Skip To Content

ArcGIS Enterprise Builder 10.8 のシステム要件

ArcGIS Enterprise BuilderArcGIS Enterprise をオンプレミスの 1 台のコンピューター上に配置します。ArcGIS Enterprise Builder の実行に必要なシステム要件とハードウェア要件を次に示します。

また、ArcGIS Enterprise を通じて ArcGIS ProArcGIS Pro エクステンション、または Drone2Map for ArcGIS がライセンスされている場合、ArcGIS License Manager 2019.2 でライセンスを構成し、これらのアプリを使用できるメンバーを指定する必要があります。詳細については、「Portal for ArcGIS 管理者ガイド」、「License Manager リファレンス ガイド」、および「License Manager のシステム要件」をご参照ください。

ArcGIS Enterprise を使用して ArcGIS Enterprise Builder の配置を実装またはアップグレードする前に、製品リリース情報を参照して、お使いのハードウェア コンポーネントやソフトウェア コンポーネントにバージョン 10.8 との互換性があるかどうかを確認することをお勧めします。個々の製品コンポーネントについても、すべての現在のシステム要件を確認してください。この情報には、「ArcGIS Enterprise インストール ガイド」からアクセスできます。

メモ:

ArcGIS Enterprise コンポーネントには Microsoft Visual C++ 2015-2019 Redistributable (x64) バージョン 14.22.27821 以上が必要です。Microsoft Visual C++ のサイト から Visual Studio Redistributable for Microsoft 2015-2019 のファイルを取得します。

Visual C++ 2015 - 2019 Redistributable がまだインストールされていない場合、ArcGIS Enterprise Buildersetup.exe を実行するとインストールされます。ただし、ArcGIS Enterprise Buildersetup.msi を直接実行しても、Redistributable はインストールされません。Microsoft Visual C++ 2015 - 2019 Redistributable (x64) がまだインストールされていない場合、setup.msi を実行しても ArcGIS Enterprise Builder は実行されません。

Microsoft Windows オペレーティング システム要件

以下の 64 ビット オペレーティング システムは、最低限必要なオペレーティング システム要件を満たしています。32 ビット オペレーティング システムはサポートされていないため、セットアップが実行されるのは、オペレーティング システムが 64 ビットの場合のみです。

アンダースコア (_) が含まれているコンピューター名はサポートされていません。インターネット ホスト名に関して一般に普及しているいくつかの仕様では、アンダースコア文字を規格外と定めています。Windows ではコンピューター名にアンダースコアを使用できますが、他のサーバーやプラットフォームを操作するときに問題が生じる可能性があります。このため、ホスト名にアンダースコアが含まれるサーバーでは ArcGIS Enterprise コンポーネントはインストールされません。

サポートされているオペレーティング システム検証済みの最新アップデートまたはサービス パック

Windows Server 2019 Standard、Datacenter (64 ビット (EM64T))

2019 年 11 月更新

Windows Server 2016 Standard、Datacenter (64 ビット (EM64T))

2019 年 11 月更新

Windows Server 2012 R2 Standard および Datacenter (64 ビット (EM64T))

2019 年 11 月更新

Windows Server 2012 Standard、Datacenter (64 ビット (EM64T))

2019 年 11 月更新

特に指定がない限り、これらのオペレーティング システムのバージョンに関して過去と今後のアップデートまたはサービス パックはサポートされています。また、オペレーティング システムのバージョンとアップデートはオペレーティング システムのプロバイダーでもサポートされている必要があります。

メモ:

Windows 10 および 8.1 は、基本的なテストやアプリケーション開発での使用のみでサポートされています。運用環境への配置は推奨されません。

サポートされているオペレーティング システム検証済みの最新アップデートまたはサービス パック

Windows 10 Pro および Enterprise (64 ビット (EM64T))

2019 年 11 月更新

Windows 8.1 Pro および Enterprise (64 ビット (EM64T))

2019 年 11 月更新

ハードウェア要件

必要なディスク空き容量

ArcGIS Enterprise Builder (Windows) を実行するには、セットアップ ファイルがステージングされ、ログ ファイルが書き込まれるシステム ドライブ (多くの場合 C: ドライブ) 上に 10 GB の使用可能なディスク領域が必要です。さらに、ArcGIS Enterprise Builder のインストール ドライブ上に 20 GB の使用可能なディスク領域が必要です。これは、セットアップ中に指定します。このディスク領域は、コンポーネントの初期インストールを完了し、基本配置の拡張時にデータ、ログ、構成ファイルを格納するために必要とされます。ほとんどのユーザーはインストール ドライブ上に 20 GB を超える領域を必要とします。運用システムの場合は、50 GB 以上の使用可能なディスク領域が存在する必要があります。

メモリ要件

ArcGIS Enterprise Builder をインストールするには、16 GB 以上のメモリを設定することを強くお勧めします。

Microsoft .NET Framework 4.5.2 のサポート

ArcGIS Web Adaptor をインストールするには、Microsoft .NET Framework 4.5.2 以降が必要です。オペレーティング システムに Microsoft .NET Framework 4.5.2 がインストールされている場合は、Windows の機能を使用して有効化されていることを確認してください。オペレーティング システムに Microsoft .NET Framework 4.5.2 が含まれていない場合、インストール メディアからダウンロードして、Windows の機能を使用して有効化することができます。

ファイアウォールの設定

ArcGIS Enterprise の基本配置のコンポーネントは、特定のポートで通信します。ソフトウェアをインストールする前に、ファイアウォール上でこれらのポートを開く必要があります。

ArcGIS Web Adaptor は、ポート 80 および 443 上で通信します。ArcGIS Enterprise Builder を使用してインストールされた各追加コンポーネントで使用されるポートの情報については、以下をご参照ください。

サポートされる Web ブラウザー

ArcGIS Enterprise 構成ウィザードは、次の Web ブラウザーをサポートします。

  • Google Chrome
  • Mozilla Firefox
  • Microsoft Internet Explorer 11*
  • Microsoft Edge

*ArcGIS Enterprise での Internet Explorer 11 の使用は、このリリースでは非推奨になりました。Esri は、上記の他のブラウザーのいずれかに移行することを強くお勧めします。ArcGIS Enterprise の最新リリースでは Internet Explorer 11 が引き続きサポートされていますが、Internet Explorer 11 の使用は一般的に推奨されておらず、今後のリリースではサポートが終了します。サポートが終了する前に、再度お知らせします。

サポートされている仮想化環境とクラウド プラットフォーム

仮想化環境とクラウド環境のサポート内容は、ArcGIS Enterprise の基本配置の全コンポーネントで同じです。詳細については、ArcGIS Enterprise システム要件の「クラウド プラットフォーム上の ArcGIS Enterprise」および「サポートされている仮想化環境」をご参照ください。