての役割を果たすマップ ドキュメントのコピーを作成する必要があるでしょう。そうすれば、元のマップ ドキュメントを変更せずに、要件に合わせてコピーを変更することができます。

エンタープライズ ジオデータベースからの WFS サービスの作成

WFS サービスを作成するもう 1 つの方法は、ArcMap でエンタープライズ ジオデータベースをジオデータ サービスとして公開することです。マップ ドキュメントをサービスとして公開する際には、[WFS] ケーパビリティをオンにします。これにより、WFS クライアントがサービスにアクセスするために使用できる URL が作成されます。エンタープライズ ジオデータベースから WFS サービスを作成する方法については、「チュートリアル: WFS サービスの公開」をご参照ください。

ジオデータ サービスから WFS サービスを作成すると、接続ユーザーがアクセスできるすべてのフィーチャクラスがサービスで提供されるようになります。また、エンタープライズ ジオデータベースに登録されたフィーチャクラスおよびテーブルのみが、サービス内で提供されます。

WFS サービスをエンタープライズ ジオデータベースから作成すると、フィーチャを読み取り、検索、および編集できるようになります。

WFS サービスのプロパティの構成

WFS サービスのプロパティは、そのケーパビリティ ファイルに反映されます。システムによって生成されたケーパビリティ ファイルで WFS サービスを公開する際には (デフォルト)、WFS サービスのプロパティを設定することをお勧めします。設定可能な WFS サービスの各プロパティの詳細については、「利用可能な WFS サービス プロパティ」をご参照ください。さらに、次のトピックでは、WFS サービス プロパティを設定できる場所に移動する手順を説明しています。

外部ケーパビリティ ファイルの使用による WFS プロパティの設定

WFS サービスのメタデータを定義するもう 1 つの方法は、外部のケーパビリティ ファイルを使用することです。この方法では、デフォルト以外のフィーチャ タイプの投影法を追加できます。デフォルトでは、レイヤーまたはフィーチャクラスの座標系と WGS84 (EPSG 4326) が含まれます。詳細については、「WFS サービスでの外部ケーパビリティ ファイルの使用」をご参照ください。

WFS サービスのセキュリティ

WFS サービスは、WFS ユーザーに ArcGIS Server マップ サービスまたはジオデータ サービスを公開します。WFS サービスのセキュリティは、その親のマップ サービスまたはジオデータ サービスのセキュリティを制御することにより管理されます。Planners などの特定のロールに対してマップへのアクセスが拒否された場合、Planners は、SOAP、REST、WFS のどのインターフェイスを介しても、マップにアクセスできなくなります。

ArcGIS Server は複数の認証方式をサポートしています。OGC インターフェイス経由でのアクセスが想定されるサービスについては、統合 Windows 認証、HTTP 基本認証、または HTTP ダイジェスト認証のいずれかを使って保護する必要があります。 ほとんどの OGC クライアント (Esri およびサードパーティ クライアント) は、広く使用されているこれらの標準認証方式を理解し、それらに対応します。