Skip To Content

IBM Db2 の ArcGIS 11.0 および ArcGIS Pro 3.0 要件

ArcGIS Pro および ArcGIS Server は、Db2IBM Db2 データベースとエンタープライズ ジオデータベースへの接続をサポートしています。

Esri がサポートする環境ポリシーの詳細については、Esri テクニカル サポートをご参照ください。

サポートされているデータベース バージョン

ArcGIS で認定およびサポートされている最小の IBM Db2 リリースとフィックスパック バージョンは次のとおりです。 これらのバージョンの新しいフィックスパック バージョンはサポートされていますが、認定はされていません。

IBM Db2 バージョン 11.1 Mod 4 Fix Pack 5

IBM Db2 バージョン 11.5

データベースの要件/制限

  • Linux、UNIX、または Microsoft Windows 上の Db2 データベースは、UTF-8 エンコードを使用するように構成する必要があります。
  • ArcGIS Enterprise ポータルでは Db2 をデータ ストア アイテムとして使用することはできません。

Db2 の特定のバージョンに適用される要件と制限事項は以下のとおりです。

IBM Db2 V11.1 (64 ビット)

  • 最低限必要なサービス パック/パッチ: Mod 4 Fix Pack 5
  • Db2 Spatial Extender が Db2 データベース製品メディアに組み込まれました。
  • 推奨されるサービス パック/パッチ: なし

IBM Db2 V11.5 (64 ビット)

  • 最低限必要なサービス パック/パッチ: Fix Pack 0
  • Db2 Spatial Extender が Db2 データベース製品メディアに組み込まれました。
  • 推奨されるサービス パック/パッチ: なし

サポートされているオペレーティング システム

  • データベース管理システムがインストールされているサーバーと、ArcGIS 製品がインストールされているサーバーが同じである場合、サーバーのオペレーティング システムは ArcGIS 製品のシステム要件と Db2 バージョンのオペレーティング システム要件をどちらも満たす必要があります。
  • データベースがインストールされているサーバーと ArcGIS 製品がインストールされているサーバーが同じでない場合は、使用する Db2 のバージョンに応じたオペレーティング システム要件を、IBM のドキュメントでご確認ください。

ArcGIS は、Db2 Enterprise Server Edition でテストおよび認定されています。 Db2 Workgroup Server Edition や Db2 Personal Edition など、その他のバージョンの Db2 は、共通のコード ベースを共有しているので、ArcGIS Server の要件を満たす場合にサポートされます。

クラウド サポート

クラウドにデプロイされたデータベース サービスとデータベースのサポートについては、「ArcGIS でクラウドのデータベースを使用するための要件」をご参照ください。

DBMS への接続に必要なソフトウェア

クライアント コンピューター (ArcGIS Pro または ArcGIS Server が動作しているコンピューターなど) は、使用している RDBMS に合わせて適切なデータベース クライアント ファイルをインストールしておく必要があります。 これらのクライアント ファイルは、それぞれの RDBMS ベンダーから入手できます。 詳細については、「データベース クライアント」をご参照ください。