Skip To Content

Teradata Data Warehouse Appliance での ArcGIS 10.9 および ArcGIS Pro 2.8 の要件

ArcGIS Pro および ArcGIS ServerTeradata Data Warehouse Appliance への接続をサポートしています。

ヒント:

以前の ArcGIS バージョンについては、ArcGIS Desktop Web サイトに掲載されているシステム要件をご参照ください。

Esri がサポートする環境ポリシーの詳細については、Esri テクニカル サポートをご参照ください。

サポートされるデータ ウェアハウス アプライアンス バージョン

ArcGIS では、次のバージョンの Teradata Data Warehouse Appliance がサポートされています。 これらのリリースのサービス パックはサポートされていますが、認定はされていません。

Teradata 16.20 (「DBMS への接続に必要なソフトウェア」のメモをご参照ください)

Teradata 16.10

Teradata 15.10

Teradata 15.0

データベース要件/制限

  • ODBC 接続では、Teradata セッション モードおよび Native Large Object Support を使用する必要があります。
  • ジオデータベース機能は、Teradata ではサポートされていません。
  • すべての空間列には、テーブル内の空間列として ArcGIS で認識されるように、SHAPE という名前またはエイリアスを付ける必要があります。
  • ArcGIS Enterprise ポータルでは Teradata をデータ ストア アイテムとして使用することはできません。

クラウド サポート

クラウドに配置されたデータベース サービスとデータベースのサポートについては、「ArcGIS でクラウドのデータベースを使用するための要件」をご参照ください。

DBMS への接続に必要なソフトウェア

クライアント コンピューター (ArcGIS ProArcMap、または ArcGIS Server が動作しているコンピューターなど) は、使用している RDBMS に合わせて適切なデータベース クライアント ファイルをインストールしておく必要があります。 これらのクライアント ファイルは、それぞれの RDBMS ベンダーから入手できます。 詳細については、「データベース クライアント」をご参照ください。

注意:
Teradata 16.20 データ ウェアハウス アプライアンスに接続するには、Teradata ODBC Driver Suite 16.20.08 (TTU Suite 16.20.08 に含まれる) 以降のバージョンを使用する必要があります。 スマート LOB 設定については、Teradata ODBC ドライバー ガイドをご参照ください。