Skip To Content

クラウドのデータベースで ArcGIS 10.9 と ArcGIS Pro 2.8 を使用するための要件

クラウドのデータベースには、基本的に、クラウドの仮想コンピューターにインストールされたデータベースと、サービスとしてのデータベース製品として提供されるデータベースの 2 つのタイプがあります。

クラウドの仮想コンピューターにインストールされたデータベースを使用する場合は、データベースがインストールされている仮想コンピューターへのアクセス権が必要であり、多くの場合はデータベースのメンテナンスを担当する必要があります。 仮想コンピューターにデータベースを自分でインストールした場合でも、あるいはイメージを使用してデータベースのインストールを含むインスタンスを起動した場合でも同様です。 このようなデータベースについても、自分でほとんどのメンテナンス タスクを行う必要があります。

これが、サービスとしてのデータベース製品と異なる点です。 サービスとしてのデータベースの場合、データベースにサービスを提供しているコンピューターへのアクセス権はなく、データベースやオペレーティング システムにセキュリティ パッチを適用するなどのメンテナンス タスクを実行する必要はありません。

ArcGIS ソフトウェアからクラウドのデータベースへの接続は、同じクラウドにあるコンピューターから行います。 最高のパフォーマンスを得るには、同じクラウド リージョン内のコンピューターから接続されている必要があります。 ほとんどのケースでは、オンプレミスにインストールされた ArcGIS クライアントからクラウドのデータベースに接続したり、クラウド リージョンが異なるクライアントとデータベース間で接続したりすると、接続と検索のパフォーマンスは低下し、接続がタイム アウトすることもあります。

ヒント:

ArcGIS 10.8.x の場合は、「ArcGIS Desktop Web サイトのシステム要件」をご参照ください。

クラウドにインストールされたデータベースのサポート

クラウド プラットフォームが ArcGIS に対応しているかどうかを確認するには、クラウドの仮想コンピューターの仕様を把握しておく必要があります。 クラウド プラットフォームで提供される仮想コンピューターが、インストールする ArcGIS クライアントやデータベースのオペレーティング システム要件とシステム仕様要件を満たしていれば、ArcGIS がサポートするデータベースでクラウド プラットフォームを使用できます。

これらの仮想コンピューターのサポートは、仮想コンピューターが同じ仕様を持つオンプレミスの物理コンピューターと同じように動作することを前提にしています。 ほとんどの場合、Esri サポートは、クラウド仮想コンピューターと同じ仕様を持つオンプレミスのコンピューターを使用して問題の再現を試みます。

さらに、Oracle Co-managed Systems Virtual Machine DB Systems は ArcGIS での使用が認定されています。

サポートされるクラウドベースのデータベース サービス

Esri は、ArcGIS Enterprise ソフトウェア、ArcGIS Desktop ソフトウェア、およびサポートされる多くのサービスとしてのデータベース製品を Amazon Web Services (AWS)Microsoft Azure に配置するためのツールを提供しています。 これら 2 つのクラウド プラットフォーム上に配置する場合は、これらの専用ツールと Esri イメージを使用して、配置およびテクニカル サポートを簡略化することをお勧めします。 Esri が特殊な配置ツールを提供しないクラウド プラットフォームでは、サポートはオンプレミスで再現可能な ArcGIS ソフトウェア固有のトラブルシューティングに限られます。

ArcGIS では、次のサービスとしてのデータベース製品がサポートされています。 以下のリンクをクリックすると、クラウド ベンダーが提供する外部ドキュメントのページが開きます。

* Microsoft AzureSQL Managed Instance に対する変更により、ArcGIS Enterprise Cloud Builder for Microsoft Azure を使用した配置ができない場合があります。 問題が発生した場合には、Microsoft Azure ポータルを使用してインスタンスを作成してください。

ジオプロセシング ツールは、ジオプロセシング ツールの使用方法で別途明記されている場合を除き、同等のサービスとしてのデータベース製品でサポートされています。 たとえば、ツールの使用方法に、ツールが PostgreSQL でサポートされてることが示されている場合は、ツールの使用方法でサポートされていないことが明記されていない限りは、Amazon RDS for PostgreSQLAurora PostgreSQLAzure Database for PostgreSQL で使用できます。

制限事項

ST_Geometry ライブラリはサービスとしてのデータベース製品に読み込めないので、Amazon Aurora (PostgreSQL-compatible edition)Amazon RDS for PostgreSQLMicrosoft Azure Database for PostgreSQL を使用する場合には PostGIS 空間タイプのみがサポートされ、Amazon RDS for Oracle または Autonomous Transaction Processing database in Oracle Cloud を使用する場合には SDO_Geometry 空間タイプのみがサポートされます。

Amazon RDS for Oracle または Autonomous Transaction Processing database in Oracle Cloud のジオデータベースには GDB_UTIL.get_extent()GDB_UTIL.geometry_typeGDB_UTIL.spatial_ref_info() 関数は存在しません。

Amazon RDS for OracleArcGIS Enterprise on Amazon Web Services 配置ツールに含まれていません。代わりに AWS ツールを使用してください。

データベースの作成に Esri クラウド配置ツールを使わずに (または使用できない)、サポートされるサービスとしてのデータベース製品でジオデータベースを作成したい場合には、[エンタープライズ ジオデータベースの有効化 (Enable Enterprise Geodatabase)] ジオプロセシング ツールを使用してジオデータベースを作成する必要があります。 [エンタープライズ ジオデータベースの作成 (Create Enterprise Geodatabase)] ツールは使用できません。

ArcGIS クライアントからサービスとしてのデータベース製品へのオペレーティング システム認証接続は、サポートされていません。

データベースへの接続に必要なソフトウェア

Esri が提供する Amazon Machine Image (AMI)、または Esri が提供する Azure イメージを使用して ArcGIS EnterpriseArcGIS Desktop ソフトウェアを配置する場合、必要なデータベース クライアントはすでにインストールされているので、それぞれ AWS および Azure 上のサポートされるサービスとしてのデータベース製品に接続できます。

クラウドの仮想コンピューターに ArcGIS クライアントをインストールしたり、「サポートされているクラウドベースのデータベース サービス」にリストされていないデータベースに接続したりする場合には、ArcGIS クライアント コンピューターにデータベース管理システムのクライアント ファイルをインストールする必要があります。 これらのクライアント ファイルは、それぞれのデータベース ベンダーから入手できます。 ベンダーの指示に従ってファイルのインストールと構成を行ってください。また。ArcGIS クライアントから接続する際に必要な追加構成については、ArcGIS ヘルプの接続情報をご参照ください。

ArcGIS から SAP HANA Cloud に接続するには、SAP HANA クライアント 2.4 リビジョン パッチ 186 (2.04.186) をインストールします。 SAP HANA Cloud を配置した場所のできるだけ近くにある (物理または仮想) コンピューター上に、ArcGIS クライアントを必ずインストールしてください。